日経平均のトレンドは上向き?

  • 2019.10.23 Wednesday
  • 17:50

JUGEMテーマ:日記・一般

<持ち株>
 本日、売買ありません。TOPIXは1638.14(+9.54+6.61)は2日続伸、WS持ち株指数は1768(+37)で2日ぶりの反発です。持ち株20銘柄中、値上がり17、値下がり3、変わらず0でした。1ドル108.37円、1ユーロ120.57円、1ユーロ1.1125ドル(東京終値)。


 日経平均の予想レンジは2万2,600円〜2万2,800円。日経平均は寄りつき後一旦上昇が見込まれるが、米国株は下げており上値は次第に重くなるとみられる。また、この先本格化する国内企業の決算発表を控え、日中は幾分膠着感が強まる場面も予想される。注目ポイントは「日経平均のトレンドは上向き?」と言う三井住友DSアセットマネジメント・市川雅浩さんの解説は、こちら

 AI予想は2万2538円〜2万2733円で、今日の実際の日経平均のレンジは2万2457円〜2万2648円でした。

 小生も寄り付きで上がると思ってたから、ショック。欧米時間で上がってくれるかな。

 ドル円、年内114円予想が杉村富生先生から出ました。こちら

 竜王戦、豊島名人強いな。2連勝行くかな。

日経平均大引け 続伸し76円高、連日の年初来高値更新 米中協議の進展期待
2019/10/23 15:06日本経済新聞 電子版

 

 23日の東京株式市場で日経平均株価は3日続伸し、前営業日比76円48銭(0.34%)高の2万2625円38銭と、連日で年初来高値を更新した。米中貿易協議の進展期待に加え、今日から発表が本格化する主要企業の2019年4〜9月期決算に期待する買いが優勢だった。もっとも、英国の欧州連合(EU)離脱を巡る先行き不透明感や米半導体大手の低調な決算が影響し、下落する場面もあった。〔日経QUICKニュース(NQN)〕

以上

10月22日東京時間の日経平均CFD

  • 2019.10.22 Tuesday
  • 15:27

JUGEMテーマ:日記・一般

<10月22日東京時間の日経平均CFD>

 8:30〜15:00の日経平均CFDの5分足チャートを示す。

 21日の大阪取引所夜間取引の終値は22680円なので、一時は100円近く値上がりしましたが、その後は27350円前後で落ち着いてきました。

 祝日だから日本国民はほとんどトレードしていないだろうから、この上昇は外国人によるんだろうね。

 また、建玉を減らしっちゃったから、欧米時間に下げたら買いたいんだけどな。高いところで買った建玉まだたくさんあるから、下がることを願っちゃいかんよな。

 ポロスの配信がもうすぐあるので、こんだけにしときます。

 

以上
 

鳥の目虫の目で見る地政学リスク

  • 2019.10.21 Monday
  • 17:46

JUGEMテーマ:日記・一般

<持ち株>
 本日、売買ありません。TOPIXは1628.60(+6.61)は3日ぶりの反発、WS持ち株指数は1731(-13)で6日ぶりの反落です。持ち株20銘柄中、値上がり10、値下がり10、変わらず0でした。1ドル108.56円、1ユーロ121.22円、1ユーロ1.1164ドル(東京終値)。

 

 1週間の日経平均の予想レンジは2万2,000円〜2万2,700円。米国企業決算が週半ばにまとまってあるため、これが日本株を下支えするとみられる。ただ、24日の米国・ペンス副大統領の対中演説もあり、警戒感から上値は抑えられる。注目ポイント「鳥の目虫の目で見る地政学リスク」と言う和キャピタル・村松一之さんの解説は、こちら。「鳥の目」として大局的に市場を見る。米国の軍事企業「ノースロップ・グラマン」、「ロッキード・マーチン」、「レイセオン」の株価推移を紹介。世界は軍事企業の株価が上昇する環境にあり、背景には地政学リスクがある。次に「虫の目」でマーケットを見ると、米国・ドナルドトランプ大統領に対して瀬戸際外交を展開する国が増えている。足元のイランリスク、地政学リスクを考慮した投資判断が必要と言う。

 AI予想はなし。今日の実際の日経平均のレンジは2万2515円〜2万2581円でした。

 値幅が狭いね。朝、先週作った買い玉を利確した後は、羽生-藤井戦の棋譜を見ています。藤井君、勝てそう。

日経平均大引け、56円高 連日で年初来高値更新 業績期待根強く
2019/10/21 15:13日本経済新聞 電子版

 

 21日の東京株式市場で日経平均株価は続伸し、終値は前週末比56円22銭(0.25%)高の2万2548円90銭と、連日で年初来高値を更新した。今週から本格化する主要企業の2019年4〜9月期決算発表を前に、業績の底入れが確認できると期待した買いが前週に続き優勢だった。一方、英議会下院が19日、欧州連合(EU)と合意した新たな離脱案の採決を見送るなど、英国のEU離脱を巡る不透明感もあり上値は限られた。〔日経QUICKニュース(NQN)〕

以上

相場雑感 令和元年10月20日 日経平均は中期的にはまだ上昇する

  • 2019.10.20 Sunday
  • 18:28

JUGEMテーマ:日記・一般

<相場雑感 令和元年10月20日 日経平均は中期的にはまだ上昇する>

 日経平均CFDの日足チャートとエンベロープ分析の結果を併せて下図に示す。先週、日経平均CFDは20日移動平均線に対する乖離率が+2%を越えてきたのだが、直近3日はぴたりと上昇が止まってしまい横ばいだ。短期間で1000円以上も上げているので、いいニュースが飛び出てこないかぎり、しばらく調整が続くと予想する。内藤証券の北原奈緒美課長と同様、小生もまだまだ上を見ているのだ。

 10月末買いの時期が近付いているのだが、昨年2万3千円以上で買った建玉が沢山あるので、これ以上買い建玉は増やすことはしない。でも、先週やったように売り決済した建玉の分は、より安い価格で買いたい。黄金の半年間投資にまだ始まってもいないし、利確する玉がないのは寂しすぎるからね。

 ところで、Jinさんも日経平均は上がると思っているようなんだけど、高値追いはしないと少々弱気なことを言っています。これは、爆上げがあるってことかな?

 

以上

2020年の米国企業の業績見通し

  • 2019.10.18 Friday
  • 17:58

JUGEMテーマ:日記・一般

<持ち株>
 本日、売買ありません。TOPIXは1621.99(-2.17)は2日続落、WS持ち株指数は1744(+2)で5日続伸です。持ち株20銘柄中、値上がり6、値下がり13、変わらず1でした。1ドル108.64円、1ユーロ120.86円、1ユーロ1.1123ドル(東京終値)。

 

 日経平均の予想レンジは2万2,400円〜2万2,600円。ブレグジットの修正案合意に関してはこの先どうなるか分からないというところから基本的に影響は中立的になるとみられる。米中貿易協議の進展機会で相場の地合事態は好転に向かっているという。注目ポイントは「2020年の米国企業の業績見通し」と言う大和証券・壁谷洋和さんの解説は、こちら
 AI予想は2万2380円〜2万2575円で、今日の実際の日経平均のレンジは2万2466円〜2万2649円でした。

 東証1部の売買代金は9135億0400万円と細っている。藤井七段、糸谷八段に勝ったどー\(^o^)/。

日経平均、小幅に反発 終値40円高の2万2492円
2019/10/18 9:13 (2019/10/18 15:13更新)日本経済新聞 電子版

 

 18日の東京株式市場で日経平均株価は小幅に反発し、前日比40円82銭(0.18%)高の2万2492円68銭で終えた。2日ぶりに年初来高値を更新し、2018年12月3日以来の高値を付けた。企業業績の底入れを期待した海外投資家の買いが相場を押し上げた。中国の景気対策への思惑で前場は上げ幅を200円近くに広げる場面があったが、週末に加え高値警戒感もくすぶり、後場は利益確定の売りで伸び悩んだ。〔日経QUICKニュース(NQN)〕

以上

半導体不況の終わり

  • 2019.10.17 Thursday
  • 18:09

JUGEMテーマ:日記・一般

<持ち株>
 本日、売買ありません。TOPIXは1624.16(-7.35)は4日ぶりの反落、WS持ち株指数は1742(+1)で4日続伸です。持ち株20銘柄中、値上がり7、値下がり13、変わらず0でした。1ドル108.83円、1ユーロ120.57円、1ユーロ1.1078ドル(東京終値)。


 日経平均の予想レンジは2万2,300円〜2万2,650円。米国市場がもみ合い、日経平均は16日までに4日続伸ということもあって17日は利益確定売りが出るとみられる。一方でブレグジット関連で幾分不安が和らいでいることもあり、下値も限定的とみられる。注目ポイントは「半導体不況の終わり」と言う第一生命経済研究所・藤代宏一さんの解説は、こちら

 AI予想は2万2468円〜2万2663円で、今日の実際の日経平均のレンジは2万2424円〜2万2522円でした。

 東証1部の売買代金は概算で1兆9233億円と4営業日ぶりに2兆円を下回った。

日経平均大引け、小反落 21円安、利益確定売り重荷
2019/10/17 15:07日本経済新聞 電子版

 

 17日の東京株式市場で日経平均株価は小幅に反落し、年初来高値を付けた前日に比べ21円06銭(0.09%)安の2万2451円86銭で終えた。最近の相場上昇が急ピッチだったため利益確定売りが重荷となった。一方で4〜9月期決算発表の本格化を前に、企業業績の底入れを期待した買いが下値を支えた。〔日経QUICKニュース(NQN)〕

以上

オプション建玉と売買代金

  • 2019.10.16 Wednesday
  • 17:47

JUGEMテーマ:日記・一般

<持ち株>
 本日、売買ありません。TOPIXは1631.51(+11.31)、WS持ち株指数は1741(+58)でともに3日続伸です。持ち株20銘柄中、値上がり15、値下がり5、変わらず0でした。1ドル108.64円、1ユーロ119.91円、1ユーロ1.1035ドル(東京終値)。

 

 日経平均の予想レンジは2万2,300円〜2万2,600円。米国株の大幅高や円安を受けて大幅続伸して始まるとみられる。日中はドル円と上海総合指数をにらみながらの動きとみられるが、2日連続で大幅高となるため買い一巡後は売り買いが交錯して高値圏でもみ合うと考えられる。注目ポイントは「オプション建玉と売買代金」と言うみずほ証券・三浦豊さんの解説は、こちら

 AI予想は2万2372円〜2万2566円で、今日の実際の日経平均のレンジは2万2434円〜2万2615円でした。

 2万6000円を越えたところで売り決済しようと思ったけど、寄り付きの一瞬しか機会がなかった。今日の東証一部の売買代金は概算で2兆4997億円。

日経平均大引け 年初来高値を更新 米株高や円安で
2019/10/16 15:07日本経済新聞 電子版

 

 16日の東京株式市場で日経平均株価は4日続伸し、年初来高値を更新した。終値は前日比265円71銭(1.20%)高の2万2472円92銭と、2018年12月3日以来およそ10カ月ぶり高値を付けた。米企業業績への期待から前日の米株式相場が上昇し、投資家心理が強気に傾いた。円安・ドル高を追い風に電機や機械などの輸出関連株への買いが優勢になり、朝方に上げ幅が400円を超える場面があった。〔日経QUICKニュース(NQN)〕

以上

IPO銘柄の“選球眼”

  • 2019.10.15 Tuesday
  • 17:55

JUGEMテーマ:日記・一般

<持ち株>
 本日、売買ありません。TOPIXは1620.20(+24.93)、WS持ち株指数は1683(+96)でともに2日続伸です。持ち株20銘柄中、値上がり19、値下がり1、変わらず0でした。1ドル108.35円、1ユーロ119.42円、1ユーロ1.1020ドル(東京終値)。

 

 日経平均の予想レンジは2万1,900円〜2万2,100円。米中協議の一部進展を受けてひとまず上昇スタートとなりそう。ただ、週明けの海外市場を見ても買いは続いておらず、依然として通商懸念、英国のEU離脱懸念などもくすぶる中で、買い一巡後は2万2,000円を挟んだ攻防が想定される。注目ポイントは「IPO銘柄の“選球眼”」と言う岡三証券・小川佳紀さんの解説は、こちら

 AI予想は2万1948円〜2万2138円で、今日の実際の日経平均のレンジは2万2049円〜2万2219円でした。

 400円上げるとは、小川さんもサキちゃんも思わんかったやろ。今日と昨日、それぞれ200円ずつ上げるはずのところを昨日は休日やったから、今日まとめて400円上げたってことやね。後から振り返ってみたら、「10月末買いは10月15日にすれば良かったな。」ってことになるんじゃね。

日経平均大引け 3日続伸、408円高 5カ月半ぶり高値 米中部分合意で
2019/10/15 15:07日本経済新聞 電子版

 

 15日の東京株式市場で日経平均株価は3日続伸し、前週末比408円34銭(1.87%)高の2万2207円21銭と、4月26日以来およそ5カ月半ぶりの高値水準で終えた。米中両政府が11日まで開催した貿易協議で部分的な合意に達し、連休明けの東京市場でも好感した買いが優勢だった。短期筋による株価指数先物への買い戻しなどが相場を押し上げ、9月26日以来、およそ3週間ぶりに心理的節目の2万2000円台を回復した。〔日経QUICKニュース(NQN)〕

以上

米国インフレの見極め

  • 2019.10.11 Friday
  • 18:05

JUGEMテーマ:日記・一般

<持ち株>
 本日、売買ありません。TOPIXは1595.27(+13.85)、WS持ち株指数は1587(+79)でともに3日ぶりの反発です。持ち株20銘柄中、値上がり7、値下がり13、変わらず0でした。1ドル?円、1ユーロ?円、1ユーロ?ドル(東京終値)。

 

 日経平均の予想レンジは2万1,500円〜2万1,700円。海外株高と円安を受けて東京市場も上昇して始まるとみられる。ただ、米中協議の結果がわかるのは東京時間の12日になるため、11日中は1方向に持ち高を傾けにくく、引け前に手じまい売りがでる可能性もある。注目ポイントは「米国インフレの見極め」と言うマネックス証券・広木隆さんの解説は、こちら

 AI予想は2万1579円〜2万1767円で、今日の実際の日経平均のレンジは2万1658円〜2万1820円でした。

 今朝のアオキスーパーは日曜あさイチ並みの混み具合だった。並ぶのが嫌で、コノミヤに行っちゃった。それにしても、小生は米中協議がうまくいくと決めつけて高いところで買う気にはならないなあ。

日経平均大引け、続伸 246円高、米中協議の進展期待で
2019/10/11 15:07日本経済新聞 電子版

 

 11日の東京株式市場で日経平均株価は続伸し、前日比246円89銭(1.15%)高の2万1798円87銭で終えた。貿易問題を巡る米中協議が進展するとの期待から前日の米株式相場が上昇し、日本株にも買いが波及した。円安進行や香港・ハンセン指数の上昇も投資家心理を強気に傾け、終日じり高基調が続いた。
 東証1部の売買代金は概算で2兆1185億円(速報ベース)だった。〔日経QUICKニュース(NQN)〕

以上

過去最高ペースの自社株買いも力不足?

  • 2019.10.10 Thursday
  • 17:47

JUGEMテーマ:日記・一般

<持ち株>
 本日、売買ありません。TOPIXは1581.42(-0.28)、WS持ち株指数は1508(-11)でともに2日続落です。持ち株20銘柄中、値上がり7、値下がり13、変わらず0でした。1ドル107.41円、1ユーロ118.33円、1ユーロ1.1016ドル(東京終値)。

 

 日経平均の予想レンジは2万1,500円〜2万1,700円。米国市場が反発したたため東京市場も反発して始まるとみられる。買い一巡後は米中協議の行方を見守りたいと様子見姿勢が強まるとみられる。注目ポイントは「過去最高ペースの自社株買いも力不足?」と言うニッセイ基礎研究所・井出真吾さんの解説は、こちら

 AI予想は2万1493円〜2万1679円で、今日の実際の日経平均のレンジは2万1308円〜2万1601円でした。

 日本企業も結構自社株買いをするようになったと思っていたけど、まだまだだな。

 米国市場が閉じた後のニュースで、NYダウの先物が大幅に下げていたので、トレードは控えました。

日経平均大引け 反発、95円高 米中協議進展の思惑で
2019/10/10 15:06日本経済新聞 電子版

 

 10日の東京株式市場で日経平均株価は反発し、前日比95円60銭(0.45%)高の2万1551円98銭で終えた。朝方は10日から始まる米中閣僚級協議の先行きを懸念し、売りが先行した。その後は一転して米中協議の進展を期待させる報道が相次ぎ、海外の短期筋が株価指数先物に断続的な買いを入れ、現物株指数を押し上げた。〔日経QUICKニュース(NQN)〕

以上

PR

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

閲覧者

累計お客様数

さわかみのつぶやき

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM