相場雑感 平成29年12月16日 ジェイリース株を買った理由

  • 2017.12.16 Saturday
  • 09:01

JUGEMテーマ:日記・一般

<相場雑感 平成29年12月16日 ジェイリース株を買った理由>

 小生が現物株を保有するのは、光熱費、プロバイダー代、電話代、固定資産税、国民健康保険料、マンション管理費・修繕積立金などの必須支出を配当金や分配金でまかなうためで、おおよそ年間100万円ぐらいかなと大雑把に考えている。
 なので、現物株は、配当利回りが高い割安株を選ぶことが多い。今年の配当金も現時点で90万円を越えているので、割安株ばかりでなく、早退おやじさんのように、テンバガーを狙って成長株に投資してみてもいいかなと思うのだ。だが、普段、個別株をウオッチしていないので、何を買ったらいいのか分からないし、研究するのも面倒なので放置していた。そんな時、12月8日にstockvoiceで北原奈緒美さんの動画を見た。北原さんは、水曜日の担当なのだが、その日は新興株を取り上げる金曜をやっていたのて見てみたら、ジェイリース(7187)を紹介していたのだ。

 土日に会社四季報を見てみると、売上高、営業利益とも毎年すごい伸びで、昨年上場した後、株式分割を3回もやっている。しかも、無配なのだ。やはり、成長株は無配でなければいけないwwww。

 翌月曜日、市場が始まる前の板を見てみた。小生、最低でも千株は買うつもりだったのだが、千株も注文を出したら、一度には約定しないだろうと思えるほど板が薄かった。でも、ものは考えようで、百株買って、株式分割を繰り返し千株に増えるとか、株価が10倍以上に上昇し小生初のテンバガーになるとか、いろいろな未来予想図が見えたので、835円で最低単位の100株だけ、週末までの期限で注文した。

 この価格では無理かなと思ったのだが、目出度く12月12日(火)14:29に約定した。

 小生、大学時代に下宿先として共同トイレの1Kの部屋を借りたことがあるだけなので、不動産賃貸仲介にはうといのだが、真っ当な人にとって、連帯保証人を親以外に頼むのは気が引けることだろうから、このビジネスはニーズがあるのではないだろうか?


以上

相場雑感 平成29年12月3日 「11月最終営業日を含む週の株価は上昇する」というアノマリーを検証してみた

  • 2017.12.03 Sunday
  • 11:49

JUGEMテーマ:日記・一般

<相場雑感 平成29年12月3日 「11月最終営業日を含む週の株価は上昇する」というアノマリーを検証してみた>

 12月になったので、佐藤光さんの教えてくれた「11月最終営業日を含む週の株価は上昇する」というアノマリーを検証し、記録に残しておくことは、来年以降のためにも重要なことだろう。

 11月24日(金)の終値は2万2550円85銭で、12月1日(金)の終値は2万2819円03銭だから、268円18銭の上昇となり、今年はアノマリーが成立したのだ。パチパチパチ。

 では、どのように売買すれば良かったか詳しく見ておこう。

 小生は、現物市場が終わった24日の15:45に2万2555円(誤りを訂正しました)で買ったのだが、その日の21:03に2万2628円で売ってしまった。その日はさらに上昇し、小生のしこりの買い玉は全て利確できたのでハッピーだったのだ。

 なので、翌週に2万2550円85銭より安いところで買えばいいわけだった。その機会は、12月1日の金曜日を除く、月曜日から木曜日まであったわけだから、その都度自動的に買って、12月1日の15:00少し前に売ればよかったということだ。

 小生はというと、日中ずっと日経平均を眺めていることをしないので、朝トレでスキャルをやって、スキャルに失敗した時は、スウィングに切り替えるという通常のトレードをやっただけだった。

 そもそも、小生は、年末は今よりも高い、もし、それが間違っていたとしても年度末は今よりも高いという見通しに基づいてトレードをしているので、どこで買うかということは細かく分析していない。タイ焼きのしっぽから頭のてっぺんまで取るために売買のタイミングに神経をすり減らすよりも、リスク管理をすべきだ。そもそも、リスク管理には時間を要しないのだから。

以上 

相場雑感 平成29年12月2日 住友電気工業株を買った理由

  • 2017.12.02 Saturday
  • 12:54

JUGEMテーマ:日記・一般

<相場雑感 平成29年12月2日 住友電気工業株を買った理由>

 最近、新規投資の主体が日経平均CFDでの朝のスキャルピングばかりになってしまった。スキャルピングは日々の小遣い稼ぎって感じでやっている。小遣い稼ぎから毎週が給料日状態にするために、1回の取引額を徐々に引き上げ始めたところだ。一方で、今年は、りそなHD、トヨタ自動車、マツダの3銘柄の現物株を買ったのだが、利益が出ているのはトヨタ自動車だけという惨状だ。それもこれも、小生の銘柄選びが下手くそだから。

 とはいうものの、大きく稼ぐためには、現物株の中長期投資もやるべきだと思い、12月1日(金)に住友電気工業(5802)株を1929円の指値で1000株買った。この株を買うことにしたのは、11/29に内藤証券の北原奈緒美さんが銘柄紹介で取りあげていたからだ。こちら

 銘柄紹介というと一度に10も20もとりあげる株式評論家がいるのだけど、小生はそういうのはほとんど参考にしない。一方、北原課長代理は毎週1銘柄の紹介だから、その時に一番いいと思う銘柄を厳選していると小生は勝手に思っているので、参考にするのだ。

 この株は古河電気工業のように急騰しないと思うけど、本決算が近づけば見直し買いが入って徐々に上昇してくれることを期待したい。

 住友電気工業は、小生のリーマン時代にはよい噂は聞かなかったけど、今思えば株主にとってはよい噂だったと言えなくもないわけで、電工社員諸君にはより一層の活躍を願うばかりだ。結果として、会社の業績が上がり、株価も上昇すれば小生もハッピーだから。

以上

相場雑感 平成29年11月25日 もうひとつの感謝祭アノマリー

  • 2017.11.25 Saturday
  • 12:23

JUGEMテーマ:日記・一般

<相場雑感 平成29年11月25日 もうひとつの感謝祭アノマリー>

 昨日は、いつものように朝トレ、8時半から10時の間に日経平均CFDを取引することを実施した。日経平均は後場一段高したのだけど、その日は朝トレのほか、11月18日に書いた佐藤光さんの”来週の金曜日の終値は、24日の終値よりも高い”というアノマリーに従って投資すべく、現物取引が終了した15時以降の安いところでも買った(朝トレよりもずっと高い価格で)。

 欧州時間に入ってから、日経平均CFDは買値より100円近く上昇したので、小生は売り決済して早くも利確してしまった。24日の日経平均終値2万2550円85銭近辺で来週のどこかで買い直せばいいわけだから。もうこの値段では買う機会がないかも知れないという恐れは多少あるのだけれど。

 ところで、11月22日のM2JのStock index チャンネルでも「7割超の成功率!感謝祭のアノマリー投資とは?」という番組を小暮っちが配信していた。佐藤光さんのアノマリーは、24日の終値よりも12月1日終値は高いというものだが、小暮っちのアノマリーは24日の終値よりも12月29日終値は高いというものだ。

 どちらのアノマリーも、いくら上がるとも、最高値がいつとも教えてくれないので、いつ、いくらで売るかは各自で判断するしかない。小生の判断は24日だったということだ。

 日経平均の日柄調整はいつ終わるかわからないが、調整後は上昇するのだから、こんな楽なトレードはない。来週からは1回の取引量を増やしてFXの含み損をカバーするつもりだ。

 

以上

相場雑感 平成29年11月18日 11月最終営業日を含む週の株価は上昇する!

  • 2017.11.18 Saturday
  • 11:30

JUGEMテーマ:日記・一般

<相場雑感 平成29年11月18日 11月最終営業日を含む週の株価は上昇する!>

 10月2日以来、FXは完全な放置プレイだ。日経平均株価の方が、為替よりも予想が簡単だと思うからだ。現在、含み益が膨らんでいる日経平均2万円以下で買った玉は、短期トレードでしこってしまい長期に切り替えて保有していたものだ。短期トレードで含み損を抱えても、中長期の方向性に沿ったトレードをやっていれば、やがて、儲けることが出来るってことだ。

 だから、小生は日経平均株価がピークをつけた11月9日以降も買いからしかトレードしていない。9日以降の下げ局面でしこり玉をいくつか作ってしまったが、17日の戻りで全て利確できた。結果的に、手動トラリピをやったことになる。今後も、来年2月の月中平均株価は、11月のそれよりも高いというアノマリーに基づいたトレードをやるつもりだ。

 しこり玉が一掃できて気分も楽になった週末に、またまた佐藤光さんによる新たなアノマリーが飛び込んできた。11/17(金)の引け後にアップされたダイワインターネットTVの週刊株式マーケットでだ。

 そのアノマリーとは、「11月最終営業日を含む週の株価は上昇する。」というものだ。今年に当てはめると、12月1日(金)の日経平均終値は、11月24日(金)の終値よりも高いということだ。だから、11月27日の週に、11月24日終値よりも安いところがあれば、ジャンジャン買えばいいってことだ。

 こんな楽なトレードないではないか。ドル円やトルコリラ円なんて難しいことに取り組む必要はないのだ!!

以上

相場雑感 平成29年11月12日 10月末買いはお済ですか?

  • 2017.11.12 Sunday
  • 09:14

JUGEMテーマ:日記・一般

<相場雑感 平成29年11月12日 10月末買いはお済ですか?>

 さてさて、みなさんは10月末にNYダウや日経平均のETFや先物やCFDを買いましたでしょうか?小生、10月中に怒涛の上昇を演じた日経平均や最高値を更新し続けるNYダウを買っていいものか判断がつかず全く買っていません。

 そんな時、またまた、佐藤光さんが11/10(金)の引け後にアップされたダイワインターネットTVの週刊株式マーケットで凄いデータを示してくれたので、記録しておくのだ。

 市場関係者の間では、「10月末買いの4月末売り」とか、「黄金の6ヵ月投資」とか言われているアノマリーがあるのだが、この頃は広く一般投資家にも知れ渡ったようだ。10月は大暴落のイメージが強いので、大きく下がった後に買うのはリーズナブルのような気がするのだが、今年のようにすでに10月中に爆上げした時に10月末に買って大丈夫なのだろうかと多くの投資家が迷っているはずだ。

 でも、買っていいんです。佐藤光さんによると、10月末でなくても、11月中に買って3ヵ月後に売ればいいのだ。さらに、8月から11月に大きく上昇した年は、11月から翌年2月の上昇率は高いのだ。

 今週は、日経平均が大きく下げる日があったから、絶好の買い場だったのかもしれない。下げた日があると言っても、週足は陽線なのですよ。

 さあ、来週、さらに安いとこがあったら、ガッチリ買おうぜ!!下げるところがなくても買おうぜ。

以上

相場雑感 平成29年11月5日 11月三連休明けのアノマリー

  • 2017.11.05 Sunday
  • 08:41

JUGEMテーマ:日記・一般

<相場雑感 平成29年11月5日 11月三連休明けのアノマリー>

 今週も11/2(木)の引け後にアップされたダイワインターネットTVの週刊株式マーケットで佐藤光さんが取りあげていた表題のアノマリーを取り上げる。佐藤さんは、ここのところ高い頻度でいろいろなアノマリーを紹介してくれるのだが、相場雑感を書き始める前もそんなに取り上げてたかな?相場雑感を書くようになって小生の意識というか注意力が上がったことが原因かな?いずれにしても、ダイワインターネットTVの番組では、週刊株式マーケットを一番見ているし、出来る限り2回は見るようにしているのだ。ちなみに、その次に見ているのは注目!投資ストラテジーだ。

 今回のアノマリーは単純明快、11月の三連休明けは日経平均が上がるよと言うものだ。2日の夕方にこのアノマリーを知ったので、2日の現物の終値22539.12円より安い値でCFDを指値注文しておいたのだけど、刺さることはなかった。特に、3日の米雇用統計の公表時には価格が上下に大きく振れて、安いとこで買えるんじゃないかと期待していたんだけどね。

 今となっては、明日のCFD取引開始直後に買うかどうかなんだけど、11/3のCMEの先物の終値が22600.00円と現物終値より60円も高いのだ。

 小生は、CMEの終値より安く始まったら飛び乗るのがいいと思うが、いかがだろうか。

 

以上

相場雑感 平成29年11月3日 マツダ株を買った理由

  • 2017.11.03 Friday
  • 08:42

JUGEMテーマ:日記・一般

<相場雑感 平成29年11月3日 マツダ株を買った理由>

 今週は10/31の寄付きにマツダ(7261)株を1615.5円で1000株買いました。この株を買うことにしたきっかけは、10/27のダイワ週刊株式マーケットで佐藤光さんが取りあげていたからだ。年初来高値を未だに更新してない出遅れ株を7銘柄紹介していたなかから、PER、PBR、配当利回り、チャート形状を調べて、最後は業種の好き嫌いでマツダに決めたのだ。

 それで、10/30(月)に現値よりも安く指値しておいたのだが全然刺さらなかった。日経平均CFDがNY時間に入って、結構下げてたので、翌朝は下げて始まると思ったのだ。

 翌朝は8時半から始まる日経平均CFDの取引に忙しいから、現物のマツダ株の注文は、前日の指値よりさらに安く出しておいたのだ。寄付きを少し過ぎて、約定履歴を見てみると、何と指値より安く約定していた。

 11/2の終値は1653円と買値から順調に上昇したのだが、問題は2日の引け後に発表された中間決算を市場がどう受け止め、11/6にどう反応するかだ。ちなみに、2日のADRは1620円と下げていますが、買値を辛うじて上回っている。

 

マツダ、2期連続の営業減益…CX-5 新型など好調も、開発費増加 中間決算

 通期連結業績見通しは、売上高3兆3500億円(+4.2%)、営業利益1500億円(+19.3%)、経常利益1630億円(+16.8%)、純利益は1000億円(+6.6%)とした前回予測を据え置いた。 

 

 以下が、ファンダメンタル面から買った理由です。
1.予想配当利回り2.17%(買値で計算)
2.予想EPSが167.28円だから、PERは9.66倍(買値で計算)
3.PBRが0.91倍(買値で計算)

4.内燃機関に力を入れてるマツダで大丈夫?と思う人もいるだろう。でも、マツダのような弱小メーカーがEV、FCV、ハイブリッドなど全ての新エネルギー車の開発を単独で進めるのは無理だ。だから、トヨタとタッグを組んだのは良い選択だと思う。だいたい、世界中でEV車が普及することは当分ない。欧州や中国の街乗り用ぐらいしか使い道がないのだ。

 株価は2年以上先を見ていないから、そんなに心配していないし、そんなに長く保有するつもりもない。11月以降は外国人投資家が日本株を買ってくる時期だし、世界で知られたメーカーだから買ったのだ。

 

以上

相場雑感 平成29年10月29日 今年も10月末買いをしてよろしい!?

  • 2017.10.29 Sunday
  • 09:19

JUGEMテーマ:日記・一般

<相場雑感 平成29年10月29日 今年も10月末買いをしてよろしい!?>

 先週も日本株が好調の一方で、米長期金利の上昇やニュージーランドでの政権交代もありトルコリラ円とキウイ円は先週と比べて一段と下落してしまったのだが、為替については放置プレイと決めているので、今回も株式について書くのだ。
 日本株が好調と言っても、新たに現物株は買っていないので、持ち株の含み益が膨らんだだけなのが寂しい。小生は、株は暴落の時に買うものだと考えているので、順張りで買うのは苦手なのだ。一方、日経平均CFDの含み益も膨らみ続けているのだが、9月以降はデイトレードしかやっていないので、利益は出ていても、買って放置しておいた方がずっと儲かったはずだ。それは、大きな下落に巻き込まれないようにとそうしているのだからしょうがない面もある。
 しかし、やはり、トレードは中長期的な見通しを持ってやらないとダメだ。そんな時、またまた佐藤光さんが週刊株式マーケットでいいアノマリーを与えてくれたので記録しておこう。
 そのアノマリーとは、10月に日経平均が上昇すると、11〜3月は一段高する確率が0.8以上あるというものだ。買う気があって押しを待っていたんだけど、全然買えていないという小生のような人は多いんじゃないかな。小生も勇気がないから、新規に大きくは買えそうにないけど、少しは買ってみようかな。

以上

相場雑感 平成29年10月22日 朝日新聞、どの口が言う?お前が言うな!

  • 2017.10.22 Sunday
  • 15:51

JUGEMテーマ:日記・一般

<相場雑感 平成29年10月22日 朝日新聞、どの口が言う?お前が言うな!>

 神戸製鋼の不正問題は、現場による製品データ改ざんよりも、管理職が不正を知っていて、質すどころか隠ぺいに加勢したことの方が深刻だ。
 納入スペックを外れた製品を納入先の了解を得て”特別採用(トクサイ)”してもらうことは多くの企業で行われている。神戸製鋼の場合、いつからか納入先への報告も了解もなく、社内の判断だけでやりはじめたのではないだろうか?しかし、様々な工場や子会社で行われていたとなると、組織的にコスト削減を目的に行ったようにも思える。
 もちろん、現場で不正を行ってた社員は品質・性能に問題ないから、悪気はありながらデータを改ざんできたのだろう。だから、小生は、製品が使用された新幹線車両もスバルの車も問題となるようなことはないと思う。メーカーに長く勤めた小生の勘だ。
 だが、アメリカがどんな手で巨額賠償を請求してくるか分からない現時点で、神戸製鋼株を買うのはまだ早いと思うのだ。神戸製鋼にとって幸運だったのは、上下両院とも民主党でなく共和党が多数を握っていることだ。

 神戸製鋼がやったことは、朝日新聞がやった慰安婦捏造報道と同じと思う人がいるかもしれないが、全く違う。朝日新聞は吉田清治(日本人に背乗りした朝鮮人)の証言が嘘だと判明した後も、訂正することもなく、新たな慰安婦に関するフェイクニュースを流し続け、情弱な日本人を洗脳しようと工作したのだ。だから、朝日のパヨク記者は使命感に燃えてやったのであり、後ろめたさなんてなかったし、現在も慰安婦以外でまた工作しようと思っているのだ。

神戸製鋼副社長「体質か、企業風土か、意識の問題か…」
押し紙問題を隠す朝日新聞 2017年10月21日04時58分

 

 製品データを改ざんした神戸製鋼所で、問題発覚後の社内監査を、管理職らが妨害し、不正を隠していたことがわかった。日本工業規格(JIS)の基準から外れた製品を出荷していた疑いも明らかになり、法令違反に問われる可能性もある。不正は過去から繰り返され、品質軽視の姿勢は改まる気配がない。

 

■改ざんを繰り返す神戸製鋼所

 「全社で変わろうとしている時に水を差す行為で、批判されるべきだ」「申し訳ない以外の言葉がない」。20日夜に東京都内のホテルで開かれた緊急記者会見。体調を崩した川崎博也会長兼社長に代わって報道陣の取材に応じた梅原尚人副社長は、顔をこわばらせ、謝罪と釈明を繰り返した。

 昨年6月に発覚したステンレス鋼線の強度偽装を受け、アルミ・銅事業部門でも今年8月に「自主点検」が始まった。8月30日には同部門の国内工場で、製品データの改ざんが常態化していたことが経営陣に報告された。その後、神鋼はグループを含む全社を対象に不正を総ざらいする「緊急監査」に乗り出した。

 アルミ・銅製品の生産拠点の一つ、長府製造所(山口県下関市)の管理職を含む従業員らは、これら自主点検と緊急監査をすり抜けた。いずれも改ざん前の本当のデータを提出せず、不正の発覚を逃れた。

 この事態に、経済産業省は「事実調査の信頼性を根本から損なう」(金属課)と痛烈に指摘。神鋼は、自主点検と緊急監査を今も全社で続けている。その最中の不正隠し。チェック機能もきかない事態に陥った。

 梅原副社長は「こういうことがあったので、第三者性をもう少しもたせる」と、同社トップの川崎氏が率いる調査委員会をやめ、外部識者だけからなる調査委員会に代えることにした。経産省も強く指示した。

 神鋼は改ざんを繰り返す。2006年は排出されるばい煙のデータを改ざんして自治体に報告したことが発覚。08年は子会社で鋼材の検査データを偽造したことも明らかになった。品質軽視は改まらない。

 神鋼の16年度の売上高1兆6…

神戸製鋼所の週足チャート

以上

PR

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

閲覧者

累計お客様数

さわかみのつぶやき

selected entries

categories

archives

recent comment

  • 誤った歴史は修正されなければならない
    zzz (11/28)
  • 電通社員過労死 GHQが作った影の戦後史とは?
    zzz (07/14)
  • 次回、お勧めのウォーキングスポットは、極楽
    Wさわかみ (05/28)
  • 名鉄の電車沿線ハイキングで、”車の歴史を学ぶトヨタ会館からとよた産業フェスタ”に行って参りました。
    Wさわかみ (09/25)
  • 次回お勧めのウォーキングスポットは、籠守勝手神社
    Wさわかみ (09/16)
  • 日経平均を使って1日3分で副収入を稼ぐ為の株式投資克服セミナーに行ってきた その1
    Wさわかみ (08/01)
  • 名鉄の電車沿線ハイキングで、”未知の体験!!一宮競輪場でバンクウォーキング!!”に行って参りました。
    たなか (05/17)
  • 次回お勧めのウォーキングスポットは、御菓子処 みつ雀 & 尾張ういろ布袋店
    たなか (05/11)
  • 塩野七生さんの本は歴史の教訓がいっぱい
    たなか (05/09)
  • 次回お勧めのウォーキングスポットは、無量寿寺・八橋かきつばた園
    たなか (05/05)

recent trackback

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM