弱気派は最後まで気を抜くな

  • 2018.12.14 Friday
  • 17:50

JUGEMテーマ:日記・一般

<持ち株>
 本日、売買ありません。TOPIXは1592.16(-24.49)、WS持ち株指数は2133(-66)でともに3日ぶりの反落です。持ち株21銘柄中、値上がり1、値下がり20、変わらず0でした。1ドル113.55円、1ユーロ128.96円、1ユーロ1.1355ドル(東京終値)。

 

 FRBの利上げ打ち止めで日本株はピークになり、やがて米国は景気後退にいくと目されている。米国の政策金利と日本の株価の動きを見ると、利上げ打ち止めで株価もピークになるというのが典型パターンとなっている。ただし、過去には景気後退のサインが出たにもかかわらず踏みとどまったケースもある。例えばアジア通貨危機からロシア危機につながった1998年のケースでは2年・10年金利債が逆転した。チャイナショックから原油30ドル割れにつながった2016年は鉱工業生産がマイナスに陥った。いずれも景気後退の重要なサインだが景気後退とはならなかった。金融政策が上手く実行されたことが一因である可能性がある。今回については早めの様子見もあり得ると考えられる。このまま利上げを続けるということになると労働市場がクールダウンする前に一部の金融市場の大幅調整が避けられないとみられる。日本株については戻り売りのスタンスで臨みたいと言うJPモルガン・アセット・マネジメント・重見吉徳さんの解説は、こちら

 パウエルさんて、株価を見て金融政策を変えてきそうだしな。

日経平均大引け 大幅反落、441円安 機械など幅広い銘柄に売り
2018/12/14 15:09

 

 14日の東京株式市場で日経平均株価は3営業日ぶりに反落し、前日比441円36銭(2.0%)安の2万1374円83銭で終えた。前日までに大幅上昇していたことから、米経済指標の発表などを控えるなかで目先の利益を確定する目的の売りが優勢だった。機械や精密機器など幅広い銘柄が売られた。米株価指数先物やアジアの主要株式指数が下落したことも投資家心理を弱気に傾け、押し目買いの動きも限られた。
 東証1部の売買代金は概算で3兆1637億円(速報ベース)だった。〔日経QUICKニュース(NQN)〕

以上

投資家センチメントは陰の極なのか?

  • 2018.12.13 Thursday
  • 18:08

JUGEMテーマ:日記・一般

<持ち株>
 本日、売買ありません。TOPIXは1616.65(+10.04)、WS持ち株指数は2199(+89)でともに2日続伸です。持ち株21銘柄中、値上がり15、値下がり6、変わらず0でした。1ドル?円、1ユーロ?円、1ユーロ?ドル(東京終値)。

 

 QUICK月次調査の医薬・食品セクターに対する投資スタンスはプラス18と約10年ぶりの高さまで上昇している。ディフェンシブ性の高い医薬・食品セクターへの投資判断が上がっているということは、投資家の悲観が強まっていることを示すと考えられる。米国景気が回復していく中では非常に高い水準であり、投資家のセンチメントは悲観に傾き過ぎており「陰の極」に近いと考えられる。センチメントが回復する局面では、電気機器、機械、化学、卸売業などがアウトパフォームしやすく、医薬品、食料品、電気・ガス業、陸運業などがアンダーパフォームする傾向にあると言う岡三証券・阿部健児さんの解説は、こちら

 マネックス証券の広木さんも今が陰の極だと言ってたね。こちら。強気な人と弱気な人と明確に分かれてきたね。江守哲ちゃんは弱気に転向したね。こちら。小生の立場は、そんなこと分からんと言う立場です。

日経平均大引け 続伸、213円高 景気敏感株に買い
2018/12/13 15:17

 

 13日の東京株式市場で日経平均株価は続伸し、前日比213円44銭(0.99%)高の2万1816円19銭と5日以来およそ1週間ぶりの高値で終えた。米中貿易摩擦への懸念後退を手掛かりとした海外ヘッジファンドなどの買いが前日に続き優勢だった。海運や鉄鋼、金属製品など今年の下落率が大きかった景気敏感株への買い戻しが目立った。
 東証1部の売買代金は概算で2兆3993億円(速報ベース)と低水準だった。〔日経QUICKニュース(NQN)〕

以上

変化の兆しを見逃すな!?

  • 2018.12.12 Wednesday
  • 17:54

JUGEMテーマ:日記・一般

<持ち株>
 本日、売買ありません。TOPIXは1606.61(+31.30)で3日ぶりの反発、WS持ち株指数は2110(+120)で7日ぶりの反発です。持ち株21銘柄中、値上がり18、値下がり3、変わらず0でした。1ドル113.40円、1ユーロ128.43円、1ユーロ1.1323ドル(東京終値)。

 

 市場心理が悪化している時は変化の兆しが出ていても見逃される傾向がある。足元で世界景気不安が叫ばれているが、PMIを見ると、すでに新興国が底入れ上昇に転じてきており、世界全体のPMIについても、6ヵ月連続で低下した後は直近横ばいになってきたことが確認される。足元では中国の景気重視の政策が実体経済に表れ始めており、米国の早期利上げ打ち止め観測も世界景気には今後プラスに働くとみられる。目先の世界の景況感は改善に向かう可能性がある。物色面については、世界の景況感が悪化している場面では内需株が選好される傾向があるが、改善する場面では景気敏感株にシフトすると言う大和証券・石黒英之さんの解説は、こちら

 そうかなあ?ここは戻り売りでしょ。米中緊張緩和は一時的だを。

日経平均大引け、急反発 米中の緊張緩和期待 
2018/12/12 15:08

 

 12日の東京株式市場で日経平均株価は3営業日ぶりに急反発し、前日比454円73銭(2.15%)高の2万1602円75銭で終えた。カナダの裁判所が中国の華為技術(ファーウェイ)の孟晩舟・副会長兼最高財務責任者(CFO)の保釈を認めたと伝わり、米中の緊張緩和を期待した買いが幅広い銘柄に入った。ダイキンやピジョンなど中国関連銘柄の上昇が目立った。
 東証1部の売買代金は概算で2兆7885億円(速報ベース)だった。〔日経QUICKニュース(NQN)〕

以上

TOPIXは年初来安値更新!

  • 2018.12.11 Tuesday
  • 17:52

JUGEMテーマ:日記・一般

<持ち株>
 本日、売買ありません。TOPIXは1575.31(-14.50)で2日続落、WS持ち株指数は1990(-148)で6日続落です。持ち株21銘柄中、値上がり1、値下がり20、変わらず0でした。1ドル113.11円、1ユーロ128.61円、1ユーロ1.1368ドル(東京終値)。


 当面は戻り売りスタンスが有効と言うみずほ証券の三浦豊さんの解説は、こちら

 WS持ち株指数も年初来安値じゃないかな?相場は見ててもしょうがないから、将棋中継を見てます。

日経平均大引け 続落、71円安 景気敏感株に売り 
2018/12/11 15:16

 

 11日の東京株式市場で日経平均株価は続落し、前日比71円48銭(0.34%)安の2万1148円02銭で終えた。米中貿易摩擦への根強い懸念や英国の欧州連合(EU)離脱を巡る混迷など、外部環境の不透明感を背景にした売りが優勢だった。特に中国など世界景気の減速懸念を映し、素材や電子部品、半導体など景気敏感株の下落が目立った。一方、直近の安値圏とあって押し目買いも入り、上げに転じる場面もあるなど下値は限られた。東証株価指数(TOPIX)は1カ月半ぶりに年初来安値を更新した。
 東証1部の売買代金は概算で2兆5012億円(速報ベース)だった。〔日経QUICKニュース(NQN)〕

以上

リスクオフの円高の兆し?

  • 2018.12.10 Monday
  • 17:56

JUGEMテーマ:日記・一般

<持ち株>
 本日、売買ありません。TOPIXは1589.81(-30.64)で2日ぶりの反落、WS持ち株指数は2138(-108)で5日続落です。持ち株21銘柄中、値上がり3、値下がり18、変わらず0でした。1ドル112.63円、1ユーロ128.71円、1ユーロ1.1426ドル(東京終値)。

 

 リスクオン・オフインデックスとドル円を比較するとリスクオフの円高の兆しが見える。S&P500と失業率を比較すると失業率が底打ちで株価が反転している。FF金利とS&P500と比較すると利上げ打ち止めで株価が反転していると言うニッセイアセットマネジメント・松波俊哉さんの解説は、こちら

 経済よりも安全保障はずっと大事だからね。支那共産党と中途半端に妥協してはいかんでしょ。

日経平均大引け 大幅反落、459円安 米中摩擦を懸念
<2018/12/10 15:08>日本経済新聞

 

 10日の東京株式市場で日経平均株価は大幅反落した。前週末比459円18銭(2.12%)安の2万1219円50銭で終え、10月29日以来の安値を付けた。前週末に米政府高官から90日の期限内に米中貿易交渉で合意できなかった場合には、中国製品に対し追加関税を課すとの発言が相次いだ。米中貿易摩擦が激化するとの懸念から、7日の米株式相場が大きく下落。貿易問題が世界景気の減速につながるとの警戒で、10日は中国などアジア株が全面安となったことも投資家心理を冷やし、中国関連を中心に幅広い銘柄に売りが出た。
 東証1部の売買代金は概算で2兆2704億円(速報ベース)だった。〔日経QUICKニュース(NQN)〕

以上

今晩の雇用統計はいい数字が出るけど

  • 2018.12.07 Friday
  • 18:15

JUGEMテーマ:日記・一般

<持ち株>
 本日、売買ありません。TOPIXは1620.45(+9.85)で4日ぶりの反発、WS持ち株指数は2246(-65)で4日続落です。持ち株21銘柄中、値上がり7、値下がり13、変わらず1でした。1ドル112.77円、1ユーロ128.26円、1ユーロ1.1372ドル(東京終値)。

 

 新規失業保険申請者数は前の週から4,000人減の23万1,000人となった。依然として低い水準ではあるが、トレンドを見ると9月半ば以降上昇傾向にある。この指標は労働市場の動きに敏感に反応する先行指数。遅行指数とされる失業率との間には約9ヵ月の時差があると言われているため、雇用統計ではまだひっ迫した状況が示されると思われるが、2019年以降は労働市場のピークアウトのタイミングに注意が必要という東海東京証券アメリカ・手塚理恵さんの解説は、こちら

日経平均大引け、反発し177円高 先物に買い戻し、内需関連が高い
<2018/12/7 15:08>日本経済新聞

 

 7日の東京株式市場で日経平均株価は4日ぶりに反発し、前日比177円06銭(0.82%)高の2万1678円68銭で終えた。6日の米株式相場の急速な下げ渋りで投資家心理の悪化に歯止めがかかり、株価指数先物の売り方による買い戻しを誘った。日経平均は前日までの3日間でおよそ1000円下落していたため、値ごろ感を背景とした見直し買いも入りやすかった。小売りなど内需関連株の一角が買いを集めた。
 東証1部の売買代金は概算で2兆5406億円(速報ベース)だった。〔日経QUICKニュース(NQN)〕

以上

日経平均3万円到達は2025年!??

  • 2018.12.06 Thursday
  • 18:15

JUGEMテーマ:日記・一般

<持ち株>
 本日、売買ありません。TOPIXは1610.60(-29.89)、WS持ち株指数は2311(-112)でともに3日続落です。持ち株21銘柄中、値上がり3、値下がり18、変わらず0でした。1ドル113.08円、1ユーロ128.07円、1ユーロ1.1324ドル(東京終値)。


 世界経済の鈍化が見込まれる中、日本企業の「稼ぐ力」がより重要になってくる。PERは13倍〜16倍で推移しているが、現在は12倍台になっている。12倍のときに投資をしていると、3ヵ月、6ヵ月、1年後にプラスのリターンが出ており、これから1年間を考えるとどこかでリターンがとれるタイミングは必ず来ると考えられる。世界経済がスローダウンしていくなかでこのようなリターンが期待できるかについて、カギは資本効率の改善に向けて日本企業が変化し続けられるかどうかというところにかかっている。現在、日本企業の「稼ぐ力」は改善しており、8%〜10%台まで上がってきている。日本企業のROE志向が本物だとすれば、ROE10%近くを維持することができ、2025年の大阪万博のときには3万円も見えてくると言う野村証券・松浦寿雄さんの解説は、こちら

 日経平均3万円到達は2025年って。マネックス証券の広木さんと二人でしっかり議論してほしいなあ。

日経平均大引け 大幅続落、417円安 コマツなど中国関連安い
<2018/12/6 15:17>日本経済新聞

 

 6日の東京株式市場で日経平均株価は3日続落した。前日比417円71銭(1.9%)安の2万1501円62銭で終え、10月30日以来の安値を付けた。中国の通信機器大手の幹部が逮捕されたと伝わったことをきっかけに、米中の貿易摩擦問題に対する警戒が再燃。コマツなど中国関連株や電子部品関連を中心に売りが出た。アジア株に加え、米株価指数先物が下落したほか、外国為替市場で円高・ドル安が進んだことも投資家心理を冷やした。
 東証1部の売買代金は概算で2兆7165億円(速報ベース)だった。〔日経QUICKニュース(NQN)〕

以上

52週線を上放れるか?

  • 2018.12.05 Wednesday
  • 17:56

JUGEMテーマ:日記・一般

<持ち株>
 本日、売買ありません。TOPIXは1640.49(-8.71)、WS持ち株指数は2423(-78)でともに2日続落です。持ち株21銘柄中、値上がり7、値下がり14、変わらず0でした。1ドル113.08円、1ユーロ128.14円、1ユーロ1.1330ドル(東京終値)。


 目先は14日に先物のメジャーSQを控えているため戻り売り圧力に押されるとみられる。その際に意識されるのは1年の平均の52週線。足元はこの水準の2万2,500円前後で上げ一服となっている。また、この水準は2018年の売買が膨らんだボリュームゾーンとも重なっており、さらに10月高値から安値の半値戻し水準や2017年末とも重なる。仮にこれらを上放れると7年連続高が見えてくる。
 2010年以降の10月〜12月における日米株の過去8年の平均騰落率を見るとプラスとなっている。一方で2018年の日経平均株価は10月に大幅下落し11月に小幅に反発している。今後はイベント警戒の売り一巡となればOPEC総会、英国EU離脱案の審議、米国FOMCの主要イベントの通過を経て買い戻しが入りやすいと言うみずほ証券・中島三養子さんの解説は、こちら

日経平均大引け 続落、2万2000円割れ 金融株に売り
<2018/12/5 15:18>日本経済新聞

 

 5日の東京株式市場で日経平均株価は続落し、前日比116円72銭(0.53%)安の2万1919円33銭で終えた。節目の2万2000円を下回り11月26日以来の安値となった。米景気の先行き懸念や米長期金利の低下を受け、海外投資家から銀行、保険、証券など金融株に売りが出た。日経平均は一時300円あまり下げた。売り一巡後は食品や電力など景気動向に業績が左右されにくいディフェンシブ株に買いが入り、下げ幅を縮めた。
 5日は米株式・債券市場などが休場となるため東京市場でも徐々に様子見ムードが強まり、相場は膠着感を強めた。東証1部の売買代金は概算で2兆5094億円(速報ベース)だった。〔日経QUICKニュース(NQN)〕

以上

中国の景気悪化は、米中貿易戦争でなく中国の国内要因?

  • 2018.12.04 Tuesday
  • 17:46

JUGEMテーマ:日記・一般

<持ち株>
本日、売買ありません。TOPIXは1649.20(-39.85)で8日ぶりの反落、WS持ち株指数は2501(-142)で6日ぶりの反落です。持ち株21銘柄中、値上がり4、値下がり17、変わらず0でした。1ドル113.12円、1ユーロ128.74円、1ユーロ1.1379ドル(東京終値)。

 

 米中首脳会談を受けて、ダウは一時440ドル近く上げ、いったん140ドルほどに上昇幅を縮めた後223ドル高で終えた。米中の貿易戦争は心理的影響は大きいが実質的な経済への影響はない典型的な例だ。今回のダウの上昇も心理的な面が大きいと言うホリコ・キャピタル・マネジメント・堀古英司さんの解説は、こちら。中国の景気悪化は米中貿易戦争の結果ではなくて、中国の国内要因ってことか?来年は中国の不動バブルがはじけるとの予測もあるし。こちら

日経平均大引け 8日ぶり反落、538円安 海外勢が利益確定売り
<2018/12/4 15:08>日本経済新聞

 

 4日の東京株式市場で日経平均株価は8営業日ぶりに反落した。前日比538円71銭(2.39%)安の2万2036円05銭だった。前日まで7日続伸し、その間に1000円あまり上昇していたため、海外投資家を中心に利益確定目的の売りが出た。米長期金利が時間外取引で一段と低下し、外国為替市場では円高・ドル安進行。株価指数先物に歩調を合わせた売りが出て、午後に入ると日経平均は急速に下げ幅を広げた。
 東証1部の売買代金は概算で2兆7343億円(速報ベース)だった。〔日経QUICKニュース(NQN)〕

以上

やはり日経平均は爆上げとはいかず

  • 2018.12.03 Monday
  • 17:55

JUGEMテーマ:日記・一般

<持ち株>
 本日、売買ありません。TOPIXは1689.05(+21.60)で7日続伸、WS持ち株指数は2643(+127)で変わらずをはさんで4日続伸です。持ち株21銘柄中、値上がり15、値下がり6、変わらず0でした。1ドル113.46円、1ユーロ129.00円、1ユーロ1.1368ドル(東京終値)。


 12月1日に行われた、米中首脳会談。1月に予定されていた第3弾の関税25%への引き上げを90日間猶予することで合意した。一時休戦でホッとできるかと思いきや、先行きには不透明間が漂っていると言う双日総研の吉崎達彦さんの解説は、こちら

 今日の日経平均は現物市場が始まる9:00前に高値をつけました。あぶねえ。あぶねえ。でも、ダウの先物は先週終値より500ドルぐらい高いから今晩の米国株も期待できそう。

日経平均大引け 7日続伸 米中貿易摩擦の懸念後退
<2018/12/3 15:08>日本経済新聞

 

 3日の東京株式市場で日経平均株価は7日続伸した。終値は前週末比223円70銭(1.0%)高の2万2574円76銭だった。1日の米中首脳会談で中国製品への追加関税の発動猶予が決まり、両国間の貿易摩擦に対する過度な警戒感が和らいだ。中国・上海株式相場の上昇も投資家心理の支えとなり、海運をはじめとした景気敏感株を中心に買われた。
 東証1部の売買代金は概算で2兆4306億円(速報ベース)だった。〔日経QUICKニュース(NQN)〕

以上

PR

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

閲覧者

累計お客様数

さわかみのつぶやき

selected entries

categories

archives

recent comment

  • 日本株の反発は近い??!
    Wさわかみ (07/06)
  • 相場雑感 平成30年6月16日 メジャーSQ翌週の日経平均は上昇したが・・・
    Wさわかみ (06/17)
  • 誤った歴史は修正されなければならない
    zzz (11/28)
  • 電通社員過労死 GHQが作った影の戦後史とは?
    zzz (07/14)
  • 次回、お勧めのウォーキングスポットは、極楽
    Wさわかみ (05/28)
  • 名鉄の電車沿線ハイキングで、”車の歴史を学ぶトヨタ会館からとよた産業フェスタ”に行って参りました。
    Wさわかみ (09/25)
  • 次回お勧めのウォーキングスポットは、籠守勝手神社
    Wさわかみ (09/16)
  • 日経平均を使って1日3分で副収入を稼ぐ為の株式投資克服セミナーに行ってきた その1
    Wさわかみ (08/01)
  • 名鉄の電車沿線ハイキングで、”未知の体験!!一宮競輪場でバンクウォーキング!!”に行って参りました。
    たなか (05/17)
  • 次回お勧めのウォーキングスポットは、御菓子処 みつ雀 & 尾張ういろ布袋店
    たなか (05/11)

recent trackback

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM