欧州の景気も阪急の駅も大丈夫かよ

  • 2018.06.18 Monday
  • 17:58

JUGEMテーマ:日記・一般

<持ち株>
 本日、売買ありません。TOPIXは1771.43(-17.61)で2日ぶりの反落、WS持ち株指数は3107(-93)で3日続落です。持ち株21銘柄中、値上がり4、値下がり17、変わらず0でした。1ドル110.47円、1ユーロ127.86円、1ユーロ1.1573ドル(東京終値)。

 

 ドイツZEW景況感指数は3ヵ月連続のマイナスとなっており、欧州の景況感は悪化傾向にある。米中の貿易摩擦に欧州も巻き込まれる、あるいは米国と欧州の貿易摩擦に発展するのではとの懸念が背景にある。今週発表されるユーロ圏PMIの製造業が50ポイントを下回るような事態になればユーロ安、日本企業のユーロ関連株売りにつながりかねないというインベストラストの福永博之さんの解説は、こちら

 地震はやな揺れだったね。阪神・淡路大震災の時もあんな感じだった。あの程度の揺れで、駅でいろんなものが落ちてくるのは困ったもんだ。こちら

日経平均大引け 反落、171円安 米中貿易摩擦や地震が重荷 
<2018/6/18 15:07>日本経済新聞

 

 18日の東京株式市場で日経平均株価は反落し、前週末比171円42銭(0.75%)安の2万2680円33銭で終えた。米国と中国の貿易摩擦が世界経済の停滞につながるとの懸念から、海運や機械株などを中心に目先の利益を確定する売りが広がった。朝方に大阪北部で地震が発生し、被害状況を見極めたいとして買い手控えムードにつながった面もある。
 東証1部の売買代金は概算で2兆2568億円(速報ベース)だった。〔日経QUICKニュース(NQN)〕

以上

 

2万3千円の壁はいつ越える?

  • 2018.06.15 Friday
  • 17:52

JUGEMテーマ:日記・一般

<持ち株>
 本日、売買ありません。TOPIXは1789.04(+5.15)で2日ぶりの反発、WS持ち株指数は3200(-1)で2日続落です。持ち株21銘柄中、値上がり8、値下がり12、変わらず1でした。1ドル110.51円、1ユーロ128.09円、1ユーロ1.1589ドル(東京終値)。

 

 日経平均株価は2万3000円を超えて上昇すると、戻り売りが待っているかも知れないと言う内藤証券の北原奈緒美さんの解説は、こちら。2万3000円越えは、4−6月の四半期決算が公表になる頃まで無理なのかな?ドル円が111円台になれば、その前に越えるかな?まあ、そんなことどうでもよくて、2万3000円が壁だったとよく認識して、手動トラリピを繰り返すことが肝要だ。今は利幅を狙うのではなく、売買回数で稼ぐのだ。

日経平均大引け 反発 円安で輸出関連に買い  
<2018/6/15 15:07>日本経済新聞

 

 15日の東京株式市場で日経平均株価は反発した。終値は前日比113円14銭(0.50%)高の2万2851円75銭だった。外国為替市場で円相場が1ドル=110円台後半まで下落し、トヨタなど輸出関連株に買いが入った。欧州中央銀行(ECB)による早期利上げ観測が後退し、投資家の運用リスクを取る姿勢が強まった。
 東証1部の売買代金は概算で3兆791億円(速報ベース)だった。〔日経QUICKニュース(NQN)〕

以上

第一生命経済研究所の藤代宏一さん、なかなかやるな

  • 2018.06.14 Thursday
  • 17:47

JUGEMテーマ:日記・一般

<持ち株>
 本日、売買ありません。TOPIXは1783.89(-16.48)で4日ぶりの反落、WS持ち株指数は3201(-10)で変わらずを挟んで3日ぶりの反落です。持ち株21銘柄中、値上がり6、値下がり13、変わらず2でした。1ドル109.92円、1ユーロ129.92円、1ユーロ1.1817ドル(東京終値)。

 

 15日に日銀の金融政策決定会合が行われる。政策は現状維持の可能性が濃厚。短期金利はマイナス0.1%、長期金利は0%程度、イールドカーブ・コントロールは変化なし、その他の政策変更もないとみられる。物価について強気の姿勢をみせてきた日銀だが、4月の消費者物価指数の鈍化、5月の東京都区部の消費者物価が一段と減速を受け、さすがの日銀も弱気になっている可能性がある。物価上昇の鈍化が株価にどのような影響を与えるのか第一生命経済研究所の藤代宏一さんの解説は、こちら。この人すごいな。引け間際の日本株の下落を見事に予想している。

日経平均大引け 4日ぶり反落、米中貿易摩擦や円高を嫌気 
<2018/6/14 15:17>日本経済新聞


 14日の東京株式市場で日経平均株価は4営業日ぶりに反落し、終値は前日比227円77銭(0.99%)安の2万2738円61銭だった。年内の米国の利上げペースが加速するとの見方などから13日の米株式相場が下落。米中貿易摩擦が再び激化するとの警戒や円高・ドル安が進んだことも嫌気された。機械や自動車など輸出関連株を中心に売られた。
 東証1部の売買代金は概算で2兆4018億円(速報ベース)だった。〔日経QUICKニュース(NQN)〕

以上

FOMC後の変化に注意!

  • 2018.06.13 Wednesday
  • 17:47

JUGEMテーマ:日記・一般

<持ち株>
 本日、売買ありません。TOPIXは1800.37(+7.55)で3日続伸、WS持ち株指数は3211(+73)で変わらずを挟んで2日続伸です。持ち株21銘柄中、値上がり15、値下がり5、変わらず1でした。1ドル110.63円、1ユーロ129.97円、1ユーロ1.1746ドル(東京終値)。

 

 FOMCにかけてドル円は堅調に推移するとみられる。FOMCでメンバーのFF金利見通しが上方修正される場合に備えて、米国の長期金利やドルに下落圧力は働きにくいとみられる。FF金利見通しについては、過去数年は利上げ直後に長期金利が低下する傾向がある。今回のFOMCで年末のFF金利見通しがやや上方修正されても2019年末の見通しが上方修正されなければ長期金利とドル円は下落に向かう可能性があるという大和証券の亀岡裕次さんの解説は、こちら。今回もFOMCを境に円安ドル高が円高ドル安に転換するのかな。日経平均も下がるってことか?

日経平均大引け、3日続伸 88円高 円安を好感
<2018/6/13 15:09>日本経済新聞

 

 13日の東京株式市場で日経平均株価は3日続伸した。終値は前日比88円03銭(0.38%)高の2万2966円38銭だった。外国為替市場で円相場が1ドル=110円台後半と、円安・ドル高水準で推移したことが好感され、トヨタなど自動車株を中心に買いが優勢だった。もっとも、週後半にかけて国内外で重要な経済イベントが相次ぐため、内容を見極めたいとして様子見ムードが広がり、上値を追う動きは乏しかった。
 東証1部の売買代金は概算で2兆2489億円(速報ベース)だった。〔日経QUICKニュース(NQN)〕

以上

グローバル内需とFAANGかよ

  • 2018.06.12 Tuesday
  • 17:48

JUGEMテーマ:日記・一般

<持ち株>
 本日、売買ありません。TOPIXは1792.82(+5.98)で2日続伸、WS持ち株指数は3138(±0)で変わらずです。持ち株21銘柄中、値上がり7、値下がり13、変わらず1でした。1ドル110.32円、1ユーロ130.11円、1ユーロ1.1794ドル(東京終値)。


 米国ではナスダック、ラッセル2,000が史上最高値を更新しているが、日経平均はアンダーパフォームが目立つ。ナスダックやラッセル2,000は典型的な景気敏感指数であり、米国は景気が連動して上がっている。一方、日本は個人消費がマイナスに下方修正され、消費支出は3ヵ月連続でマイナスと景況感が悪化しており、内需から日経平均が上昇することは難しい。そうすると期待は外需となるが、通商問題が壁になっている。ただ、内需の中でも業績が良いところは市場最高値を更新しており、個人投資家としてはそのような企業を厳選し、外需についてはアップルやアマゾンドットコムなど米国株を買うことが勧められるという三菱UFJモルガン・スタンレー証券の藤戸則弘さんの解説は、こちら。いまさら、資生堂とかユニチャームは買いたくないよな。

日経平均大引け 続伸、74円高 米朝会談への期待で
<2018/6/12 15:09>日本経済新聞


 12日の東京株式市場で日経平均株価は続伸し、前日比74円31銭(0.33%)高の2万2878円35銭で終えた。米朝首脳会談を通じて朝鮮半島情勢が安定するとの期待から、海外ヘッジファンドなどが株価指数先物を通じて買いを入れた。ただ、両首脳が合意文書に署名してからは伸び悩んだ。取引時間中には具体的な内容が判明せず、大引けにかけて利益確定売りが上値を抑えた。
 東証1部の売買代金は概算で2兆3089億円(速報ベース)だった。〔日経QUICKニュース(NQN)〕

以上

景気動向指数と日経平均株価の関係

  • 2018.06.11 Monday
  • 17:45

JUGEMテーマ:日記・一般

<持ち株>
 本日、売買ありません。TOPIXは1786.84(+5.40)、WS持ち株指数は3138(+18)でともに2日ぶりの反発です。持ち株21銘柄中、値上がり8、値下がり12、変わらず1でした。1ドル109.96円、1ユーロ129.81円、1ユーロ1.1803ドル(東京終値)。


 先週発表された景気動向指数は前月比で1.7ポイントと大幅に改善しており、景気が回復に向かっているとしてポジティブな材料になる。株価は景気の先行指標とされているが、景気動向指数と日経平均の動きを重ねてみると景気動向指数の方が先行する形で連動しており、実際の景気を受けて株価が動いているというマネックス証券の広木隆さんの解説は、こちら

 AIによる日経平均予想は22600-22804円、広木さんによる予想は22600-22700円でした。実際は、22667-22856円でした。小生、広木さんの予想に影響されてかなり低いところで利食いしてしまった(怒)。短期の海外勢が先回りして買ってくるとは予想できないよな。

日経平均大引け 反発、円安を好感 海外勢が先物買い 
<2018/6/11 15:08>日本経済新聞


 11日の東京株式市場で日経平均株価は反発し、前週末比109円54銭(0.48%)高の2万2804円04銭で終えた。外国為替市場で円相場が対ドルで下落し、輸出企業の採算改善を見込んだ投資家の資金が流入した。12日の米朝首脳会談をきっかけに地政学リスクが後退するとみた短期志向の海外ファンドが日経平均先物に買いを入れたのも追い風になった。
 東証1部の売買代金は概算で1兆9134億円(速報ベース)だった。〔日経QUICKニュース(NQN)〕

以上

海外勢の利確により下げる

  • 2018.06.08 Friday
  • 17:59

JUGEMテーマ:日記・一般

<持ち株>
 本日、売買ありません。TOPIXは1781.44(-7.57)で7日ぶりの反落、WS持ち株指数は3120(-50)で3日ぶりの反落です。持ち株21銘柄中、値上がり6、値下がり14、変わらず1でした。1ドル109.41円、1ユーロ128.91円、1ユーロ1.1780ドル(東京終値)。

 

 日本株の上昇する準備は整っているという内藤証券の北原奈緒美さんの解説は、こちら。個別株は別だけど、株価指数はまだ上がらないでしょ。トラリピできる程度のボラがあればいいさ。

日経平均大引け 5日ぶり反落、128円安 海外勢が利益確定売り
<2018/6/8 15:08>日本経済新聞

 

 8日の東京株式市場で日経平均株価は5日ぶりに反落し、前日比128円76銭(0.56%)安の2万2694円50銭で終えた。この日の安値で取引を終了した。前日までの4日続伸で上げ幅は累計で600円を超え、海外勢を中心に利益確定を目的とした売りが広がった。週末から来週にかけて海外で重要な政治・経済日程を控える中、先行きを見極めたいとして、積極的な買いが手控えられた。
 東証1部の売買代金は概算で2兆9207億円(速報ベース)だった。〔日経QUICKニュース(NQN)〕

以上

米長短金利の接近

  • 2018.06.07 Thursday
  • 17:48

JUGEMテーマ:日記・一般

<持ち株>
 本日、売買ありません。TOPIXは1789.01(+11.42)で6日続伸、WS持ち株指数は3170(+79)で2日続伸です。持ち株21銘柄中、値上がり19、値下がり2、変わらず0でした。1ドル109.89円、1ユーロ129.99円、1ユーロ1.1827ドル(東京終値)。

 

 米国では10年債利回りと2年債利回りとの格差が約11年ぶりの水準まで縮小してきており、このまま逆転するのではないかと市場で注目されている。逆転した場合はその後に景気後退することが多く、逆転を回避するためにFRBが利上げに慎重な姿勢に転じる可能性がある。このまま逆転する可能性については、セントルイス連銀・ブラード総裁も2018年内に逆転する可能性に言及しており、長期金利が低下して逆転する可能性も低いとは言い切れないという三菱UFJ銀行の内田稔さんの解説は、こちら

日経平均大引け 4日続伸、197円高 米株高や円安を好感 
<2018/6/7 15:16>日本経済新聞


 7日の東京株式市場で日経平均株価は4日続伸した。終値は前日比197円53銭(0.87%)高の2万2823円26銭だった。6日の米株高を受け、投資家心理が強気に傾いた。外国為替市場で円相場が1ドル=110円近辺で推移し、自動車や機械などの輸出関連株を中心に買いが入った。ファストリや資生堂など主力の値がさ株の上昇も目立った。
 東証1部の売買代金は概算で2兆5451億円(速報ベース)だった。〔日経QUICKニュース(NQN)〕

以上

裁定買い残と日経平均の天底

  • 2018.06.06 Wednesday
  • 17:48

JUGEMテーマ:日記・一般

<持ち株>
 本日、売買ありません。TOPIXは1777.59(+2.63)で5日続伸、WS持ち株指数は3091(+47)で2日ぶりの反発です。持ち株21銘柄中、値上がり16、値下がり4、変わらず1でした。1ドル110.07円、1ユーロ128.87円、1ユーロ1.1761ドル(東京終値)。


 ここ2ヵ月の日経平均の動きをみると裁定売買が大きな影響を与えているとみられる。裁定買い残と日経平均の3月ボトムと5月のピークはほぼ同時期。4月5月の上昇は海外投資家の先物の買い戻しが裁定買いを誘ったためと考えられる。週末には6月のメジャーSQがあるが大きな波乱はないというみずほ証券の三浦豊さんの解説は、こちら。裁定解消売りが出てくるのは、12日米朝首脳会談、12〜13日FOMC、14日ECB理事会通過後か。

日経平均大引け 3日続伸 海外勢が主力株買い 
<2018/6/6 15:09>日本経済新聞


 6日の東京株式市場で日経平均株価は3日続伸し、前日比86円19銭(0.38%)高の2万2625円73銭で終えた。5日の米ハイテク株の上昇を追い風に、海外投資家がソニーやトヨタなど時価総額の大きい主力株に買いを入れた。外国為替市場で円相場が1ドル=110円近くに下落し、輸出関連企業の採算悪化懸念が後退したのも投資家心理を支えた。
 東証1部の売買代金は概算で2兆4356億円(速報ベース)だった。〔日経QUICKニュース(NQN)〕

以上

きのうとは打って変わって

  • 2018.06.05 Tuesday
  • 18:00

JUGEMテーマ:日記・一般

<持ち株>
 本日、売買ありません。TOPIXは1774.96(+0.27)で4日続伸、WS持ち株指数は3044(-9)で4日ぶりの反落です。持ち株21銘柄中、値上がり12、値下がり8、変わらず1でした。1ドル109.82円、1ユーロ128.46円、1ユーロ1.1695ドル(東京終値)。


 底値には届いたが、買ってはいけないという荒野浩さんの解説は、こちら。別に新高値を取るような相場でなくても、儲ける方法はある。底値も分かってたら負けようがない。

 きのうイメージした日経平均の値動きが、きょう再現された感じ。なので、前場寄りで買わずに正解だった。

 藤井七段、きょうも頑張ってます。こちら

日経平均大引け 続伸、63円高 米株高と円安を好感
<2018/6/5 15:13>日本経済新聞

 

 5日の東京株式市場で日経平均株価は続伸し、前日比63円60銭(0.28%)高の2万2539円54銭で終えた。4日の米株式相場が上昇し、投資家心理が強気に傾いた。小幅ながら売りに押される場面があったが、東エレクなど半導体関連を中心に買いが優勢となった。外国為替市場で円相場が円安方向に振れ、日本企業の輸出採算が改善するとの期待が買いを促した面もある。
 東証1部の売買代金は概算で2兆3824億円(速報ベース)だった。〔日経QUICKニュース(NQN)〕

以上

PR

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>

閲覧者

累計お客様数

さわかみのつぶやき

selected entries

categories

archives

recent comment

  • 相場雑感 平成30年6月16日 メジャーSQ翌週の日経平均は上昇したが・・・
    Wさわかみ (06/17)
  • 誤った歴史は修正されなければならない
    zzz (11/28)
  • 電通社員過労死 GHQが作った影の戦後史とは?
    zzz (07/14)
  • 次回、お勧めのウォーキングスポットは、極楽
    Wさわかみ (05/28)
  • 名鉄の電車沿線ハイキングで、”車の歴史を学ぶトヨタ会館からとよた産業フェスタ”に行って参りました。
    Wさわかみ (09/25)
  • 次回お勧めのウォーキングスポットは、籠守勝手神社
    Wさわかみ (09/16)
  • 日経平均を使って1日3分で副収入を稼ぐ為の株式投資克服セミナーに行ってきた その1
    Wさわかみ (08/01)
  • 名鉄の電車沿線ハイキングで、”未知の体験!!一宮競輪場でバンクウォーキング!!”に行って参りました。
    たなか (05/17)
  • 次回お勧めのウォーキングスポットは、御菓子処 みつ雀 & 尾張ういろ布袋店
    たなか (05/11)
  • 塩野七生さんの本は歴史の教訓がいっぱい
    たなか (05/09)

recent trackback

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM