日経産業新聞が取り上げた「酸水素ガス」は、トンデモ科学の臭いがする!

  • 2009.08.30 Sunday
  • 20:08
JUGEMテーマ:日記・一般
<今週末(8/28)のWS持ち株指数>
 TOPIXは969.31、先週末比+21.97、WS持ち株指数は-571、先週末比+61でともに反発です。持ち株19銘柄中、現値(8/28)が、購入価格を下回っているのは15銘柄です。
 WS持ち株銘柄の週間値上がり率トップ3は、秀英予備校(+23.48%)、ADEKA(+12.87%)、トーメンデバイス(+6.64%)、ワースト3はトスネット(-3.06%)、丸文(-1.79%)、古河電気工業(-1.42%)でした。1ドル93.59円、1ユーロ133.86円(5:59)。


<酸水素ガスって何だ?>
 日本テクノが、低周波振動を使った攪拌機を作っている会社だというのは以前から知っていた。この振動を加えながら、めっき、アルマイト、化成処理などを行うと、短時間で処理できるそうだ。これは、十分にありうることだ。
 日経産業新聞の記事によると、この振動を加えながら、水を電気分解すると、すごいガスが得られるとのことです。ですが、電気分解に使ったエネルギーの2倍のエネルギーが得られたといわれると、1989年の常温核融合騒動を思い起こしてしまいます。
 

水から生まれた奇跡の燃料「酸水素ガス」 (科学技術部編集委員 吉川和輝)
更新日:2009-08-28日経産業新聞online
 
 どこにでもある水を特殊な方法で電気分解して水素と酸素からなる「酸水素ガス」を作り、燃料などに使う試みが進んでいる。ガスバーナー燃料への利用に続き、このほど小型エンジンを動かすことに成功した。この燃料は組成や燃焼効率などに未解明な点があり、いっそう関心をかき立てている。
 7月中旬、東京都江東区の東京海洋大学海洋工学部。伊藤雅則教授らの手で、酸水素ガスを使った初めてのエンジン作動試験が始まった。試験には1馬力のLPガスエンジンを使用。タンクにためた酸水素ガスをエンジンに送り、約1時間の連続運転に成功した。
 このガスには水素と酸素がほぼ2対1の割合で含まれる。燃焼後は水に戻り、有害な排ガスは発生しない。面白いのはエンジンに空気の取り込み口が不要であること。ガス中の酸素が燃焼剤になるため、外の空気無しでも燃えるというわけだ。
 伊藤教授は「潜水艇の動力源としても使えそう」と語る。小型エンジンに続いて、乗用車エンジンを酸水素ガスで動かし、燃焼データを集める計画だ。

 酸水素ガスはプラントメーカーの日本テクノ(東京・大田、大政龍晋社長)が開発した。発明者である同社長の名前にちなんで「OHMASA—GAS」と呼ぶ。
 水の電気分解で得られる燃料といえば、「ブラウンガス」と呼ばれる水素と酸素の混合ガスが古くから知られる。超高温で燃焼する特徴があるが、爆発しやすいというネックがあり、普及はいまひとつだ。
 これに対して、日本テクノの酸水素ガスは圧縮しても爆発しにくいという。厳重な漏れ対策が必要な水素ガスとも異なり、通常のステンレス容器で200気圧を超える高圧で長期間貯蔵できることも確認している。
 日本テクノはもともと電気メッキ用プラントを扱っている。大政社長は低周波の振動・攪拌(かくはん)をしながらメッキをすると、通常は電気分解で発生する大きな気泡が生じず、水素爆発も起きないことに気が付いた。これをヒントに、同じ方法で水を電気分解することを試みた。
 こうして得られた酸水素ガスは、水素と酸素が単純に混合しているのではなく、両者が特殊な結合をして水分子とも異なる特殊な構造を作っていると大政社長は考えている。そうならば、水素と比べ、貯蔵容器からの漏れが少ないことも説明できる。
 高圧で貯蔵できれば、プロパンガスのようにボンベで流通させたり、給油所のような場所でガスを供給したりするといった利用が容易になる。
 日本テクノは酸水素ガスの用途開発と並行して、ガスの正体を調べる研究を進めている。今春、特殊な装置で酸水素ガスを液化してみた。酸素はセ氏マイナス183度、水素はマイナス253度で液化するが、この気体は酸素の液化温度より3〜7度高い温度で液化することが分かった。
 研究に協力している東京工業大学の谷岡明彦教授は「非常に興味深い現象」と語る。日本テクノは引き続き、ガスの組成などの解析を進めている。


 大分県佐伯市にある共栄船渠(山本健二社長)では、日本テクノの酸水素ガスをガスバーナー燃料に使い、鉄板を切断する作業に使っている。「通常のバーナーと比べて切断面がきれい」(山本社長)という。
 酸水素ガスを、燃料電池で水素燃料の代わりに使えば発電効率が向上することも確認されている。また、ガスの燃焼によって発生する発熱量は、もともとの電気分解に使ったエネルギーの2倍程度に達することも分かった。投入した電力以上の熱量が得られるヒートポンプ給湯機のような効果が期待できる可能性がある。
 未解明の部分が多い酸水素ガスだが、それだけに、大きな可能性を秘める。

                                                         以上

スポンサーサイト

  • 2018.08.15 Wednesday
  • 20:08
  • 0
    • -
    • -
    • -
    コメント
    管理者の承認待ちコメントです。
    • -
    • 2017/11/11 7:57 AM
    管理者の承認待ちコメントです。
    • -
    • 2015/07/08 5:39 PM
    管理者の承認待ちコメントです。
    • -
    • 2015/07/03 8:13 AM
    管理者の承認待ちコメントです。
    • -
    • 2015/03/05 10:47 PM
    これは潜水艦の動力として非常に有望だと思う。
    酸素吸蔵合金なんていらんかったんや!
    • 名無し
    • 2014/01/16 3:30 PM
    OHMASA—GASは、水分子1つに対して水素分子と酸素分子がそれぞれ1つづつ結合していているから酸水素ガスと違って爆発しにくいということが解明されたけど、それならば水素ガスが発生する陰極だけ低周波の振動・攪拌(かくはん)をすれば、水分子1つに対して水素分子1つが結合するということになるのだろうか?
    そうなるなら、ターボポンプの改修だけでH-IIAロケットの乾燥重量を軽くすることが可能になるだろう。
    • 松裏悪弥
    • 2013/11/10 9:11 PM
    出力二倍を信じてる人はアレだ、「車の排気ガスで発電して、ついでに排熱でエンジン動かせば、一回の給油で永久に走り続けられるじゃん」に騙されるレベルw

    タイヤを動かした時にエネルギーが逃げることを理解してないw
    もちろん発電用のタービンを動かした時にエネルギーが逃げることもわかってないw

    仮にエネルギーが倍になるとしたら面白いぜw
    人間が出力する比じゃないエネルギーに雷や宇宙放射線(電磁波)がある。

    って事は、雷雲や宇宙放射線照射に事欠かない地球はエネルギーが増大し続けてるわけで、最終的にそれは熱になってるわけでw

    今ごろとっくに地球沸騰wwwwそれどんな地球だよwww

    このガスがエネルギー効率のよい触媒、どまりったらまだ信憑性もあったが、二倍とかwそんな法則働いたら地球焼けてるw

    研究者が食いついたから本物?おめでたいねー、研究費もらって遊びまくって、「やっぱり無理でしたテヘペロ☆」で済ましても許されるから食い尽くんじゃん。

    民主の「自分が政権をとったらー」の夢物語に騙される奴がいるだけあるわwww「ダメでもやらせてみなきゃわかんない」「民主ほどの素晴らしい党が政権取れないのは自民の陰謀」だったもんなw
    当時の連中の言い分もw
    • かりかや
    • 2013/05/22 12:27 PM

    2013年4月17日、放送の日テレの『笑ってこらえて」でも紹介されました。

    教科書を多数出版している、東京法令出版社の平成25年度の小学生用教材で、次世代エネルギーのページに、大政社長の写真とともに、ちゃんと”オオマサガス”が紹介されています!!

    大田区の矢口区民プールでは、この技術(振動撹拌)を応用し、薄い食塩水を電気分解すると出来る「超殺菌力」の水を使い、従来のように塩素殺菌が必要の無い、やさしい水で泳げるプールがすでにあります!!!

    それでは、なぜこんなにいい事ずくめなのに、普及しないのか???

     大政社長が憶測ですが、権威に裏打ちされていない新しい技術を、権威主義の省庁が認めないからではないでしょうか!!
    それに、こんな技術が確立してしまえば、”誰でも安価に”エネルギーを得る事が出来るので、既存の電力会社や石油会社にとっては大いな脅威になるからに他なりません!!!

    その証拠に、オオマサガスの研究開発を否定する報告書は、東京ガス(株)と東京工業大学(原子炉工学研究所)によって実地されています。
    http://www.kenken.go.jp/japanese/contents/publications/annual/heisei/h17-pdf/p-1/h17/gaibu/4-1.pdf

    • 愛知の黒山羊
    • 2013/04/17 9:42 PM
    何もおかしいところはないと思いますけどね
    2倍とは攪拌の為の電力は含まれているのですか?
    • 2012/07/25 5:31 PM
    戦争屋と言われてきた ロスチャイルドざまーみろ!!

    これで世界は平和になるよ。ロス茶は長年石油を売りたくて世界大戦や紛争をさんざん世界中に仕掛けてきたからな(笑)

    • アンチメーソン
    • 2012/05/04 5:08 AM
    「電気分解に使ったエネルギーの2倍」なんであってなんの不思議もない
    • おやおや
    • 2012/05/01 11:39 AM
    去年、映像でオオマサガスとプロパンガスの混合燃料で自動車を動かし又、発電機を動かしているのを見ました。そして、電気分解による使用エネルギ−の2倍のエネルギ−が得られるとの事。この事実は多くの人が知っている。今は多くの実験を積み重ね、改良された成果を、世界の人々は待ち望んでいます。
    • SUM
    • 2012/02/20 9:53 PM
    日本テクノは、弊社の水素酸素発生装置を購入し、それを改造して、自分の開発製品と言う人です。信義に外れた人にこれ以上、黙っておれませんので公表いたします。
    これは自分もテレビで見ましたが、本当だと思います。
    何人か言われてますが、爆縮するときの力を使っているのだと思います。
    知り合いの研究者などに聞くと知っている人は多いみたいです。
    なぜ、広まらないかというとエネルギー保存の法則が壊れるのでせっかく勉強した法則が壊れることを嫌っている人が大半だからです。アメリカでもみずの自動車を作った人が謎の死を遂げています。
    自分はこういう普通の人はありえないと思うものを、数多く見てきたのであまりトンデモとは思いません。今の人はエネルギーの法則に縛られているというわけだからそういうことに執着しない人はすんなりと分かると思います。
    • a
    • 2011/11/17 9:59 PM
    酸水素ガスは、低周波振動で電気分解した酸素と水素ガスが分子間結合したものだと思います。
    そうすれば液化温度が-178で液化することや、ステンレスボンベに200気圧で保存できることが理解できます。
    このガスの用途は、URLでも挙げたように液酸液水ロケットの代替推進剤に使うのが一番相応しいと思います。
    技術的には、酸水素のモル数が大きいので液酸用ターボポンプがそのまま使える上に酸素という酸化剤を含んでいるので液酸用ターボポンプ1基で済むため部品点数が少なくなるという長所があります。
    インチキとか眉唾とかいうのは再現性がないから言うのであって、このガスの入手やエンジン実験は誰でも出来ます。
    いい加減なことを言う前に再現実験してからコメントしましょう。
    興味深いのはガス取りだしに対する電気エネルギーと、エンジンによって得られる動力エネルギーがどのようになっているかです?
    • sk
    • 2011/09/06 9:57 AM
    プロパンガス1:OHMASA—GAS1で発電
    プロパンガス1単体で発電した物を引いた物が
    OHMASA—GAS電気分解に使ったエネルギーの
    2倍のエネルギーが得らる
    • STR
    • 2011/07/22 2:59 AM
    太陽光パネル、風力発電、波力発電で酸水素ガスをつくって貯めておけば、電池変わりに使用できるな。
    • sun
    • 2011/07/18 11:50 AM
    >電気分解に使ったエネルギーの2倍のエネルギーが得られたといわれると、

    ん・・?極端な例を引き合いに出しますが、水爆のエネルギーは製造に投じたエネルギーに釣り合うのでしょうか?ね・・・・
    ご自分の理解できないことをもってトンデモでは?と思うのは勝手ですが、それは考え様によっては自信過剰ではありますよね・・・
    • 頓珍漢
    • 2011/07/17 1:09 AM
    トンデモっていうけどモノが実際に出来てるだろw
    『大政社長は低周波の振動・攪拌(かくはん)をしながらメッキをすると、通常は電気分解で発生する大きな気泡が生じず、水素爆発も起きないことに気が付いた。これをヒントに、同じ方法で水を電気分解することを試みた。』
    目指す目標とは違う目標に到達した。
    まさしくセレンディピティーである。
    • ドライバー
    • 2011/05/22 12:06 PM
    酸水素ガスエンジンは 爆縮エネルギーを利用しているのではと思いますが。 ガソリンエンジンでは 爆発エネルギーを利用しているのと大きく違うところと思います。酸水素ガスを点火するとガス→水に変化すると同時に 体積が著しく減少する現象を利用している物と思いますが・・・。
    • taka
    • 2011/05/09 12:12 AM
    2011 5月になったけど
    なにか発展あったのかな?
    • ぽぽ
    • 2011/05/02 3:10 PM
    吸気口を塞いでも回ってる様で→フィルターからの空気を遮断しているだけです。間違いではありません。
    普通のエンジンはガソリンをキャブレターで霧状にして、同じくキャブレターのフィルター口から空気を混ぜガソリンをさらに気化させエンジンで燃焼させていますが、ガソリンの変わりに酸素と水素のガスを入れているので、その他に空気中の酸素は必要ないというのは納得できます。
    経済活動しているのにトンデモとかに時間は割かないでしょう
    • yosh
    • 2011/01/18 12:42 AM
    トンデモだ、怪しい・・・なんて言ってないで、自分で同じような構造の電気分解をやってみれば良いだけの事です。

    WBSや日経産業の記事に書いてあること自体が違うと言うのでしたら、その反証を論理的に冷静に行えば良いだけで、このような報道をフツー本当かも知れないと思っただけの人をいきなり馬鹿にするような書き込みを、する人の方が遥かに非科学的です。

    常温核融合についてもあっさりトンデモ扱いしてありますが、常温核融合のその後の研究について何か詳しくあなたは知っているのでしょうか? 

    golfmasterさん、唐突に「平成17年に環境省の試験で効率(出力/入力エネルギー)は50%と結論付けているにもかかわらず、ワールドビジネスサテライトでは2倍と主張し・・・」と書いてますが、これ本当にこの日本テクノの酸水素ガスについての話なんですか? 環境省がそんなに前にこれの技術評価をしていたというのはどこから出てきた話なのでしょう?

    仮にその当時もしそうだったとしても、既に何年も経っているのですから、以前の四倍の効率で発生するようになったという可能性はどうして無いと言えるのでしょう?

    東京工大や東京海洋大の教授たちが検証に関わっているということは、それなりの事実があるからでしょう。
    実際に今も効率1/2でしかないのなら、多分まともには相手をしないでしょう?

    エネルギー保存則から永久運動は無いというのは常識のように振りかざして居丈高に議論する人がよくいますが、ミクロ世界もマクロな宇宙も実際には永久運動だらけで、素粒子も島宇宙も本当にエネルギー保存則に従ってるかは疑問です。
    渦巻星雲が重力によってあの形で回っているのでは無いことも分かってきました。

    理論と現実では、現実の方を重視するのが科学であり、理論こそ大事というのは似非です。
    CAS冷凍だってACell Vet.だって以前には有り得ないことだったではありませんか?

    以上 

    通りがかりの多田冬彦より 
    • 通りがかりの多田冬彦
    • 2010/05/18 8:59 PM
    怪しいと思ったら、確認してみるべし!新技術は胡散臭いと言う人がいつも居るものです。素粒子科学や膜宇宙論などは、大ペテンだと言うことになる。確認する気も無い奴が、技術・科学を論じる事が片腹痛い。

    私から言わせれば、金を動かして儲けよう等と言う「金融工学」の方が大詐欺で、なんの価値も生みださないばくち打ちの世界だ。宝くじ程度で遊ぶのが相当だ。

    「常温核融合」「酸水素ガス」と「株で大儲け」が人間の未来にとってどちらが価値があるか、比較にならない。技術屋の端くれなら「価値の有るものを作り出す」ことが自分の存在価値である事に立ち返るべし。
    • 技術屋
    • 2010/01/03 2:17 PM
    もうちょっと大きな分子なら何か無くもないと思うんですが、水素と酸素ですもんね…。本当ならかなりスゴイので誰か追試してくれそうなもんですけど、そういう事もないし…。この手の単純な気体なら簡単に分析してもっと詳しく分かりそうなもんですけど、それも無いまま11月のWBSでも似たような内容が流れてる時点でどうも怪しいですね。WBSでは熱効率2倍とかは言ってませんでしたが…。
    • dov
    • 2009/12/30 8:40 PM
    トンデモなくマユツバちっく。
    でも面白い。
    是非是非、実用化のニュース待っています!!
    • 2009/12/21 12:41 AM
    これ見てトンデモと気付かない人もいるんだ。
    日本人の科学知識の低下を痛感した。
    • 2009/12/20 10:51 AM
    バカばっかりだな。

    まず人の批判をする時は、すくなくともしっかりその人の主張を調べてからしろ。落書き量産するな。

    • 2009/12/15 1:51 AM
    なんでもかんでも"トンデモ"などとレッテル張りして、地道な研究者たちを貶めて なにか嬉しいのか?

    君たちの知らない優れた基礎技術などいくらでもあるのだよ。

    世に出る前に潰してどうする!!
    • ONE
    • 2009/12/11 7:59 AM
    燃焼時の発生エネルギーについては、電気分解の電力だけでなく、振動に使われた電力も含めて考えると良いのでは?
    • 氷河期の星
    • 2009/12/07 1:18 AM
    平成17年に環境省の試験で効率(出力/入力エネルギー)は50%と結論付けているにもかかわらず、ワールドビジネスサテライトでは2倍と主張している。分子と分母を入れ替えた単純ミスでは?
    • golfmaster
    • 2009/11/07 10:48 PM
    夢のある話で良いと思うけど。
    ここは会社企業として実態があるみたいだし、うまく行ったら儲けもんぐらいのノリで見守っては・・・
    • 2009/11/07 9:48 PM
    酸水素ガスは、次世代エネルギーに、なるものと、私も考えます。
    一般家庭まで復旧すると確信します。エネファームなどの都市ガス(地方及び僻地には都市ガス復旧していない)よりも一般家庭では、安価に水道水が普及しているからです。深夜電力で電気分解しガスを蓄積し昼間使用で電力量の削減になるものと考えます。
    頑張って製品化につなげてください。応援します。
    • アールジェイナカタ
    • 2009/10/31 9:06 PM
    ↑燃料が気体だと思えませんか?
    インジェクションから出た段階でシリンダー容量分の酸水素(気体)があれば何の問題もないはずですが?
    • ゆたぼー
    • 2009/10/31 12:14 PM
    酸素と水素をすって爆発して水蒸気になる。それが膨張排出時に冷却されて水になる。

    だから、エンジンとしては動くとおもうけどな。
    • q
    • 2009/10/31 4:10 AM
    ↑ラジコンの小さなエンジンを勉強すると参考になるよ。
    • 2009/10/30 9:49 AM
    おもしろいですね。
    眉唾と思わずに開発を進めてください。
    案外大化けするかも?
    • 2009/10/30 3:56 AM
    はじめまして。
    ぼくも今日「ワールドビジネスサテライト」でこの話を見ました。

    あやしいですよね〜(^^)

    「ガスの燃焼によって発生する発熱量は、もともとの電気分解に使ったエネルギーの2倍程度に達する」

    という記述を見てもっとビックリ!!

    これがホントならノーベル賞もののような気がするのですが。。。
    先ほどテレビ東京のWBSで紹介されtました。途中までは、新技術と思ってましたが、エンジンを回すのを見て、胡散臭さが濃くなってきました。吸気口を塞いでも回ってる様で、燃料に酸素が含まれているから燃焼する、と説明してました。燃焼はするかもしれませんが、作動流体はどこから入れるのでしょうか。燃料さえあればエンジンは回ると思ってる様ですが、大きな間違いです。
    • 2009/10/29 11:56 PM
    コメントする








        
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    PR

    calendar

    S M T W T F S
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031 
    << August 2018 >>

    閲覧者

    累計お客様数

    さわかみのつぶやき

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    • 日本株の反発は近い??!
      Wさわかみ (07/06)
    • 相場雑感 平成30年6月16日 メジャーSQ翌週の日経平均は上昇したが・・・
      Wさわかみ (06/17)
    • 誤った歴史は修正されなければならない
      zzz (11/28)
    • 電通社員過労死 GHQが作った影の戦後史とは?
      zzz (07/14)
    • 次回、お勧めのウォーキングスポットは、極楽
      Wさわかみ (05/28)
    • 名鉄の電車沿線ハイキングで、”車の歴史を学ぶトヨタ会館からとよた産業フェスタ”に行って参りました。
      Wさわかみ (09/25)
    • 次回お勧めのウォーキングスポットは、籠守勝手神社
      Wさわかみ (09/16)
    • 日経平均を使って1日3分で副収入を稼ぐ為の株式投資克服セミナーに行ってきた その1
      Wさわかみ (08/01)
    • 名鉄の電車沿線ハイキングで、”未知の体験!!一宮競輪場でバンクウォーキング!!”に行って参りました。
      たなか (05/17)
    • 次回お勧めのウォーキングスポットは、御菓子処 みつ雀 & 尾張ういろ布袋店
      たなか (05/11)

    recent trackback

    recommend

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM