今度は、何とか関連の小型株を買えじゃと。

  • 2007.07.06 Friday
  • 22:08
<持ち株>
本日、売買なし。TOPIXは1779.67(-8.49)、WS持ち株指数は1214(-21)でともに反落です。持ち株25銘柄中、値上がり6、値下がり16、変わらず3でした。1ドル123.23円、1ユーロ167.45円(19:09)。
米国10年債は、NY時間序盤に発表された米6月ADP雇用者数変化や、米6月ISM非製造業景気指数が事前予想を上回ったことなどを背景に、投資家の売り(金利は上昇)が活発化している。日本時間4:43現在、5.144%(前日比+0.107%)で推移。

<持ち株ニュース>
 安倍ちゃん、余計なこと言うなよ。選挙に勝つ積もりあるのかよ?消費税の話なんかして。
◇大口注文(東証・前場)新日鉄81万株、セブン&アイ18万株の売り越し  07/06 09:09
 東証1部の寄り付き前の大口成り行き注文で主な売越銘柄は、新日鉄81万株、セブン&アイ18万株、ホンダ15万株、野村10万株、NTTドコモ6190株、ヤフー470株、SBI220株。一方、買い越しでは、ソニー15万株、日本駐車場2290株、りそなHD1190株、三菱UFJ670株、グッドウィル270株が目立った。〔NQN〕

◇<東証>セブン&アイや伊勢丹が安い 首相の消費税発言重しに 07/06 09:55
(9時45分、コード3382、8238など)セブン&アイや伊勢丹といった小売関連株が安い。セブン&アイは朝方から下げて始まり、一時は前日比60円安の3540円まで下落した。伊勢丹は一時、前日比19円安の1974円まで下げた。「業態の成熟化が投資家心理の重しになっている。これを取り除く材料が出て業績が大きく回復するシナリオが見えない限り、株価が大きく上昇するとは考えにくい」(クレディ・スイス証券の木原桂アナリスト)との声が聞かれる。小売関連株ではイオン(8267)や高島屋(8233)も安い。
 5日、セブン&アイは3―5月期の連結営業利益が前年同期比1%減だったと発表した。弁当販売が振るわず、既存店売上高も1.4%の減少だったことが嫌気されている。
 5日夜、安倍晋三首相が日本テレビの番組に出演し「私たちは秋に抜本的な税制改正を行う。消費税を上げないなんてひと言も言っていない」と述べた。市場では「小売業界が明るくない中、悪材料視されやすい発言」(木原氏)との指摘があった。〔NQN〕

<日経>◇東合成をA−に格上げ・R&I  07/06 15:39
東亜合成(4045) 発行体=BBBプラスからAマイナスに変更(R&I)

<今日のNMS>
 今日は誰じゃ?見慣れん顔じゃな。機関投資家じゃな。

Q.きょうの予想レンジは1万8,140円〜1万8,290円、きょうはどうですか?
A.日経平均は1万8,300円を超えてきますと上昇が加速する可能性があります。ただきょうはその一歩手前でもみ合う展開だと思います。ポイントは為替の動向です。特にドル/円相場を見ると、過去に122円という水準を何度もはね返されています。122円台をキープしまして、またドル高に向かう状況だと引き続き株式市場でも輸出関連が活躍しやすいと思います。   今日は80円もさげたぞ。1万8300円は遠いなあ。米国の景気指標は強いし、栄ちゃんには悪いが、やはり、ドル高じゃよ。

Q.売買代金が盛り上がってきませんね。
A.最近は1日あたりの売買代金が2兆円ちょっとという水準です。非常に薄商いです。こういった状況だと大型株が活躍しにくいです。実際、規模別の株価指数を見てみると大型株よりも小型株の方が指数的に良くなってきています。特に参議院選挙が終わるまでは原発関連や環境関連です。
 小型株には、割安なものが沢山あるぞ。わしも6/18にASTI(6899)を買っておいたが、最近、動意づいてきたぞ。

きょうのツボは「七夕で薄商いでも上がる株」です。

 「コクワガタ」−「クワ」=「コガタ」、ダジャレかよ!!
小型株が活躍しやすい地合いだと思います。

<非持ち株ニュース>
 勤務時間中にブログを閲覧できないパソコンは導入したらいかんよ。
<日経>◇大和証券、記憶装置ないパソコンを全面採用・NECから1万台  07/06 01:30
 大和証券グループ本社は個人情報などの流出を防ぐため、記憶装置を持たないパソコン「シンクライアント端末」を全面採用する。NECから1万台程度を購入し、社内のパソコンのほぼ全量を、厳格な情報管理が可能な同端末に置き換える。大企業が同端末を全面採用するのは初めてで、企業や自治体で導入の動きが広がる可能性がある。
 まず今秋までにNECから1500台を購入。持ち株会社の大和証券グループ本社と、傘下の事業会社の大和証券のオフィスに導入する。今後3年かけて117カ所の国内支店も含め1万台のパソコンを置き換える。総投資額は数十億円規模の見通し。
 シンクライアント端末は記憶機能を持たず、高速通信網で結ばれたデータセンターで情報を一元管理する。このため端末を持ち出したり紛失したりしても情報が外部に流出しない。大和証券は株取引など機密性の高い個人情報を多く取り扱っており、同端末の採用で流出を未然に防ぐ。
 耐震性の高いデータセンターで情報を管理するため、地震などの災害時でも情報喪失を防げ、迅速な復旧が可能になるとみている。
 同端末はNECや日立製作所などパソコン各社が自社オフィスで数万台規模で導入。サイバーエージェントなど一部企業や東京都江東区など地方自治体でも採用が進むが、1台当たりの導入費用が20万円程度と高く、試験導入の色合いが濃かった。信頼性が求められる証券会社が全面採用することで、他の企業でも導入の動きが広がりそうだ。

<経済指標>
来週の外為市場、8月日銀利上げ観測に手探りへ 2007年07月06日20時54分
[東京 6日 ロイター] 来週の外為市場では、日銀の8月利上げ観測や今後の利上げペースへの感触が焦点となりそうだ。利上げペースが早まることになれば、久々に円売りの地合いが弱まるとみられるからだ。
 また、6日発表の6月米雇用統計が強い数字を示せば、ドル買い戻しが予想され、目先の買い材料がほぼ出尽くしたユーロより選好される可能性もある。予想レンジはドル/円が122.00─124.00円、ユーロ/ドルが1.3380―1.3680ドル。

<8月利上げへの地ならしに関心>
 前日銀理事(国際担当)の平野英治トヨタファイナンシャルサービス・エグゼクティブバイスプレジデントは4日、ロイターのインタビューに応じ、日銀の利上げについて、必ずしも8月まで待たなければならない根拠はないとの認識を示し、7月利上げの可能性を否定しなかった。
 しかし、市場の大勢は8月利上げを織り込んでいる。ある邦銀関係者は「来週の決定会合で、例えば政策委員の何人かが(金利据え置きに)反対票を投じるなど、8月利上げに向けどう地ならしするか注目している」という。そのうえで「利上げのペースが年度内2回の観測から3回になれば、市場全体に影響がある」と話している。
 福井俊彦日銀総裁は6日、支店長会議の冒頭であいさつし、当面の金融政策運営について「経済・物価情勢を丹念に点検しながら、金融政策を適切に運営することを通じて、物価安定のもとでの持続的成長の実現に引き続き貢献していく」との方針をあらためて示した。
 消費者物価(CPI、除く生鮮食品)についても「前年比は、目先、原油価格反落の影響が残ることなどからゼロ%近傍で推移するとみられるが、より長い目でみると、プラス基調を続けていく」との判断を維持した。特に目新しいことは発言しておらず、市場でも予想通り8月利上げに踏み切るのかを汲み取ることができなかっただけに、12日の金融政策決定会合後の総裁会見が注目される。
 12日は参院選の公示日でもある。「消えた年金問題」で与党惨敗の観測も浮上しており、政治日程と利上げ時期が微妙に絡むため、金融政策への影響を懸念する声もある。

<米雇用統計の内容次第でドル買い戻し>
 米供給管理協会(ISM)が5日発表した6月の非製造業景気指数が予想以上に上昇し(60.7でした)、約1年ぶりの高水準になったことから、米連邦準備理事会(FRB)による年内利下げ観測が後退した。これを受け、ドルは前日の海外市場で他の主要通貨に対し大きく買い戻された。また、6月のADP全米雇用統計・民間部門雇用者数が予想を上回る15万人増となった。
 このため、市場では6月米雇用統計・非農業部門雇用者数も、予想以上に増加するとの期待感も出ている。ロイター調査によると、6月米雇用統計は、非農業部門雇用者数の順調な伸びを示すと予想されている。エコノミスト予想は12万人増。5月は15万7000人増だが、下方修正されるとみられている。
 ある大手証券関係者は、雇用統計をみないと9日から始まる週の見通しを立てられないとしている。予想を上回る数字が示されれば、サブプライムモーゲージ(信用度の低い借り手への住宅融資)をめぐる問題などによるドルにとってのマイナス材料を薄め、ドル上昇ペースが早まる可能性もある。

<米小売売上高で消費意欲確認>
 6月に発表された5月の米小売売上高は前月比1.4%増と、2006年1月以来の伸び率となった。ガソリン価格上昇にもかかわらず、自動車、衣料、建設資材の売上高が大幅に増加した。住宅市場の低迷とエネルギーコストの上昇に直面しつつも、米消費が上向いていることの裏付けが示された。
 6月米雇用統計と13日発表の6月米小売売上高が予想を上回れば、欧州中銀(ECB)理事会など買い材料が出尽くしたユーロよりもドルが選好されるとみられる。週末にかけてのユーロの値動きは、対円では連日最高値を更新したが、対ドルでは弱含んだ。
    以上

スポンサーサイト

  • 2017.08.23 Wednesday
  • 22:08
  • 0
    • -
    • -
    • -
    コメント
    コメントする








        
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    PR

    calendar

    S M T W T F S
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
    << August 2017 >>

    閲覧者

    累計お客様数

    さわかみのつぶやき

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    • 電通社員過労死 GHQが作った影の戦後史とは?
      zzz (07/14)
    • 次回、お勧めのウォーキングスポットは、極楽
      Wさわかみ (05/28)
    • 名鉄の電車沿線ハイキングで、”車の歴史を学ぶトヨタ会館からとよた産業フェスタ”に行って参りました。
      Wさわかみ (09/25)
    • 次回お勧めのウォーキングスポットは、籠守勝手神社
      Wさわかみ (09/16)
    • 日経平均を使って1日3分で副収入を稼ぐ為の株式投資克服セミナーに行ってきた その1
      Wさわかみ (08/01)
    • 名鉄の電車沿線ハイキングで、”未知の体験!!一宮競輪場でバンクウォーキング!!”に行って参りました。
      たなか (05/17)
    • 次回お勧めのウォーキングスポットは、御菓子処 みつ雀 & 尾張ういろ布袋店
      たなか (05/11)
    • 塩野七生さんの本は歴史の教訓がいっぱい
      たなか (05/09)
    • 次回お勧めのウォーキングスポットは、無量寿寺・八橋かきつばた園
      たなか (05/05)
    • さわやかウォーキングで、”藤棚の香りに包まれ、新緑の名古屋城を巡る”に行って参りました。
      たなか (05/01)

    recent trackback

    recommend

    国士鼎談
    国士鼎談 (JUGEMレビュー »)
    倉山満,中丸ひろむ,江崎道朗

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM