相場雑感 平成30年7月22日 早めの利食いを心掛けました

  • 2018.07.22 Sunday
  • 12:13

JUGEMテーマ:日記・一

<相場雑感 平成30年7月22日 早めの利食いを心掛けました>

 今週の現物とCFD(1時間足)の日経平均を下図に示す。日経平均が2万3000円を越えるためには、3月期決算企業が4−6月期決算の発表時に3月時決算時に公表した業績予想を上回る業績を発表することが必要だ。

 4−6月期決算の発表は今週から本格化するため、先週の日経平均は大きな上昇は期待できないと考え、早めの利食いを心掛けた。利食った後は、上海総合指数の下落やトランプ大統領の利上げは望ましくないとの発言などで、日経平均が下落したときは、押し目を拾った。

 なので、先週は先先週末比で100円しか上昇していないのだが、800円以上上げ先々週と同じくらいの利益を確定することができた。

 それにしても4−6月の四半期決算は本当にいいのだろうか。企業の想定以上の円安が進行しているので、自動車会社は予想以上の決算を出してくると思うのだが、米欧、米中の自動車関税の問題がどう決着して、日米の問題にどう飛び火するのか見極めるまでは、好決算が出ても自動車株は買われないことを心配するのだ。

 

以上

相場雑感 平成30年7月15日 日経平均は800円以上も上げたのに・・・

  • 2018.07.15 Sunday
  • 12:50

JUGEMテーマ:日記・一般

<相場雑感 平成30年7月15日 日経平均は800円以上も上げたのに・・・>

 今週の現物とCFD(1時間足)の日経平均を下図に示す。今週は日経平均が800円以上も上げたのに、残念ながら他の週に比べて大きく儲けたということはない。水曜日の11時以降、週末まで大きな下げもなく上げっぱなしなので、一度、利益確定売りしてしまうと、トラリピでは再度買う機会はないからだ。トラリピでは上下動を繰り返しながら、徐々に上昇してくれるのが理想なのだ。なので、2万1400円〜2万2600円の間で買った玉はすべて利確できたのだが、それぞれの玉について値幅が取れていないので、日経平均が上昇した割には、儲かった感がない。

 しかし、含み損状態の買い玉が減って、2万1400円未満で買った玉の含み益が増大したので、次週からは1回の取引量を増やして効率よく利益を上げるつもりだ。

 ほんと株価指数CFDって、最近のドル円やトルコリラ円などのFXに比べて超簡単に稼ぐことができるのに、みんな、何故、株価指数CFDをやらないかね。Jinさんは、そのことに気が付いているよ。こちら

 FXは完全にゼロ・サムのゲームだけど、インフレ下の株価指数には上方バイアスがあるから、上がることに賭けた方がいい。特に、今のように株価収益率は低いと多くの人が考えているときは尚更だ。

 

以上

相場雑感 平成30年7月7日 21000円台突入は米中貿易戦争懸念が原因か?

  • 2018.07.07 Saturday
  • 15:51

JUGEMテーマ:日記・一般

<相場雑感 平成30年7月7日 21000円台突入は米中貿易戦争懸念が原因か?>

 今週の現物とCFD(1時間足)の日経平均を下図に示す。日経平均の上昇は秋まではなく、22000円台のレンジ相場が続くことを想定していたが、月曜日にあっさり22000円を割ってしまった。その理由として、米中貿易戦争懸念と言われているが、米国株よりも大きく下げている日本株ってどうよ。

 貿易戦争のスケジュールは事前に分かっているわけで何をいまさらだ。それよりは、1月高値を信用で買った人たちの信用期日が来ていることが大きな原因だと思う。こちらも、スケジュールは事前に分かっているのだが、出来るだけ損失を小さくしたいと思って、期限が近づくまで損切りできない人が多いし、それが分かっている新規投資者は期限ぎりぎりまで買わないから下げたのだ。

 米中貿易戦争では中国は勝ち目がない。米国は関税を上げて不都合なものには例外措置を設ければいいだけだからだ。一方、中国が米国から輸入している大豆や小麦は国際商品であり、国際相場がある。中国が米国でなくブラジルから調達しても、ブラジル産を買えなくなった国は米国産を買うからだ。

 さらに、米中、米EUの貿易戦争は日本にとって大きな利益をもたらすかもしれない。たとえば、自動車関税の引き下げは米国よりも、日本の自動車メーカーにより大きな利益をもたらすだろう。

 なので、小生は21000円台に下落しても、トラリピを続けたし、来週も続けるつもりだ。下落の原因のひとつが信用期日の問題であれば、もうそろそろ悪影響がなくなるからね。爆上げとはいかなくても、ゆっくり上げてくれるのがトラリピにはいいのだ。

 

以上

相場雑感 平成30年7月1日 チャイナ・ショックがなければ、7−9月期は株価堅調!?

  • 2018.07.01 Sunday
  • 10:50

JUGEMテーマ:日記・一般

<相場雑感 平成30年7月1日 チャイナ・ショックがなければ、7−9月期は株価堅調!?>

 サマーラリーという言葉がある一方、夏枯れ相場という言葉があったりして、今夏の株式相場って一体どうなのよ?昨年の10月末買いの時期に思ったことは、「10月末の前に既に日経平均は底を打ってるじゃん。いま買っちゃっていいの?」だ。おととしもそうだったような気がする。ということは、10月末より早い時期に底を打って、上昇を開始してるんじゃね?

 そんな時、6/29(金)の引け後にアップされたダイワインターネットTVの週刊株式マーケットで佐藤光さんが、小生の疑問を解消してくれたので、記録に残しておこう。

 下図を見てほしい。7−9月期のTOPIXは、15回中10回下落しており、下落確率は0.667であり、上昇を狙って買うことはできない。しかし、佐藤さんはアベノミクス下では、その傾向が変わったというのだ。2013年以降は上昇確率が0.800だ。理由は動画を見てほしい。

 次に、5年間のTOPIXの月足チャートを下図に示す。2017年は4月が、2016年は6月が、2014年は4月が底だ。2013年はチャートが切れているが、底は1月だが9月に大きく上昇している。ということで、最近5年間は2015年を除き、7−9月相場は悪くないのだ。ちなみに、2015年は8月〜9月にかけていわゆる「チャイナ・ショック」があり、世界中の株が下げた。だれが、今年はチャイナ・ショックがないと言えるだろうか?3000ポイントを保っていた上海総合指数は、トランプの制裁関税導入発言で2800ポイント台に急落した。やはり、チャイナに対する制裁関税の行方を見極めないと、日本株も中長期では買えないのだ。

 

以上

相場雑感 平成30年6月30日 これは半期末相場の特徴なのか?

  • 2018.06.30 Saturday
  • 12:09

JUGEMテーマ:日記・一般

<相場雑感 平成30年6月30日 これは半期末相場の特徴なのか?>

 今週の現物とCFD(1時間足)の日経平均を下図に示す。今週は、22000円〜22400円が主レンジで、後から振り返れば手動トラリピには好適な値動きと言えたはずだ。しかししかし、小生の疲労感は半端ない。昨日の増田六段戦後の藤井七段の疲労感もこんなんではないかと想像する。

 火曜日を除いて取引開始直後は高いのだが、すぐに下落を始めてしまうパターンだ。なので、取引開始直後に売り決済しないと、再び上昇して来るまで、じっと我慢しなければならなかった。取引開始直後に売って、下がったところで買い直していれば効率よく儲かったわけだ。そのパターンを4回も繰り返したのだ。疲労感はこんなところからきているのであって、今週が特別儲けが少なかったというわけではない。

 今週は、日経平均がいい感じで上昇してくると、売り浴びせられて急激に下落し、小生の買値以下に沈んでしまうことが何度もあった。半期末ということで、どうしても売らないといけない人々が、小生が決済売りする前に意地悪して売り浴びせたのかな?

 でも、来週も今週と同じパターンだろうと思ってトレードすると、十分に利を伸ばす前に売って悔しい思いを抱くことになるのではないだろうか?年の後半戦が始まる来週は、頭も心も切り替えて臨まないと、なぜ、こんな早く売ってしまったんだと後悔することになるだろう。

 

以上

相場雑感 平成30年6月23日 FXや仮想通貨でなく株価指数CFDをやりなさい

  • 2018.06.23 Saturday
  • 13:50

JUGEMテーマ:日記・一般

<相場雑感 平成30年6月23日 FXや仮想通貨でなく株価指数CFDをやりなさい>

 今週の現物とCFD(1時間足)の日経平均を下図に示す。米中貿易摩擦激化懸念により、月、火と下落した日経平均は、何が原因かよく分からないけど、水、木と上昇するという”往って来い”だった。大阪の地震も重なるという不幸もあったが、結局2万2千円台のレンジ相場が継続されたわけで手動トラリピが機能した。もっと大きな取引量でやればよかったと思うのはいつも通りだ。今回は、買い下がるに従って1回の取引量を増やした。戻りの途中から複数回に分けて利確したので気持ちが随分と楽だった。利確寸前で、再び落ちていくのを見守るのは辛いからね。

 それにしても、米中貿易摩擦激化懸念は全く払拭されていないのに、V字回復っておかしいよね。結局、短期で儲けたい先物の売り方の材料にされただけだ。

 毎週言ってるように、来期の好業績が明らかになるまでは、2万2千円台のレンジ相場が秋までは続くので、下がったら買い、ある程度利が乗ったら売ればいい。こんな楽な相場はFXや仮想通貨ではないよ。

 

以上

相場雑感 平成30年6月16日 メジャーSQ翌週の日経平均は上昇したが・・・

  • 2018.06.16 Saturday
  • 13:02

JUGEMテーマ:日記・一般

<相場雑感 平成30年6月16日 メジャーSQ翌週の日経平均は上昇したが・・・>

 今週の現物とCFD(1時間足)の日経平均を下図に示す。今週は、イベントが多く、ボラティリティの高い相場になるのではと言われていたが、ユーロ絡みの為替をやっていた人は大変だったかも知れないが、日経平均株価は晴朗で波は普通だった。

 そして、メジャーSQ翌週である今週の日経平均(現物)は125.25円上昇したことで、当面は上方向を目指すのだと思うが、昨日も書いたように23000円が上値抵抗になっているから、何を契機に、いつ頃23000円を越えていくのか注目していく。

 今週の日経平均CFDは週末に向かって、上値も下値も切り下げる展開だったので、利確水準も切り下げないと約定できなかった。多少、利幅を犠牲にしても売買回数で補うべきなのだが、そんなことは後になって分かることだ。

 来週も、22000円台後半の保ち合い相場を予想するので、22500円近くでは買い数量は多め、22900円近くでは買い数量は少な目の手動トラリピを実行するつもりだ。

 

以上

相場雑感 平成30年6月10日 メジャーSQ翌週の日経平均が注目な理由

  • 2018.06.10 Sunday
  • 15:35

JUGEMテーマ:日記・一般

<相場雑感 平成30年6月10日 メジャーSQ翌週の日経平均が注目な理由>

 6/8(金)の引け後にアップされたダイワインターネットTVの週刊株式マーケットで佐藤光さんが興味深いアノマリーを紹介してくれているので記録しておくのだ。以前にも聞いたような感覚を持ったのだが、全く忘れていたので、重複するかも知れないがアップしておく。

 そのアノマリーとは、メジャーSQ翌週の日経平均が上がればその後しばらく上昇し、下がればその後しばらく下落、あるいは低迷するというのだ。その理由として、メジャーSQで需給がリセットされるので、その翌週の動きはその時点の株式市場の雰囲気を反映しやすいためとのこと。

 日経平均の方向性が分かれば、トラリピでの買いの数量の調節の参考になるから、来週の日経平均の騰落と値幅には注目です。

 

以上

相場雑感 平成30年6月9日 手動トラリピはまずまず順調

  • 2018.06.09 Saturday
  • 14:23

JUGEMテーマ:日記・一般

<相場雑感 平成30年6月9日 手動トラリピはまずまず順調>

 今週の現物とCFD(1時間足)の日経平均を下図に示す。今週は、将棋ライブ中継が少なかったので、トレードに集中できた。特に、後半はボラティリティも高く、日に複数回トレードすることができた。

 反省としては、底に到達する前に買いを入れることが多く、2回続けて買い下ったこともあったが、今週も3回買い下がることはなかった。3回続けて買い下がっていればもっと儲けることができたのに悔しいです。そこで、来週からは、1回目の買いは少なく、2回目、3回目と買いの量を増やす方法で平均買値を下げてみようと思う。

 小生、1分足と15分足の日経平均とNYダウのチャートを見て売買しているのだけど、事前にチャートを研究して節目になる価格をチェックしておいた方がいいのかな。AIと株式専門家による日経平均の一日の安値高値予想は毎朝モーサテでチャックして投資ノートに記入しているのだけどあまり効果が実感できない。まあ、そこんとこは、今後の検討課題としよう。

 来週は日米欧の中央銀行による金融政策決定会合や米朝首脳会談などイベントも多く、ボラティリティもそこそこ高いと思うので、今週以上に稼ぎたいものだ。

以上

相場雑感 平成30年6月3日 デンソー株を買った理由

  • 2018.06.03 Sunday
  • 11:05

JUGEMテーマ:日記・一般

<相場雑感 平成30年6月3日 デンソー株を買った理由>

 5月31日(木)の前場寄り付きでデンソー(6902)株を成り行きで買い注文を出したところ、5273円で買えた。デンソー株は前日に年初来安値5193円をつけていた。

 小生がデンソー株を買おうと思ったのは、ある番組を見たのがきっかけだ。思いつく番組を見返してみたのだが見つからない。が、内容は覚えている。デンソーという会社は、通期決算発表時に行う翌年決算の会社予想を堅めに(低めに)行い、第1四半期、第2四半期、第3四半期と進むに従って、予想が上方修正され、それに連れて株価も上昇する習性があるというのだ。確かに、下のチャートを見ると、2017年、2016年、2014年は5、6月を底に年末に向かって上昇している。

 アノマリー投資家の小生としては、そんな明確なアノマリーを知ってしまった時から買いの機会を待っていたのだ。そんな時、年初来安値を更新したとのニュースを聞き、翌日買った。

 今、自動車セクターは新エネルギー車やコネクテッド車の開発競争が激化しており、トヨタは電気自動車や自動運転車で出遅れたのではないかとも言われているが、小生はあまり心配していない。それは、リーマン時代に技術者としてトヨタをはじめ多くの日本の自動車メーカーと付き合ったことから来る勘だ。かといってこれから、トヨタの時価総額が2倍、3倍となるとも思っていない。万が一トヨタがグーグルやテスラに負けて、二流の自動車会社になることがあっても、世界中の自動車会社を顧客に持つデンソーは大丈夫だし、まだ成長でき、割安でもあると思うのだ。

 以下が、割安と思う根拠だ。
1.予想配当利回り2.46%(買値で計算)
2.予想PERは14.18倍(買値で計算)
3.実績PBRが1.14倍(買値で計算)

 

以上

 

PR

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>

閲覧者

累計お客様数

さわかみのつぶやき

selected entries

categories

archives

recent comment

  • 日本株の反発は近い??!
    Wさわかみ (07/06)
  • 相場雑感 平成30年6月16日 メジャーSQ翌週の日経平均は上昇したが・・・
    Wさわかみ (06/17)
  • 誤った歴史は修正されなければならない
    zzz (11/28)
  • 電通社員過労死 GHQが作った影の戦後史とは?
    zzz (07/14)
  • 次回、お勧めのウォーキングスポットは、極楽
    Wさわかみ (05/28)
  • 名鉄の電車沿線ハイキングで、”車の歴史を学ぶトヨタ会館からとよた産業フェスタ”に行って参りました。
    Wさわかみ (09/25)
  • 次回お勧めのウォーキングスポットは、籠守勝手神社
    Wさわかみ (09/16)
  • 日経平均を使って1日3分で副収入を稼ぐ為の株式投資克服セミナーに行ってきた その1
    Wさわかみ (08/01)
  • 名鉄の電車沿線ハイキングで、”未知の体験!!一宮競輪場でバンクウォーキング!!”に行って参りました。
    たなか (05/17)
  • 次回お勧めのウォーキングスポットは、御菓子処 みつ雀 & 尾張ういろ布袋店
    たなか (05/11)

recent trackback

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM