2万3,000円はまだ先か?

  • 2019.04.22 Monday
  • 17:52

JUGEMテーマ:日記・一般

<持ち株>

 本日、売買ありません。TOPIXは1618.62(+1.69)で2日続伸、WS持ち株指数は2104(-21)で2日ぶりの反落です。持ち株20銘柄中、値上がり7、値下がり11、変わらず2でした。1ドル111.89円、1ユーロ125.85円、1ユーロ1.1246ドル(東京終値)。

 

 1週間の日経平均の予想レンジは2万1,800円〜2万2,500円。市場の雰囲気は決して悪くないが、今週国内では日銀の展望リポートや日銀・黒田東彦総裁の会見があるほか、日米で企業の決算発表が相次ぐため、これらの内容次第で株価の変動率がやや大きくなることが予想される。今のところ米国企業の決算は好調。

 2018年の10−12月に日経平均が下落した局面では2万1,500円〜2万2,000円で売買が膨らんだ。この価格帯で買った投資家が多いということを表しており、株価がこの水準まで回復してくると含み損を解消したい投資家が戻り待ち売りを出しやすく、株価の上値を抑える壁となっていた。先週1週間を通じて2万2,000円台を維持できたため、この壁は乗り越えたとみられる。ただ、すぐ上の2万2,500円〜2万3,000円の壁もあり、これがこの先も需給面での重しになるとみられる。また、日本企業の決算発表はこれから本格化する。景気減速懸念や貿易交渉の不透明感から企業側が例年以上に慎重な見通しを出す可能性も高く、その場合にはいったん2万2,000円割れになると言うニッセイ基礎研究所・井出真吾さんの解説は、こちら

 AI予想はなし。今日の実際の日経平均のレンジは2万2099円〜2万2280円でした。

 今週、2万1800円台ありと見ているのか?そうなれば、買うしかないか。

日経平均大引け 小幅続伸、17円高 売買代金は今年最低 
2019/4/22 15:09日本経済新聞 電子版

 

 22日の東京株式市場で日経平均株価は小幅に続伸し、前週末比17円34銭(0.08%)高の2万2217円90銭で終えた。前場に海外勢の株価指数先物への売りで下げ幅を100円超に広げる場面もあったが、個人投資家の買いが相場を支えた。ただ、前週末の米株式市場に加え、22日も海外市場の一部が休場とあって、市場参加者が限られた。午後に入ると次第に膠着感を強め、終値では小幅な上昇にとどまった。
 東証1部の売買代金は概算で1兆6263億円(速報ベース)と今年最低となった。〔日経QUICKニュース(NQN)〕

以上

消費税増税再延期しないと世界から信用無くすでしょ

  • 2019.04.19 Friday
  • 17:59

JUGEMテーマ:日記・一般

<持ち株>
 本日、売買ありません。TOPIXは1616.93(+1.96)、WS持ち株指数は2125(+33)でともに2日ぶりの反発です。持ち株20銘柄中、値上がり9、値下がり11、変わらず0でした。1ドル111.92円、1ユーロ125.85円、1ユーロ1.1244ドル(東京終値)


 日経平均の予想レンジは2万2,100円〜2万2,300円。欧州の経済指標が弱かったということで強気一本調子にはなりにくい。また、イースター休暇で海外市場が休みになるため19日は利益確定売りに押されやすいとみられる。

 世界経済の先行き懸念がある中で日本だけ違うことはできない。過去2回の消費増税延期の理由と現在の状況を比較した和キャピタル・村松一之さんの解説は、こちら

 AI予想は2万2104円〜2万2299円で、今日の実際の日経平均のレンジは2万2058円〜2万2305円でした。

 安倍総理も消費増税はしたくないと思うんだ。でも、国内には正論を述べることが出来る報道機関はなく、財務省にからめとられた報道機関ばかりだ。社会人になったら日経新聞を読むのが常識のようなことが、小生が社会人になった頃言われたけど、日経新聞も多くのパヨク新聞同様弁当の包み紙としての用途しかない。

 記者だけでなく、エコノミストにも頭のおかしなやつがいるからね。今日の虎ノ門ニュースで武田邦彦さんが取り上げていたニュースが面白すぎます。こちら(40:45頃から)。記事はこちら。番組では、SankeiBizの記事としていますが、ブルームバーグから転載された記事です。コメントしたみずほ銀行のチーフマーケット・エコノミスト・唐鎌大輔も阿保だけど、記事を書いた小宮弘子、Chikako Mogi両記者も大バカ者だね。

日経平均大引け 反発、110円高の2万2200円 
2019/4/19 15:06日本経済新聞 電子版

 

 19日の東京株式市場で日経平均株価は反発した。終値は前日比110円44銭(0.5%)高の2万2200円56銭だった。米個人消費や米企業決算の良好な結果を受けて投資家心理が改善し、買いが入った。外国為替市場で円相場が1ドル=112円近辺で安定して推移し、輸出関連銘柄の買い安心感が高まった面もあった。ファーストリテイリング株の上昇が日経平均をけん引したほか、任天堂株は大幅上昇した。
 東証1部の売買代金は概算で1兆8656億円(速報ベース)だった。〔日経QUICKニュース(NQN)〕

以上

業種別の株価格差が鮮明化

  • 2019.04.18 Thursday
  • 17:54

JUGEMテーマ:日記・一般

<持ち株>
 本日、売買ありません。TOPIXは1614.97(-15.71)、WS持ち株指数は2092(-54)でともに2日ぶりの反落です。持ち株20銘柄中、値上がり8、値下がり10、変わらず2でした。1ドル111.84円、1ユーロ126.07円、1ユーロ1.1271ドル(東京終値)。

 

 日経平均の予想レンジは2万2,200円〜2万2,350円。週末はイースターの聖金曜日で欧米はお休みモードに入る。月曜はイースターマンデーとなり、日本の連休に先駆けて外国人投資家は休みモードに入る。従って薄商いとなり、日本も薄商いとなり狭いレンジでもみ合うとみられる。

 消費者態度指数を見るとずるずる下がっており、直近は6ヵ月連続で下がっていて消費者のマインドは冷えてきているといえる。消費増税が控えていることが要因の1つ。また、消費者のマインドを表す形で小売株が下がってきている。一方で電機株指数は上がっており、これは世界の景況感に反応している。今後の電機株については実需ベースでハードなデータが裏付けられればもう一段続く可能性があるが、半導体のスポット価格に注意する必要があると言う三菱UFJモルガンスタンレー証券・藤戸則弘さんの解説は、こちら

 AI予想は2万2187円〜2万2384円で、今日の実際の日経平均のレンジは2万2058円〜2万2305円でした。

日経平均大引け 6日ぶり反落 利益確定売りが優勢 
2019/4/18 15:07日本経済新聞 電子版

 

 18日の東京株式市場で日経平均株価は6営業日ぶりに反落した。前日比187円85銭(0.84%)安の2万2090円12銭で終えた。前日まで5日続伸して約4カ月ぶりの高値圏となっていたことに加え、週末にかけ米市場が休みとなるため、海外投資家を中心とした利益確定売りが優勢だった。中国・上海株式相場などアジア株が下落したことが投資家心理を冷やしたほか、アステラスなど医薬品株が軒並み下げたことも相場を下押しした。
 東証1部の売買代金は概算で2兆2288億円(速報ベース)だった。〔日経QUICKニュース(NQN)〕

以上

需給改善セクターに注目

  • 2019.04.17 Wednesday
  • 17:46

JUGEMテーマ:日記・一般

<持ち株>
 本日、売買ありません。TOPIXは1630.68(+4.22)、WS持ち株指数は2146(+40)でともに2日ぶりの反発です。持ち株20銘柄中、値上がり12、値下がり8、変わらず0でした。1ドル112.01円、1ユーロ126.77円、1ユーロ1.1316ドル(東京終値)。


 日経平均の予想レンジは2万2,150円〜2万2,350円。米国株の上昇を受けて、17日の日経平均株価も上昇すると予想。17日は中国の経済指標などの発表もあるが、決算発表前やゴールデンウィークの10連休を控え、積極的な売買は手控えられる傾向が目立っているので、16日と同様に寄りつき以降は値動きの乏しい展開になりそう。ファーストリテイリングなどの上昇も目立っているので継続するかどうかに注目。

 二市場合計の信用買い残高は減少傾向が加速している。2018年末と4月12日時点の業種別信用倍率の比較で、輸出関連業種は改善していると言う東海東京調査センター・仙石誠さんの解説は、こちら

 AI予想は2万2144円〜2万2340円で、今日の実際の日経平均のレンジは2万2185円〜2万2345円でした。

 アメリカは車について厳しいこと言わないのかな?牛肉と石油・ガスを買ってあげれば、トランプも満足なんじゃね。特に、石油・ガスは中東から買う分を減らしてアメリカに振り向けるだけじゃん。

日経平均大引け 5日続伸、56円高 中国の経済統計を好感 
2019/4/17 15:09日本経済新聞 電子版

 

 17日の東京株式市場で日経平均株価は5日続伸し、前日比56円31銭(0.25%)高の2万2277円97銭で終えた。朝方は個人投資家らの戻り売りで下げに転じる場面もあったが、その後は中国の経済統計が好感され、機械や電子機器など景気敏感株に買いが入った。前日の米株高や円安・ドル高に振れたことも支えとなった。
 東証1部の売買代金は概算で2兆3628億円(速報ベース)だった。〔日経QUICKニュース(NQN)〕

以上

日本株に上昇余地あり

  • 2019.04.16 Tuesday
  • 17:56

JUGEMテーマ:日記・一般

<持ち株>
 本日、売買ありません。TOPIXは1626.46(-1.47)、WS持ち株指数は2106(-27)でともに2日ぶりの反落です。持ち株20銘柄中、値上がり6、値下がり13、変わらず1でした。1ドル111.89円、1ユーロ126.56円、1ユーロ1.1309ドル(東京終値)。

 

 日経平均の予想レンジは2万2,000円〜2万2,200円。15日の米国株が小幅下落であったことや日本株が300円近く上昇した反動が出ることから小幅安と予想。

 TOPIXPERの推移から割安水準が続いている。2015年11月〜2016年11月までのTOPIXPERや2018年10月以降のTOPIXPERから2016年水準に回復すると言う岡三証券・阿部健児さんの解説は、こちら

 AI予想は2万2099円〜2万2294円で、今日の実際の日経平均のレンジは2万2095円〜2万2261円でした。

 もっと上がってくれないと利確できないんだよな。

日経平均大引け 4日続伸 52円高 海外勢の買い優勢 
2019/4/16 15:07日本経済新聞 電子版

 

 16日の東京株式市場で日経平均株価は小幅ながら4日続伸し、前日比52円55銭(0.24%)高の2万2221円66銭で終えた。連日で年初来高値を更新した。出遅れ感の目立つ通信株や海運株に海外投資家からの買いが入った。一方、前日に約4カ月ぶりに2万2000円台を回復した反動で利益確定売りも出やすかった。
 東証1部の売買代金は概算で2兆929億円(速報ベース)だった。〔日経QUICKニュース(NQN)〕

以上

海外投資家と決算発表

  • 2019.04.15 Monday
  • 18:02

JUGEMテーマ:日記・一般

<持ち株>
 本日、売買ありません。TOPIXは1627.93(+22.53)で6日ぶりの反発、WS持ち株指数は2133(+122)で2日ぶりの反発です。持ち株20銘柄中、値上がり17、値下がり2、変わらず1でした。1ドル111.91円、1ユーロ126.66円、1ユーロ1.1316ドル(東京終値)。

 

 今週の日経平均の予想レンジは2万1,900円〜2万2,200円。海外投資家の売買動向、TOPIX500構成銘柄の純利益伸び率についてUBSウェルス・マネジメント・の居林通さんが解説。こちら

 AI予想はなし。今日の実際の日経平均のレンジは2万2102円〜2万2211円でした。

 居林さんの予想は、今日の予想じゃなくて、今週の予想だからね。もう、上は達成したって、まさか。

日経平均大引け 3日続伸、298円高 2万2000円台を回復 
2019/4/15 15:08日本経済新聞 電子版

 

 15日の東京株式市場で日経平均株価は3日続伸し、前週末比298円55銭(1.37%)高の2万2169円11銭で終えた。心理的節目の2万2000円を回復するのは昨年12月4日以来およそ4カ月ぶり。中国の景気改善期待や米金融機関の好決算を受けて12日の米株式相場が上昇し、相対的な出遅れ感が意識されていた日本株にも好感した買いが入った。海運や機械といった景気敏感株のほか、保険や銀行といった金融株などの上昇が目立った。
 東証1部の売買代金は概算で2兆3924億円(速報ベース)だった。〔日経QUICKニュース(NQN)〕

以上

激動の“平成相場”後の投資戦略

  • 2019.04.12 Friday
  • 17:52

JUGEMテーマ:日記・一般

<持ち株>
 本日、売買ありません。TOPIXは1605.40(-1.12)で5日続落、WS持ち株指数は2011(-16)で2日ぶりの反落です。持ち株20銘柄中、値上がり7、値下がり13、変わらず0でした。1ドル111.85円、1ユーロ126.28円、1ユーロ1.1288ドル(東京終値)。

 

 日経平均の予想レンジは2万1,670円〜2万1,820円。目先に企業決算や大型連休を控えていることから小動きになりやすい。売買代金の低調さが足元で続いている事から値幅は出づらいが、足元で世界の景気回復期待が高まってきていることから1日を通してみるとじり高になると見られている。

 平成相場は日米株の格差が広がった激動の時代だったと言える。TOPIXをみると平成相場で約30%下落しているのに対して、S&P500は約10倍となっている。米国は直近30年で利益が大きく伸びたというのが株価の格差に広がっている。今後の投資戦略については米国株をいかに投資比率を高めていくかが重要となる。世界のユニコーン企業は米国が世界の半分を占めているのに対し、日本は1社しか存在していない。いま上場している米国株では5G関連や、医療・ゲノム関連の株が上昇していると言う大和証券・石黒英之さんの解説は、こちら

 AI予想は2万1625円〜2万1816円で、今日の実際の日経平均のレンジは2万1698円〜2万1878円でした。

 そうだよな。日本株のバブルがはじけた直後、米国株に乗り換えてたら、大金持ちになれてたな。でも、30年前にS&P500のETFとかCFDって買えたのかな?今のように簡単に買えるようになったのは、ネット証券が出て来てからじゃないの?リーマンショック(2008年)翌年には買えたのかな?

 いずれにしても、20代30代の人は、日本株だけでなく、半分は米国株を持った方がいいと思うよ。米国株を買った後、ドル安円高になって大丈夫なように、為替の影響がない米国株価指数CFDがいいんじゃないかな。

日経平均、続伸し年初来高値 159円高の2万1870円 
2019/4/12 15:10日本経済新聞 電子版

 

 12日の東京株式市場で日経平均株価は続伸した。前日比159円18銭(0.73%)高の2万1870円56銭と2018年12月5日以来の水準を回復し、年初来高値を付けた。良好な決算を発表したファーストリテイリングなど好材料が出た銘柄に投資家の買いが集まり、指数を押し上げた。外国為替市場で円安・ドル高が進行したのも投資家心理の支えになった。
 東証1部の売買代金は概算で2兆2522億円(速報ベース)だった。〔日経QUICKニュース(NQN)〕

以上

日本株回復へのハードルは

  • 2019.04.11 Thursday
  • 18:13

JUGEMテーマ:日記・一般

<持ち株>
 本日、売買ありません。TOPIXは1606.52(-1.14)で4日続落、WS持ち株指数は2027(+3)で4日ぶりの反発です。持ち株20銘柄中、値上がり10、値下がり9、変わらず1でした。1ドル111.09円、1ユーロ125.34円、1ユーロ1.1281ドル(東京終値)。

 

 日経平均の予想レンジは2万1,550円〜2万1,750円。11日は全体に強弱まちまちとなり結果的には小動きになると見られる。米国株は小幅上昇だったが、ドルは安くなり円高方向であるため、それも重しになるとみられる。

 年初からの日本株の出遅れは世界的に見て目立っており、その行方に投資家は強い関心を持っている。日本は小売、自動車、銀行が足を引っ張っている。小売については消費増税への懸念、自動車については日米貿易交渉、銀行については日銀のマイナス金利による副作用への懸念、といった日本独自の材料が足を引っ張っている。これらのハードルを越えるためには時間がかかり、数ヵ月単位では無理であると言うJPモルガン証券・阪上亮太さんの解説は、こちら

 AI予想は2万1577円〜2万1768円で、今日の実際の日経平均のレンジは2万1627円〜2万1721円でした。

 阪上さんの見方に賛成。値幅が100円じゃ、今日は株式市場はほとんど見なくて正解だった。

日経平均大引け 小幅反発 国内材料乏しく方向感欠く 
2019/4/11 15:07日本経済新聞 電子版

 

 11日の東京株式市場で日経平均株価は前日比23円81銭(0.11%)高の2万1711円38銭と小幅に反発した。国内固有の材料が乏しい中で様子見姿勢の投資家が多く、方向感を欠く展開だった。日中値幅(高値と安値の差)は93円にとどまった。
 東証1部の売買代金は概算で2兆545億円(速報ベース)だった。〔日経QUICKニュース(NQN)〕

以上

日本株出遅れ「脱却」はいつ?

  • 2019.04.10 Wednesday
  • 18:03

JUGEMテーマ:日記・一般

<持ち株>
 本日、売買ありません。TOPIXは1607.66(-11.10)、WS持ち株指数は2024(-49)でともに3日続落です。持ち株20銘柄中、値上がり2、値下がり18、変わらず0でした。1ドル111.18円、1ユーロ125.27円、1ユーロ1.1266ドル(東京終値)。

 

 日経平均の予想レンジは2万1,550円〜2万1,750円。欧米の主要株価指数が下落したことから日経平均も軟調な動きが予想される。また、ドル円がやや円高方向で推移していることも輸出関連銘柄などの売り材料になるとみられる。

 日本株は年初から上昇しているが世界的には依然として出遅れている状況。世界の主要株価指数が200日移動平均線を上回って推移する中、日本株は下回ったままとなっている。要因の1つは年金をはじめとする国内運用担当者の慎重姿勢。年金の日本株売買状況は信託銀行の勘定に反映される。過去10年の動きをみると、4−6月期より7−9月期に日本株の買越額が膨らむ傾向が確認できる。世界の景況感は下げ止まりつつあり、この先内外経済指標の改善が継続的に確認されれば夏頃には出遅れの修正が進むと言う三井住友DSアセットマネジメント・市川雅浩さんの解説は、こちら

 AI予想は2万1528円〜2万1720円で、今日の実際の日経平均のレンジは2万1571円〜2万1687円でした。

 名人戦第1局1日目は15:02に千日手成立で、明日9:00から豊島二冠の先手で指し直しになってしまったを。アロマの解説中に鈴木環那女流が消えてしまうし波乱の幕開けとなりました。

日経平均大引け 反落、115円安 米欧の通商摩擦を警戒、下値では押し目買いも 
2019/4/10 15:07日本経済新聞 電子版

 

 10日の東京株式市場で日経平均株価は反落し、前日比115円02銭(0.53%)安の2万1687円57銭で終えた。米欧の通商問題を巡る新たな対立の表面化で投資家心理が悪化し、朝方から海外ヘッジファンドなどによる株価指数先物への売りが出た。自動車や電気機器など主力の輸出関連株の下げが相場の重荷となった。一方、下値では個人投資家などの押し目買いが入り、日経平均は次第に下げ渋った。
 東証1部の売買代金は概算で1兆9674億円(速報ベース)だった。〔日経QUICKニュース(NQN)〕

以上

期初計画は底堅い内容に

  • 2019.04.09 Tuesday
  • 18:00

JUGEMテーマ:日記・一般

<持ち株>
 本日、売買ありません。TOPIXは1618.76(-1.38)、WS持ち株指数は2073(-13)でともに2日続落です。持ち株20銘柄中、値上がり8、値下がり12、変わらず0でした。1ドル111.30円、1ユーロ125.39円、1ユーロ1.1264ドル(東京終値)。

 

 日経平均の予想レンジは2万1,650円〜2万1,800円。寄りつきは高く売りに押される展開になっており、海外市場の材料がない中で、決算も本格化しない状況、ブレグジットの混乱も控えており、買いは手控えられ、もみ合いの展開が予想される。

 発表された日銀短観では製造業を中心に景況感が弱い見通しになり、企業の期初計画に警戒感が高まる状況。しかし、最終的には1桁前半の増益率で落ち着くと見ている。理由は2つあり、1つは日銀短観の3月予想があまり当たっていないという過去の実績。もう1つは米国ISM製造業景気指数が底堅く推移していることだと言うドルトン・キャピタル・ジャパンの松本史雄さんの解説は、こちら

 AI予想は2万1718円〜2万1910円で、今日の実際の日経平均のレンジは2万1698円〜2万1811円でした。

 トレードできそうな相場でなかったし、明日は天気悪そうだし、明日から名人戦第1局が始まるので、朝からウオダイプラスに買い出しに行ってきた。賞味期限間近の商品が激安で売ってることが時々あるんだけど、今日は日清食品の「クレイジーチリチリ♪チリトマト」が9円。個数制限なし。消費期限が明日か明後日ってかと思ったら、なんと4月23日でした。なんで、こんな安売りしたのか謎。小生、4個買ってきました。

日経平均大引け 反発、40円高 半導体関連に買い 
2019/4/9 15:12日本経済新聞 電子版

 

 9日の東京株式市場で日経平均株価は小幅に反発した。前日比40円94銭(0.19%)高の2万1802円59銭で終えた。米半導体株指数が連日で最高値水準となったのを好感し、アドテストや東エレクといった半導体関連株に買いが入った。国内機関投資家などの利益確定を目的とした売りが相場の重荷となる中、アジアの株高で投資家心理も上向き、大引けにかけて買いが優勢となった。
 東証1部の売買代金は概算で1兆9426億円(速報ベース)と、3営業日続けて2兆円を下回った。〔日経QUICKニュース(NQN)〕

以上

PR

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< April 2019 >>

閲覧者

累計お客様数

さわかみのつぶやき

selected entries

categories

archives

recent comment

  • 日本株の反発は近い??!
    Wさわかみ (07/06)
  • 相場雑感 平成30年6月16日 メジャーSQ翌週の日経平均は上昇したが・・・
    Wさわかみ (06/17)
  • 誤った歴史は修正されなければならない
    zzz (11/28)
  • 電通社員過労死 GHQが作った影の戦後史とは?
    zzz (07/14)
  • 次回、お勧めのウォーキングスポットは、極楽
    Wさわかみ (05/28)
  • 名鉄の電車沿線ハイキングで、”車の歴史を学ぶトヨタ会館からとよた産業フェスタ”に行って参りました。
    Wさわかみ (09/25)
  • 次回お勧めのウォーキングスポットは、籠守勝手神社
    Wさわかみ (09/16)
  • 日経平均を使って1日3分で副収入を稼ぐ為の株式投資克服セミナーに行ってきた その1
    Wさわかみ (08/01)
  • 名鉄の電車沿線ハイキングで、”未知の体験!!一宮競輪場でバンクウォーキング!!”に行って参りました。
    たなか (05/17)
  • 次回お勧めのウォーキングスポットは、御菓子処 みつ雀 & 尾張ういろ布袋店
    たなか (05/11)

recent trackback

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM