相場雑感 平成31年2月17日 藤井七段の朝日杯優勝とボヘミアン・ラプソディー

  • 2019.02.17 Sunday
  • 10:37

JUGEMテーマ:日記・一般

<相場雑感 平成31年2月17日 藤井七段の朝日杯優勝とボヘミアン・ラプソディー>

 先週、藤井七段に朝日杯で優勝してほしいと書いたんだけど、決勝戦でナベベーダーに危なげなく勝って優勝しちゃいましたね。将棋の天才が出世街道を駆け上がっていくのを生で見られるのは、本当に幸運なことだ。話は変わって、少し前から映画『ボヘミアン・ラプソディー』が話題になってるね。キラー・クイーンは小生が中学1年生の時、ボヘミアン・ラプソディーは中学3年の時にそれぞれリリースされて、小生は深夜ラジオで聞きカセットテープに録音したことを覚えている。だが、高校に入学して深夜ラジオから遠ざかるとともにクイーンを聴くこともなくなった。来日公演から始まったクイーンの出世物語を同時代に生きていながら、小生は最初の部分を見ただけだったんだね。残念と言えば残念なことだ。だから、藤井君には小生が生きている間に最年少タイトル獲得とか、名人位10期連続獲得とか達成してほしいと思っているのだ。

 本題の株式投資の話。先週、日経平均は、当面2万円〜2万1千円の間で推移すると予想したのだが、予想が良い方に外れて水曜日には2万1千円をあさっりと上抜けた。のだが、小生が保有している買い玉の価格に達することはなかった。金曜日に2万1千円を割り込み、「ここまでか。」とガックシしたのだが、NY時間に上昇し、なんとCFDの日経平均が2万1200円を越えて終了し、今週に望みをつないだのだ!!

 もちろん、四半期決算が良かった株は上昇しているのだが、株価指数は米中貿易戦争関連のニュースで上下しているようにみえる。米国は、国家安全保障に関係ない部分では適当なところで妥協するだろうが、情報窃盗などの国家安全保障にかかわる部分で妥協しないし、邪悪な中国共産党政権はつぶさなければならないと考え始めている。日本では保守=愛国、パヨク=反日売国だが、米国では保守から社会民主主義勢力まで全部、愛国だから対中政策に大差はない。

 なので、米中貿易戦争の完全解決はない。従って、小生の日経平均の戻り売りスタンスに変更はない。問題は、どこまで戻るかだ。どこまで戻るかは分からないのだが、アノマリー的には4月末までは上昇の時期なので、今は損切りすべきではないと思うのだ。

 

以上

相場雑感 平成31年2月16日 平成30年分確定申告に関する個人的メモランダム2

  • 2019.02.16 Saturday
  • 19:30

JUGEMテーマ:日記・一般

<相場雑感 平成31年2月16日 平成30年分確定申告に関する個人的メモランダム2>

 税務署のお姉さんは、e-Taxで作成した平成29年の確定申告書のコピーと国民健康保険料と国民年金保険料の年間支払い額が書かれた通知書、特定口座年間取引報告書と配当金計算書の束にざっと目を通した。小生はというと、先方から聞かれる前に、現物株は一般口座なので株式等に係わる譲渡所得等の金額の計算明細書を自分で手書きで作ってきたことを、FXとCFDの儲けはネット証券が年間報告書を電子メールでしか送ってこないので、プリンターを持っていない小生は確定申告書B第二表に書き写してきたことを告げた。

 小生のやりたいことを理解したお姉さんは、電子書類にどんどん打ち込んでいったのだが、外国税額控除のところで止まってしまった。そこで、小生は、「外国税額控除のやり方は昭和税務署でも限られた人しか知らないみたいよ。」と助け船を出してあげた。そうしたら、変な自尊心が消えたのか、バックヤードに消えて行って、茶髪の女の先輩を連れてきた。先輩もスラスラ打ち込めたわけではないけど、説明書で確認しながら外国税額控除の部分を完成させてくれた。

 再び、元のお姉さんが配当金計算書の数字を一枚一枚入力していった。小生は合計金額を計算してきてメモしておいたのだが必要なかった。

 結局、昨年は後日、税金を銀行から納付したのだが、今年は払い過ぎた税金が還付されることになった。

 念のため平成29年分の配当金計算書も持ってきたので、去年の分を修正申告できないか尋ねたところ、茶髪の先輩に「選んだ申告方法はもう変えられません。」と言われてしまった。本当だろうか?だまされていないだろうか?

 最後に配当控除を申請する際の注意点を記しておこう。株や投資信託の売却損は、3年間繰り越すことができるし、配当金と損益通算することもできるのだが、その場合は総合課税は選択できず、申告分離課税を選択しなければならないということを。

 小生に入力させてもらえば、来年は自力で確定申告書を作成できるような気がするのだがね。

 

以上

相場雑感 平成31年2月10日 手動トラリピ再開す

  • 2019.02.10 Sunday
  • 12:10

JUGEMテーマ:日記・一般

<相場雑感 平成31年2月10日 手動トラリピ再開す>

 先週は火曜日に行われたC級1組の順位戦以外、見たい将棋対局中継がなかったので、月曜日に速攻で確定申告を行ってきた。別に、水曜日以降に行ってもよいのだが、嫌なことは先延ばしせず、早く済ましたいと思ったのだ。それにしても、順位戦は藤井君も師匠も負けてしまって、昇級争いは混沌としてしまったね。藤井君の史上最年少名人位獲得を願う小生としては悔しーです。

 次に、先週の現物とCFD(1時間足)の日経平均を下図に示す。週前半は、2万1千円に迫ったのですが、週後半には力尽きてダダ下がりしてしまいました。小生としては、2万1千円台で買い持ちしている建玉の一部を売って、建玉を減らしたいと考えて、年初からトレードを控えていました。しかし、週末の下げを見て、当面2万1千円を超えるのは難しく、2万円〜2万1千円の間で推移すると考え、金曜日の下げたところで買いから参戦しました。月曜が祝日ということもあり、過日のフラシュ・クラシュのように売り仕掛けされることを恐れて、その日のうちに利益確定してしまいました。

 今週以降は、2万円に近いところで買い、2万1千円に近いところで売る手動トラリピをするつもりです。

 今週は月曜日の叡王戦 挑戦者決定三番勝負 第1局と土曜日の朝日杯準決勝・決勝に注目です。前者の対局は永瀬七段と菅井七段の対局ですが、今のところ、どちらも応援していません。後者は、藤井七段にナベでも千田でもいいけどフルボッコにして優勝してほしいです。

 

以上

相場雑感 平成31年2月9日 平成30年分確定申告に関する個人的メモランダム1

  • 2019.02.09 Saturday
  • 14:26

JUGEMテーマ:日記・一般

<相場雑感 平成31年2月9日 平成30年分確定申告に関する個人的メモランダム1>

 2月4日(月)に昭和税務署に行って、平成30年分の確定申告を済ませてきた。受付時間は13:50:26になっている。昭和税務署には9時過ぎに着いた。玄関を入ったところにいたおじさんに「教えてもらいながら、e-Taxで確定申告するために来たんですけど。」と告げると、13時からの予約カードを渡された。待合席の15席には既にじいさん、ばあさんが座っていた。

 早退&定年退職したオヤジさんの1月28日のブログ記事「インカムゲイン投資と税金」を読んだとき、小生がすっかり忘れていたことを思い出した。それは、『配当控除』だ。配当金は、所得税+復興特別所得税15.315%、住民税5%が源泉徴収された残りを受け取っているのだ。源泉分離課税ってやつだね。だが、小生はすっかり忘れていたのだが、総合課税を選択することもできるのだ。リーマンやってた時は、そこそこ給与所得があったので、総合課税を選択しても源泉分離課税より有利になることはなかったので、縁がなかったのだ。

 現在、小生は投資で稼いでいるわけだが、現物株の売却益(キャピタルゲイン)は譲渡所得、FX・CFDの儲けは雑所得、どちらも申告分離課税であり、社会保険料控除や基礎控除の対象になる収入がなく、もったいないなあと思っていたのだ。

 配当控除なんて申請したことないので、税務署で教えてもらうしかないと思い、各種書類、もちろん配当金計算書の束も持って昭和税務署に出かけた。

 小生の予定時間は13時からだったが、30分前に着いた。13時予約の人は複数いて小生は5番目だ。結局、小生の番は13時頃に回ってきた。小生の担当者は20代の女性だった。「昨年と同様の申告のほかに、今年は配当控除の手続きを行いたい。」と告げ、昨年の申告書のコピーと今年の必要書類をまとめて渡した。

 

つづく

相場雑感 平成31年2月3日 藤井七段と杉本師匠の同時昇級なるか

  • 2019.02.03 Sunday
  • 13:57

JUGEMテーマ:日記・一般

<相場雑感 平成31年2月3日 藤井七段と杉本師匠の同時昇級なるか>

 先週は注目の将棋対局の中継が連日続いたので、退屈しなかった。将棋中継を見ながら、確定申告書を作成してみたのだが、3姐饑燃杞欺に関する明細書中の繰越控除額の欄をどう書いたらいいのか全く分からない。さらに、早退&定年退職したオヤジさんのブログを読んで、払わなくていい税金を余計に払っていたことに気づいた。この2点を解決して、確定申告書を完成させることは独力ではむりそうなので、税務署で教えてもらいながら、e-Taxで申告することになりそうだ。

 次に、先週の現物とCFD(1時間足と日足)の日経平均を下図に示す。週初に下げて、週末に戻すという行って来いパターンは、前週と同じで、2万1千円台の壁は厚かった。

 日足の日経平均CFDを見てみると、60日移動平均線は下を向いているし、5日も20日移動平均線も、60日移動平均線の下に位置しており、ゴールデンクロスはもう少し先だ。これも、今週から本格化する10-12月決算の結果次第なのだけど、戻り売りスタンスの投資家が多数派であるうちは大きく戻ることはなさそうだ。

 今週の注目将棋対局は、火曜日に行われるC級1組の順位戦だ。藤井七段と杉本師匠が同時昇級するといいな。

 

以上

相場雑感 平成31年1月27日 『節分天井、彼岸底』なんて信じていない

  • 2019.01.27 Sunday
  • 13:18

JUGEMテーマ:日記・一般

<相場雑感 平成31年1月27日 『節分天井、彼岸底』なんて信じていない>

 先週、確定申告書類が2月1日から区役所で入手できることを知ったのだけど、税務署では既に配布を開始している。なので、1月22日(火)に少し遠いし、ついでの用事もないのだけど昭和税務署にもらいに行ってきた。なぜそんなめんどくさいことしたかというと、B用の確定申告書(一表〜三表)や⊇蠧誓任粒猟蠖醜霆馼嬋修里茲Δ淵瓮献磧爾瞥夕依兒罎篭萍鮟蠅覇手できると思うのだが、3姐饑燃杞欺に関する明細書、だ菠取引に係わる雑所得等の金額の計算明細書のようなマイナーな様式用紙は昭和税務署でも事前に用意してあるわけではなく、受付に並んだ上に、職員に頼んで奥の部屋でPCから印刷して来てもらうのだ。天白区役所で同じことが可能なのか不安だし、結局税務署に取りに行くことになったら、時間がもったいないので例年通り昭和税務署に出向いたのだ。出かけたのが午後ということと、小生も慣れてきたので、税務署での滞在時間は30分前後で済んだと思う。

 もうそろそろ、書き始めようかなと思うのだが、やる気が起こらないのは例年のことだ。

 次に、先週の現物とCFD(1時間足)の日経平均を下図に示す。先週は一週間かけての行って来いで、週初と週末の価格がほぼ同じだ。新たな悪材料が出てこない限り、まだまだ戻ると思うので、今週も放置プレイで2万1千円台のせを待つつもりだ。

 相場の格言に『節分天井、彼岸底』とういのがあるが、これもアノマリーだったんだろう。意味は、節分の時期(2月上旬)に高値をつけて、彼岸の時期(3月中旬)に安値をつけるということだ。しかし、近年はあまり当てにならないようだし、小生は数値で示されたアノマリーでないと信用しないので、格言に従ってトレードするつもりはない。

 今週は将棋の中継がニロもアロマもたくさんあるから、対局を見ながら確定申告書を作成しようと思う。

 

以上

相場雑感 平成31年1月20日 確定申告準備始める

  • 2019.01.20 Sunday
  • 16:17

JUGEMテーマ:日記・一般

<相場雑感 平成31年1月20日 確定申告準備始める>

 また今年も、鬱陶しい確定申告の時期がやってくる。一年に一回しかやらない作業であり、一年経つと前年どういう手順でどうやったかをすっかり忘れてしまう。なので、毎年気づいたことを本ブログに残しているのだが、メモした内容自体を忘れているので、メモを検索して、読み直すことから始めなければならない。まずは、確定申告書類の入手から始めよだ。

 小生、プリンターを持っていないので、例年は確定申告書類は安売りのウオダイに行くついでに少し遠回りして昭和税務署まで取りに行っていたのだが、ウオダイが瑞穂区から緑区に移転してしまった。が、昨年確定申告会場で隣どうしになったおじさんが、「天白区役所で書類を入手することが出来るし、去年までは税理士さんがいて書き方の指導をしてくれた。」と教えてくれたので、先週の金曜日に天白区役所に行ってみた。

 おととしは天白区役所に何度も通う用事があったので、すっかり馴染みの場所になってしまった。玄関を入ると案内係の職員が通常はいるのだが、その日はいなかったので、さらに入っていくと遊泳している案内係のおじさんがいたので、「確定申告書類が区役所でもらえると聞いたんですが・・・」と声を掛けると、「それは2月1日から」と教えてくれた。

 これから、確定申告終了まで”相場雑感”にメモを残しておくことにする。

 次に、先週の現物とCFD(1時間足)の日経平均を下図に示す。木曜日までは先週の終値±200円の範囲でうろうろした後、金曜日の東京の前場とNY時間に大きく上げて終えた。しかし、上げた原因が“米中貿易交渉の進展期待が広がり”では、いつまでも期待は続かないのではないだろうか?そもそも、シナ共産党が崩壊し、中国国内に軍閥が割拠し、ウイグル、チベット、南モンゴルが独立するまで対中制裁は止めるべきではない。

 シカゴの日経平均先物円建て3月限は20925円で引けたのだが、まだNYダウに比べて戻りは鈍い。これから、日本企業の10−12月決算の発表が始まるが、利益の下方修正を織り込みすぎたと分かって、株価が上昇する企業も多いと予想している。日本電産以上の減益発表はそうそうないんじゃないだろうか?

 とりあえず、今週は売り方の買い戻しで、どこまで戻るか注目だ。

 それにしても、藤井七段強いな。稲葉にもダニーにも完勝やぞ。

 

以上

相場雑感 平成31年1月13日 今年、トレードはまだしていない

  • 2019.01.13 Sunday
  • 17:56

JUGEMテーマ:日記・一般

<相場雑感 平成31年1月13日 今年、トレードはまだしていない>

 日経平均CFDの日足と先週の現物の日経平均を下図に示す。日経平均CFDは12/25に1万9000円割り込んだ後、回復過程にあるが、5日移動平均線がやっと20日移動平均線を上抜いたところだ。まだまだ60日移動平均線は遠いし、到達する頃は2万1000円前後だろうか。こんなところでは、1万9000円台で買った建玉は利益確定などしたくない。だから、今週も来週もトレードはしないだろう。デイトレードやれば?と思うかも知れないが、慎重を期して、ある程度建玉を減らしてからの方がいいと思うのだ。やりたい時にトレードする、儲かりそうな時だけトレードするというのが、個人の特権なのだ。

 そんな時は、将棋中継を見ていたいのだが、来週は積極的に見たいものがないのが残念だ。

 

以上

相場雑感 平成31年1月6日 2019年の日経平均株価予想とトレード戦略

  • 2019.01.06 Sunday
  • 12:47

JUGEMテーマ:日記・一般

<相場雑感 平成31年1月6日 2019年の日経平均株価予想とトレード戦略> 

 年末(12月28日)に、小生が比較的信頼するテクニカルアナリストが現在の日経平均株価の位置をどう見ているか記録しておこう。ひとりはおなじみの大和証券の佐藤光さん、もうひとりは日興証券の吉野豊さんだ。ご両人とも共通する点は、中長期的な上げトレンドは継続しているが、2019年は次の上昇に向けた調整(足場固め)の年になると見ていることだ。詳しくは、動画を見てほしい。

 実際にトレードするにはもう少し詳しい予測がほしいところだが、その欲求に答えてくれているのが吉野さんだ。

 今年の日経平均の高値は春先(2-3月)で22000円手前までとのこと。安値は、10-11月に2018年の下値を下回る15600-16800円と怖い予想をされている。

 小生としては、保有する買い建玉を春先に利益確定して建玉を減らし、10-11月の安値で買い直すことが大きな戦略だが、ボラティリティも高そうなので短期の手動トラリピにも取り組むつもりだ。

 

以上

相場雑感 平成31年1月3日 平成30年の振り返りと新元号元年の抱負 その3

  • 2019.01.03 Thursday
  • 13:19

JUGEMテーマ:日記・一般

<相場雑感 平成31年1月3日 平成30年の振り返りと新元号元年の抱負 その3>

 年末年始には多くの投資番組で新年の日経平均株価を予想するのだが、小生はそのような予想に基づいて投資をしているわけではないので、全く気にしない。のだが、現在の株価が割安なのか、割高なのか、適正水準なのか把握しておくことは今後の投資に役立つであろう。

 上図は日経平均株価の200日移動平均線と平均からの乖離程度を表した線群(エンベロープ)である。平均値から大きく乖離した株価はやがて平均値に回帰するという性質を使ってトレードする場合には、このエンベロープというテクニカル分析が役に立つ。2018年の終値は20014円、200日平均は22241円であり、乖離率は-10.0%だ。

 今回の暴落は、絶好の買い場に見えないこともないが、景気が減速し次年度以降の企業業績が悪化することを織り込んだものだ。なので、現実に景気が悪化し企業業績が下方修正されれば、株価は割安と言ってられない。なので、今後の景気や企業業績に注意を払う必要があるのだが、小生のような一介の投資家に世間よりいち早く情報が入るわけがない。

 そこで、小生が重視するのがアノマリーだ。理論的な根拠を持つ訳ではないが、実際によく当たるとされる経験則のことだ。アノマリーといえば大和証券のシニアテクニカルアナリストの佐藤光さんだ。2018年12月28日の週刊株式マーケットで興味深いアノマリーを取り上げていたので記録に残しておこう。

 10−12月期に日経平均が下落した年の翌年前半に株価が上がるか、下がるかは、翌年1月の安値と前年10−12月期の安値を比較すると分かる(下図)と言うのだ。

 2018年10−12月期の安値(終値ベース)は12月25日につけた19155.74円である。2019年1月の安値が19155.74円を上回れば、2019年6月30日までに20014.77円(2018年終値)よりも上昇するというものだ。

 20014.77円より上昇するって、そりゃ当然この程度は上昇するでしょってレベルだ。このアノマリーは2019年1月の安値が19155.74円を下回った場合に警戒すべきものだろう。

 小生が今年最も気になるアノマリーは米大統領の3年目には米国株はよく上がるというものだ。トランプ大統領は再選のためには、今以上に株価を下げるわけにはいかないわけで、いろいろ対策を打ってくるはずだ。なので、米国株が今以上に大きくさがることはないだろう。であれば、日本株もさらに大きく下落することは考えにくい。ただ、大相場の後の調整は1年で終わることはなく、2、3年続くというアノマリーもあるから、昨年の高値を越えることも難しいだろう。

 まとめると、小生の2019年の日経平均(現物)の予想は、2018年の安値と高値の間で変動するというものだ。と言うことで、日経平均CFDを使った手動トラリピを今年も継続するつもりだ。

 

以上

PR

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
2425262728  
<< February 2019 >>

閲覧者

累計お客様数

さわかみのつぶやき

selected entries

categories

archives

recent comment

  • 日本株の反発は近い??!
    Wさわかみ (07/06)
  • 相場雑感 平成30年6月16日 メジャーSQ翌週の日経平均は上昇したが・・・
    Wさわかみ (06/17)
  • 誤った歴史は修正されなければならない
    zzz (11/28)
  • 電通社員過労死 GHQが作った影の戦後史とは?
    zzz (07/14)
  • 次回、お勧めのウォーキングスポットは、極楽
    Wさわかみ (05/28)
  • 名鉄の電車沿線ハイキングで、”車の歴史を学ぶトヨタ会館からとよた産業フェスタ”に行って参りました。
    Wさわかみ (09/25)
  • 次回お勧めのウォーキングスポットは、籠守勝手神社
    Wさわかみ (09/16)
  • 日経平均を使って1日3分で副収入を稼ぐ為の株式投資克服セミナーに行ってきた その1
    Wさわかみ (08/01)
  • 名鉄の電車沿線ハイキングで、”未知の体験!!一宮競輪場でバンクウォーキング!!”に行って参りました。
    たなか (05/17)
  • 次回お勧めのウォーキングスポットは、御菓子処 みつ雀 & 尾張ういろ布袋店
    たなか (05/11)

recent trackback

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM