初詣に塩竈神社へ行って参りました。

  • 2010.01.02 Saturday
  • 16:01
JUGEMテーマ:日記・一般

 冬休みに入って1週間、ろくに運動もしていないので、ウォーキングを兼ねて、近くの塩竈神社に初詣に行ってきました。
 小生、天白区に移り住んで長いので、おおよその位置は分っているのですが、それでも、看板がなければスムースにはたどり着けないです。
 神社の第二駐車場の隣の小さな公園に大小2つの石碑があり、「明治天皇八事御野立所」と「御統監之所 第三師團長仙波太郎謹書」と刻まれていました。
<御幸山公園にて>
 後で知ったのですが、公園は御幸山公園といい、前者の碑は、1890(明治23)年4月2日、陸軍大演習が行われた際に明治天皇がここで統監されたことを記念したものとのこと。その際に、音聞山(おとききやま)から御幸山(みゆきやま)と名称変更しました。後者の碑は、1913(大正2)年11月13日に陸軍特別大演習が行われた際、大正天皇がここで再び統監したことを記念したものでした。
 日露戦争(1904-1905年)は、2つの大演習の間に起こっています。
 小生は、仙波太郎から、吉本新喜劇の船場太郎を思い出して、近況を調べてみたら、教えて!gooにこんな質問を見つけました。
          木村すすむ(現博多淡海さん)、船場太郎さん何してるの?
 こういう時に、ネットの力を本当に実感しますね。
 で、ついでに、仙波太郎さんの方も調べてみました。どちらの太郎さんも、Wikipediaにありました。

 仙波太郎さんは、1855年6月5日に愛媛県生まれで、庄屋の長男です。安政の大獄(1858-1859年)の3年前ですね。

陸軍教導団を経て、1878年12月、陸軍士官学校(旧2期)を卒業し、翌年2月、歩兵少尉に任官し歩兵第8連隊付となる。1885年12月、陸軍大学校(1期)を優等で卒業。

 23歳で陸軍士官学校を、30歳で陸軍大学校をそれぞれ卒業しています。
 1887年、久松定謨(伊予松山藩主である久松家の当主)のフランス留学の輔導役として選任されるが、旧藩主には恩義もないため断り、代わりに秋山好古(旧松山藩士の子)が選ばれたそうです。ここで、仙波さんが輔導役を受けていたら、秋山好古のその後も変わってたんだろうね。

日露戦争中は、満洲軍総司令部と緊密な連絡を取り、清国内部における宣撫工作や情報収集活動(いわゆる諜報活動)に携わった。また、青木宣純大佐(北京公使館附武官)の隷下に、ロシア軍後方における破壊工作を行った特別任務班の活動にも大きな援助を与えた。しかし、(清国)駐屯軍司令官当時の仙波に関しては、現段階ではほとんど史料が無く(失われたか、未発見)詳細については不明である。

 1914年、第1次大戦時に第三師団長。師団長になったのは、59歳か。「御統監之所」の石碑は、1915年に建立させられたとあるから60歳の時の書か。
1916年8月に待命となり、翌年4月、予備役に編入された。シベリア出兵に伴い召集を受け、1918年8月から翌年4月まで留守第12師団長を務めた。のち、1920年5月から1924年1月まで、岐阜県選出の衆議院議員を務める。
 1929年2月19日、73歳で亡くなっています。

 以上は、参拝後、家に帰ってから暇にまかせて調べたことです。
 御幸山公園のすぐ近くに塩竈神社はあります。

<塩竈神社、この先は神域です>
 塩竈神社は、宮城県塩竈市にある陸奥国一宮の盬竈神社から、弘化年間(1844〜1848)に当時の愛知郡天白村の豪農と言われた山田善兵衛さんが御分霊を賜ったことに由来すると言われています。そういえば、山田商店という不動産屋や山田建材など近くに山田姓に由来する会社が多いかも?善兵衛さんの末裔の方が商売しているのかな?
<駐車場は上にあるので、この階段を上る人とは少ない>
 御祭神は鹽土老翁神(しおつちおぢのかみ)で「古事記」や「日本書紀」の中の海幸彦・山幸彦の神話や神武天皇の東征計画の神話などに登場します。製塩の技術を伝えたり、海路を司ったとされています。
 塩→潮→出産の連想からか、今では、名古屋で安産祈願と言えば、塩竈神社と言われています。
 駐車場には、誘導役の人が複数いましたが、小雨が降っていたこともあり、参拝者は数人と空いていました。
 今回ネットで自宅近くの寺社や旧跡について調査して、まだまだ知らないことが多いと痛感したのでした。2010年は、名古屋市交通局が開催する駅ちかウォーキングに、塩竈口駅〜八事駅の新コースを加えてもらいたいです。

                                                        以上

スポンサーサイト

  • 2019.10.23 Wednesday
  • 16:01
  • 0
    • -
    • -
    • -
    コメント
    コメントする








        
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
     筆者は昭和十八年十二月、憧れの海軍兵学校へ入校した。
    • ガラス瓶に手紙を入れて
    • 2010/01/04 3:43 PM

    PR

    calendar

    S M T W T F S
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
    << October 2019 >>

    閲覧者

    累計お客様数

    さわかみのつぶやき

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    recent trackback

    recommend

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM