反日外国人には日本国籍を与えてはダメ

  • 2019.01.19 Saturday
  • 17:14

JUGEMテーマ:日記・一般

<読書日記>
 平成31年2冊目、「米日露協調で、韓国消滅!中国没落!」(宮崎正弘、藤井厳喜著)を読了しました。この本が発刊されることは、「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」 で知り、発売日の後に、天白図書館にリクエストカードを提出したと記憶しています。

 シナ共産党と青幇による技術窃盗を許してはいけない。スパイ防止法もない国内は中国人や朝鮮人による産業スパイはやりたい放題。米国から圧力をかけてもらわないと、平和ボケは直らないし、スパイ防止法も制定できない。

 日本人の血が一滴も流れていない、反日朝鮮人やシナ人が日本国籍を取得し、国会議員になっている。国籍取得要件も厳しくする必要がある。


目次

 

続きを読む >>

日本で報道されない「アメリカ政治の深層」

  • 2019.01.14 Monday
  • 17:20

JUGEMテーマ:日記・一般

<読書日記>
 平成31年1冊目、「日本人の知らないトランプ再選のシナリオ―奇妙な権力基盤を読み解く」(渡瀬裕哉著)を読了しました。平成30年39冊目に読んだ「トランプの黒幕 日本人が知らない共和党保守派の正体」が良かったので、著者の最新刊である本書を天白図書館にリクエストカードを提出した。

 小生は最近まで米国については情報が多いのでよく知っていると思っていた。しかし、著者の本などでトランプ政権のことを知るにつけ、小生は米国の政治について全く分かっていなかったことに気づかされた。日本の新聞やテレビの米国特派員は、米国のメインストリームメディアを見て和訳したり、有名な大学教授の見解を聴いたりしているだけだからだ。米国のメインストリームメディアは民主党支持だから民主党に有利になることは誇大に伝えるし、共和党に有利なことは無視することさえある。米国の大学は、日本同様パヨクが圧倒的に優勢であり、そんな所で見解を聴けばリベラルなことばかり聞かされるだろう。日本では米国人の半分を占める保守的な見解はほとんど聞けないし、聞けた場合もまるで少数意見のように扱われる。

 日本の新聞・テレビを読んだり見てると、日本人は中韓が大好きで米国は嫌われていると思ってしまうが、事実は全く逆であるのと似ていないこともない。


目次

 

続きを読む >>

満洲の「しゅう」は洲が正しい

  • 2019.01.12 Saturday
  • 13:21

JUGEMテーマ:日記・一般

<読書日記>
 平成30年42冊目(最後です)、「日本人が知らない満洲国の真実 封印された歴史と日本の貢献」(宮脇淳子著)を読了しました。この本を読もうと思ったきっかけは、「宮崎正弘の国際ニュース・早読み 」の書評だったか、チャンネルくららの動画だったかは忘れてしまいましたが、天白図書館にリクエストカードを提出して借りました。

 小生、高校の時に社会系の科目として、日本史(国史)、世界史、政治・経済、倫理の四つを習いました。共通一次試験では2教科を選択して受けるので、4教科も習う必要がないのですが、偏差値の高い大学の入試問題は教科の境界的な問題が出題されるから損はないと全部選択するというのが学校の方針だったと記憶しています。受験科目に絞って集中的に勉強した方が受験のためにはいいだろうと今は思うけどね。

 理科系の教科においても、物理、化学、生物、地学の4教科全てを勉強しました。おかげさまで、社会人としてバランスの取れた教養を身に着けることが出来ましたwww。

 しかし、小生は満洲帝国のことを日本史でも世界史でもどう習ったのか全く記憶がないので、本書を読んでみた次第です。

目次

 

続きを読む >>

「日本国紀」の代替で、八幡和郎さんの本を読んでみた

  • 2019.01.05 Saturday
  • 09:41

JUGEMテーマ:日記・一般

<読書日記>
 平成30年41冊目、「日本と世界がわかる最強の日本史」(八幡和郎著)を読了しました。本書の著者である八幡さんが、いま話題の百田さんの「日本国紀」に関する記事をアゴラに投稿しまくっていたので、この人の本も読んでみようと思ったのだ。名古屋市図書館HPから”八幡和郎”で検索し、この本を選び、予約して、天白図書館から借りた。

 もちろん、日本国紀を読みたいんだけど、まだ名古屋市図書館には所蔵されていないだろうから、代替で八幡和郎さんの本を読んでみた。

目次

 

続きを読む >>

まともな賃金を払えない企業は潰れた方がいい

  • 2018.12.29 Saturday
  • 16:53

JUGEMテーマ:日記・一般

<読書日記>
 平成30年40冊目、「静かなる日本侵略 中国・韓国・北朝鮮の日本支配はここまで進んでいる」(佐々木類著)を読了しました。この本は、「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」 平成30年(2018年)10月5日(金曜日) 通巻第5847号で書評を読み、天白図書館にリクエストカードを提出して借りました。

 経団連の圧力で安倍政権は単純労働者を入れようとしているけど、敵対国の支那人と朝鮮人は止めとけ。不正のチャンスがあれば、自制できない連中だからね。経団連は安い労働力が欲しいだけだけど、日本人に平均的な賃金も払えない企業は潰れてもらった方がいいんだよ。

 それから、国防動員法がある中共の学生に奨学金やるのも止めろ。

目次

 

続きを読む >>

日本の新聞・テレビを読んだり見たりしても、トランプ政権を理解できない

  • 2018.12.22 Saturday
  • 14:34

JUGEMテーマ:日記・一般

<読書日記>
 平成30年39冊目、「トランプの黒幕 日本人が知らない共和党保守派の正体」(渡瀬裕哉著)を読了しました。チャンネルくららで下の動画を見て、初めて渡瀬裕哉という研究者を知り、是非この人の本を読みたいと思いました。なので、名古屋市図書館HPの検索機能を使って、著者名「渡瀬裕哉」で検索したら、この本が一冊だけヒットしたので、予約し天白図書館から借りました。

 前にも書いたけど、日本の米国特派員は米国のメインストリーム・メディア(既得権益者)であるCNNやNYタイムズなどの左翼メディアの論調を伝えるだけだ。なので、共和党保守派の支持を得たトランプ政権の政策が理解できないし、政府高官がなぜ頻繁に入れ替わるかも理解できないのだ。


目次

 

続きを読む >>

諜報を踏まえた歴史を学ばなければ、本当の歴史は分からない

  • 2018.12.15 Saturday
  • 11:44

JUGEMテーマ:日記・一般

<読書日記>
 平成30年38冊目、「日本占領と「敗戦革命」の危機」(江崎道朗著)を読了しました。この本は、「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」(平成30年(2018年)8月13日(月曜日)通巻第5789号)で書評を読み、リクエストカードを天白図書館に提出しました。

 江崎先生の本は本書以外にも何冊か読んできます。日本の歴史学会は敗戦利得者が占拠しているのだけど、米国の歴史学会においてもルーズベルト批判を許さないリベラル勢力が占拠しているのです。コミンテルンに半部乗っ取られたルーズベルト政権、政策が正しかったとする見方を正そうとする勢力は歴史修正主義者とのレッテルを貼られ、苦しい時代が続きました。そんな米国歴史学会も徐々に変化しつつあります。江崎先生は、そんな米国の状況を伝えてくれます。

目次

 

続きを読む >>

パヨクメディアが報道できない「官僚」の真実

  • 2018.12.08 Saturday
  • 13:05
評価:
高橋 洋一
SBクリエイティブ
¥ 864
(2017-07-06)
Amazonランキング: 123348位

JUGEMテーマ:日記・一般

<読書日記>
 平成30年37冊目、「大手新聞・テレビが報道できない「官僚」の真実」(高橋洋一著)を読了しました。著者はラジオ番組やユーチューブ動画などでよく聞くのですが、東大の数学科を出て大蔵官僚になった変わり種です。この本は、リクエストした本がなかなか来ない時に、名古屋市図書館HPから著者検索し、その中から出版年が新しく、すぐ借りることができた本書を予約し、後日、天白図書館から借りました。


目次

 

続きを読む >>

モンゴルは支那以上に世界史的影響が大きい

  • 2018.12.01 Saturday
  • 13:13

JUGEMテーマ:日記・一般

<読書日記>
 平成30年36冊目、「モンゴル力士はなぜ嫌われるのか─日本人のためのモンゴル学」(宮脇淳子著)を読了しました。宮脇淳子さんの本の歴史の本は面白くてためになるので結構読んでいる。なので、リクエストした本がなかなか来ない時、名古屋市図書館HPから著者検索し、その中からまだ読んでなくて、すぐ借りることができた本書を予約し、後日、天白図書館から借りた。

 世界に与えた影響としては、漢民族以上にモンゴル民族やトルコ民族の影響は大きいと思うが、世界史の授業では漢民族に偏重している。

 今年のある時期からトルコの大河ドラマともいうべき「オスマン帝国外伝」というドラマを平日15:30に見るのが習慣になっている。本ドラマは、中東・東欧・アジア・北米を始めとする世界80か国・地域で放送され、8億人が熱狂したと言うだけあって、めちゃ面白いのだ。史実に基づくフィクションと断っているのだが、小生にはどこまでが史実で、どの部分がフィクションなのか分からないのが難点で、時々ネットで史実を調べている。オスマン帝国に続いて、モンゴル帝国やその後の〇〇ハン(汗)国のドラマも作ってほしいな。

目次

 

続きを読む >>

仮想通貨の本を初めて読む

  • 2018.11.23 Friday
  • 09:15

JUGEMテーマ:日記・一般

<読書日記>
 平成30年35冊目、「今だからこそ、知りたい「仮想通貨」の真実」(渡邉哲也著)を読了しました。前に読んだ猫組長との共著本はいまひとつだったので、再び名古屋市図書館HPから著者検索し、本書を予約して天白図書館から借りました。

 小生は株式やその派生商品である株価指数CFDの仕組みを完全に理解して投資しているわけではないが、仮想通貨の仕組みよりは理解しているつもりだ。仮想通貨についてはあまりにも理解不足であり、それに関する本も読んだことがないので、本書を読むことにした次第です。でも、仮想通貨に投資するつもりは今のところない。


目次

 

続きを読む >>

PR

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< January 2019 >>

閲覧者

累計お客様数

さわかみのつぶやき

selected entries

categories

archives

recent comment

  • 日本株の反発は近い??!
    Wさわかみ (07/06)
  • 相場雑感 平成30年6月16日 メジャーSQ翌週の日経平均は上昇したが・・・
    Wさわかみ (06/17)
  • 誤った歴史は修正されなければならない
    zzz (11/28)
  • 電通社員過労死 GHQが作った影の戦後史とは?
    zzz (07/14)
  • 次回、お勧めのウォーキングスポットは、極楽
    Wさわかみ (05/28)
  • 名鉄の電車沿線ハイキングで、”車の歴史を学ぶトヨタ会館からとよた産業フェスタ”に行って参りました。
    Wさわかみ (09/25)
  • 次回お勧めのウォーキングスポットは、籠守勝手神社
    Wさわかみ (09/16)
  • 日経平均を使って1日3分で副収入を稼ぐ為の株式投資克服セミナーに行ってきた その1
    Wさわかみ (08/01)
  • 名鉄の電車沿線ハイキングで、”未知の体験!!一宮競輪場でバンクウォーキング!!”に行って参りました。
    たなか (05/17)
  • 次回お勧めのウォーキングスポットは、御菓子処 みつ雀 & 尾張ういろ布袋店
    たなか (05/11)

recent trackback

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM