日本の新聞の国際面がしょぼい理由

  • 2018.09.23 Sunday
  • 08:23

JUGEMテーマ:日記・一般

<読書日記>
 平成30年26冊目、「アメリカの「反中」は本気だ! アジア争奪の米中貿易戦争が始まった」(宮崎正弘著)を読了しました。この本は、無料メルマガ「宮崎正弘の国際ニュース・早読み 」で発売されることを知り、発売直後に天白図書館にリクエストカードを提出しました。

 この本は、新刊にも係わらず既読感があり、スラスラ読めた。というのも、宮崎先生のメルマガのニュース速報で既に読んでいることが多いからだ。

 日本の特派員は現地の新聞やテレビが取り上げたニュースや政府発表の中から取捨選択して翻訳し、日本の本社に送っている中からさらに本社が取り上げたものだけを記事にしているのでかなり偏りがある。たとえば、中国国内の報道機関はウイグルでの民族浄化についてそもそも報道しないので、中国以外で報道された記事をもとに書くしかない。それが、日本の新聞が中国に都合の悪いことを書かない(書けない)第一の理由だ。

 なので、媚中の朝日新聞に限らず独自取材がない日本の新聞には、ウイグルの民族浄化の記事は載らないし、載ってもアメリカの報道経由だったりする。中にはメタタグが付いているものもあるかもしれない。高い料金払って読む価値などないのだ。

目次

 

続きを読む >>

相場雑感 平成30年9月22日 この上昇相場は11月初旬まで続く!?

  • 2018.09.22 Saturday
  • 08:41

JUGEMテーマ:日記・一般

<相場雑感 平成30年9月22日 この上昇相場は11月初旬まで続く!?>

 今週の現物とCFD(1時間足)の日経平均を下図に示す。日経平均は、先週787.61円、今週が775.26円の上昇だった。さすがに、ここまでの上昇を予想できたアナリストや評論家はいないのではないだろうか?

 小生は月・火は売買なし。水・木・金はスキャルピングだけで新規の買い玉の保有はない。でも、上昇の恩恵により、買い玉は含み益が急増しウハウハなのだ。まだ日本株の上昇は始まったばかり、どこまで上昇するか楽しみだ。

 そんな時、9/21(金)の引け後にアップされたダイワインターネットTVの週刊株式マーケットで佐藤光さんが、「日経平均は来週、米の利上げで短期的には押し目を作るかもしれないが、この上昇相場は11月初旬まで続く。」と言っているのだ。普段、逆張り取引ばっかりなので、急にトレンドフォロワーになるのは難しいのだが、来週の押し目では買ってみたいものだ。

 話は変わって、今週は逆転の将棋の対局が多くて面白かったね。なかでも、叡王戦七段予選の藤井-小林戦は大逆転と言っていいだろう。その対局が生で見れたのは幸運だった。まだ見ていない人には、お勧めだ。こちら

 来週は、藤井七段が登場する新人王戦準決勝も楽しみだが、王位戦 七番勝負の第七局が一番の注目だ。もちろん小生は同郷の豊島棋聖押しだ。

 

以上

結局いつものパターン!?

  • 2018.09.21 Friday
  • 17:48

JUGEMテーマ:日記・一般

<持ち株>
 本日、売買ありません。TOPIXは1804.02(+16.42)で6日続伸、WS持ち株指数は3056(+148)で2日ぶりの反発です。持ち株21銘柄中、値上がり18、値下がり2、変わらず1でした。1ドル112.70円、1ユーロ132.70円、1ユーロ1.1773ドル(東京終値)。

 

 日経平均は2万3,000円を超えて、20日も小幅ながら続伸し、ここ5日で1,000円以上の上げ幅となっていて日本株が盛り上がってきている印象があるが、年初から一進一退で推移し7月・8月から大きく上がり出すというのは日本株ではよく見られるパターンとなっている。日本の場合は決算の姿が見えてくるまで時間がかかり、第1四半期の決算が7月・8月あたりになるため、それまでの間は市場にとってみれば業績がどうなるのかよくわからない状態となっている。そのため不安心理が台頭して一進一退になりやすくなる。決算が発表され夏休みも開けて市場参加者が増えてくる9月あたりから業績を織り込む動きが本格化して上がっていく。2018年の年末にかけての見通しは強気継続とみられる。ただ、貿易摩擦懸念の台頭、米国の長期金利上昇には注意が必要と言うJPモルガン証券の阪上亮太さんの解説は、こちら

 出来るだけ利を伸ばしたいのだけど、売り時の判断って難しいよね。米国株が大丈夫なうちは日本株も大丈夫だろう。きのうの西原宏一さんの番組で、米30年債の利回りが3.25%を越えて急伸しなければ、米株式市場は大丈夫って言ってたよ。こちら。モーサテでは2年債と10年債の利回りを表示するから、毎朝トレードノートに記録しているのだけど、来週からは30年債もチェック、チェック。

日経平均大引け 6日続伸 195円高、ダウ平均の最高値や円安など好感
<2018/9/21 15:07>日本経済新聞


 21日の東京株式市場で日経平均株価は6日続伸し、前日比195円00銭(0.82%)高い2万3869円93銭で終えた。20日の米ダウ工業株30種平均が約8カ月ぶりに過去最高値を更新したことで投資家心理が一段と上向いた。外国為替市場で円相場が1ドル=112円台後半まで下落したほか、中国・上海総合指数などアジア株が軒並み高となったことも買いに弾みを付け、午後は一段高となった。
 東証1部の売買代金は概算で3兆9626億円(速報ベース)と高水準だった。〔日経QUICKニュース(NQN)〕

以上

日経平均上昇継続の条件とは?

  • 2018.09.20 Thursday
  • 17:53

JUGEMテーマ:日記・一般

<持ち株>
 本日、売買ありません。TOPIXは1787.60(+1.94)で5日続伸、WS持ち株指数は2908(-36)で5日ぶりの反落です。持ち株21銘柄中、値上がり7、値下がり14、変わらず0でした。1ドル112.21円、1ユーロ131.26円、1ユーロ1.1697ドル(東京終値)。

 

 2017年秋も大きく上昇したが、2017年秋は先物に続き現物に中長期の資金が流入して売買代金が増加基調になったことが要因と考えられる。すなわち、売買代金の増加がカギとなる。今回の上昇は先物や現物の買い戻しといった短期筋が中心で中長期の資金はさほど流入していないと考えられる。累積売買代金を見ると、日経平均は商いが少ない価格帯だが、TOPIXベースで見ると商いが多く、戻り圧力は強まりやすいと考えられる。上昇基調が維持されるためには売買代金が3兆円を超えることが必要になるとみられ、欧米の投資家などの中長期の資金流入が必要と言うみずほ証券の三浦豊さんの解説は、こちら

 さすがに、これだけ急激に上げれば、一服もやむを得ないね。

日経平均大引け 5日続伸、2円高 建機や金融に買い 上値は重く
<2018/9/20 15:08>日本経済新聞

 

 20日の東京株式市場で日経平均株価は小幅ながら5日続伸した。前日比2円41銭(0.01%)高の2万3674円93銭で終えた。米中貿易摩擦に対する過度な懸念の後退から、建機株などの中国関連株が買われた。米長期金利の上昇を受けた金融株の上昇も目立った。14時過ぎに自民党総裁選での安倍晋三首相(総裁)の勝利が伝わると目先の材料出尽くし感などから下落に転じる場面があったが、相場の先高観を意識した買いが入り持ち直した。前日までの大幅上昇で利益確定売りがかさみ、総じて上値が重い場面が目立った。
 東証1部の売買代金は概算で2兆9830億円(速報ベース)だった。〔日経QUICKニュース(NQN)〕

以上

売り方は早く買い戻さないと大変なことになる!!

  • 2018.09.19 Wednesday
  • 17:54

JUGEMテーマ:日記・一般

<持ち株><持ち株>
 本日、売買ありません。TOPIXは1785.66(+25.78)、WS持ち株指数は2944(+101)でともに4日続伸です。持ち株21銘柄中、値上がり17、値下がり3、変わらず1でした。1ドル112.32円、1ユーロ131.44円、1ユーロ1.1700ドル(東京終値)。

 

 権利落ち日を迎える9月最終週は季節的な買い手が見込まれる。信託銀行のTOPIX売買動向を振り返ると、3月と9月の最終週に大幅な買い越しとなっている。配当の再投資による買いが入っていることが理由とみられる。今回も配当の再投資が増えるかについて、予想1株利益と予想配当金の推移を見ると、予想1株利益の増加と同時に予想配当金も右肩上がりになっている。株主還元姿勢の高まりが増配につながっていると言え、配当金の増加は再投資の金額の増加にもつながるため、こういった傾向の下では信託銀行を通じたTOPIX先物の買いも大きくなる可能性が高い。信託銀行の買いが入った後にさらに上値を追うカギは海外投資家による買い戻し。2018年の年初からの海外投資家の先物売買動向を振り返ると9月第1週時点で4.1兆円の売り越しとなっている。今週は自民党総裁選挙もあり、政治的イベントをきっかけとした海外投資家の買いが続く可能性は十分にあると考えられ、堅調な株価の推移を期待してよいと言う東海東京調査センターの仙石誠さんの解説は、こちら

 年末に2万4千円越えがあるかないかと言ってたら、きょうは高値2万3842円まで行っちゃった。なので、年末目標株価2万5千円に引き上げますww。

日経平均大引け 4日続伸、251円高 8カ月ぶり高値
<2018/9/19 15:10>日本経済新聞

 

 19日の東京株式市場で日経平均株価は4日続伸した。終値は前日比251円98銭(1.08%)高の2万3672円52銭と、1月24日以来およそ8カ月ぶりの高値を付けた。前日の米株式相場の上昇で市場心理が強気に傾くなか、海外勢を中心に短期の値幅獲得を目的とした買いが株価指数先物に入り、現物株指数を押し上げた。中国・上海株も堅調に推移するなど米中貿易摩擦への過度な懸念が和らいだとの見方もあり「中国関連」が多いとされる機械株に見直し買いも目立った。
 東証1部の売買代金は概算で2兆9670億円(速報ベース)だった。〔日経QUICKニュース(NQN)〕

以上

高配当利回り銘柄ほどよく上がる

  • 2018.09.18 Tuesday
  • 17:50

JUGEMテーマ:日記・一般

<持ち株>
 本日、売買ありません。TOPIXは1759.88(+31.27)、WS持ち株指数は2843(+188)でともに3日続伸です。持ち株21銘柄中、値上がり18、値下がり1、変わらず2でした。1ドル111.96円、1ユーロ130.80円、1ユーロ1.1681ドル(東京終値)。

 

 日経平均と配当利回り2%ラインをみると、利回り2%の水準が日経平均の下値支持として機能している。ここ数年の株主還元重視の姿勢もあり、着実に配当を増加してきているためこの支持ラインも大きく上昇している。現在は2万2,000円程度だが今後の下値メドとして注目できると考えられる。また、配当利回りは銘柄を選ぶ際のポイントにもなる。高い利回りのグループは平均で約10%上昇しており、低利回りのグループに対して明確な優位性を示している。この傾向は上昇局面でも調整局面でも確認することができ、長期にわたって観測されている特性でもある。好業績などを背景に2018年の年末に向けては一段の株高が期待されるが、その場面においても高利回り銘柄の優位性は発揮される可能性が高いと言う岩井コスモ証券の林卓郎さんの解説は、こちら

 日経平均が上がって2万3千円を完全に抜けてきたたのはうれしいのだが、新規に買えていないのが残念だ。

日経平均大引け 3日続伸、対中制裁第3弾表明で買い戻し
<2018/9/18 15:13>日本経済新聞

 

 3連休明け18日の東京株式市場で日経平均株価は3日続伸し、前週末比325円87銭(1.41%)高の2万3420円54銭で終えた。2月1日以来、約7カ月半ぶりの高値を付けた。トランプ米政権が17日、対中制裁関税第3弾の発動を表明したが、税率の上乗せ幅を当初予定の25%から年内は10%に引き下げたため、「いったん悪材料が出尽くした」との見方が広がった。9月決算期末の接近に伴う持ち高調整の買い戻しも株価指数先物などに膨らんだ。18日の中国・上海株式相場の底堅さも投資家の買い安心感につながった。
 東証1部の売買代金は概算で2兆9496億円(速報ベース)だった。〔日経QUICKニュース(NQN)〕

以上

駅ちかウォーキングで、”北区と東区の寺社巡りといきいき今池お祭りウィーク”に行って参りました。

  • 2018.09.17 Monday
  • 17:00

JUGEMテーマ:日記・一般

<旅日記>
 祝日ということで株式市場はお休みです。CFDは取引できるのですが、東京時間は小動きでトレードの機会はないと判断し、すごく久しぶりにウォーキング大会に出かけることにしました。藤井君の対局は14:00からだしね。
 今朝は、八事駅から名城線左回りの8:52発の電車に乗り、目的の名城公園駅には9:13に着きました。改札を出て、スタッフに導かれるまま歩いていくと、9時半前ですが、すでにウォーキングマップを配布してました。
 それでは、特に理由はないですが、この曲を聴きながらウォーキングしましょ。

<多奈波太(たなばた)神社にある、珍しい「乳イチョウ」>

地下鉄「駅ちかウォーキング」10周年 今秋も充実7コース
中日新聞-2018/08/23

 

 地下鉄駅をスタートし、近隣の名所をゆっくりと巡って歩く名古屋市交通局の「駅ちかウォーキング」が10周年を迎えた。健康づくりや街の魅力発見につながるため中高年層を中心にウォーキングブームが続く中、これまで約45万人が参加。この秋も9〜12月に祭りや文化をテーマとする7コースで開催する。

 市交通局が二〇〇八年から毎年春と秋に企画し、これまでに百三十九コースで開催。参加費は無料、予約も不要で出発駅で受け付けをした後は各自のペースで歩ける気軽さが人気を集め、毎年のべ三千人以上の参加者を集めてきた。

 今回は食欲をそそるグルメが並ぶ秋祭りの会場や、「ららぽーと名古屋みなとアクルス」(名古屋市港区)といった新名所を訪ねるコースを設定。出発駅で、道中の祭り会場や飲食店での特典付きマップがもらえる。

 他の鉄道事業者が企画する「名鉄のハイキング」や「JR東海さわやかウォーキング」との共同開催や、複数回参加した人には回数に応じてピンバッジがもらえる仕組みもある。

 市交通局の担当者は「スポーツの秋に、さわやかな街歩きを楽しんでほしい」と参加を呼び掛けている。(問)市交通局乗客誘致推進課=052(972)3816 (谷悠己)

 それでは、今日のコースは以下の通りです。

 

名城公園駅(スタート9:18)〜名古屋市下水道科学館〜多奈波太神社〜解脱寺〜八王子春日神社〜普光寺〜三菱UFJ貨幣資料館〜建中寺〜いきいき今池お祭りウィーク(今池商店街)〜今池駅(ゴール11:26) 距離6.2km


◇見どころ
 北区の寺社をめぐり緑深い尼ケ坂を抜け、建中寺を訪れます。ゴールの今池駅周辺で、屋台や様々な出店が大バザールを開き、パレードや寄席、大道芸、ダンス、プロレス、ライブ、ショー等が催されます。

 

以上

PR

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

閲覧者

累計お客様数

さわかみのつぶやき

selected entries

categories

archives

recent comment

  • 日本株の反発は近い??!
    Wさわかみ (07/06)
  • 相場雑感 平成30年6月16日 メジャーSQ翌週の日経平均は上昇したが・・・
    Wさわかみ (06/17)
  • 誤った歴史は修正されなければならない
    zzz (11/28)
  • 電通社員過労死 GHQが作った影の戦後史とは?
    zzz (07/14)
  • 次回、お勧めのウォーキングスポットは、極楽
    Wさわかみ (05/28)
  • 名鉄の電車沿線ハイキングで、”車の歴史を学ぶトヨタ会館からとよた産業フェスタ”に行って参りました。
    Wさわかみ (09/25)
  • 次回お勧めのウォーキングスポットは、籠守勝手神社
    Wさわかみ (09/16)
  • 日経平均を使って1日3分で副収入を稼ぐ為の株式投資克服セミナーに行ってきた その1
    Wさわかみ (08/01)
  • 名鉄の電車沿線ハイキングで、”未知の体験!!一宮競輪場でバンクウォーキング!!”に行って参りました。
    たなか (05/17)
  • 次回お勧めのウォーキングスポットは、御菓子処 みつ雀 & 尾張ういろ布袋店
    たなか (05/11)

recent trackback

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM