藤巻健史さんは、日米株価に強気じゃ。

  • 2007.07.11 Wednesday
  • 21:47
<持ち株>
本日、売買なし。TOPIXは1767.72(-21.48)で続落、WS持ち株指数は1238(-59)で反落です。持ち株25銘柄中、値上がり3、値下がり21、変わらず1でした。
 前日のNY株の下げを受けて、東証は安く始まって、小幅な値動に終始しました。そんななか、昨日、大きく上げたASTI(6899)は、今日もわずかながら逆行高です。
 1ドル121.41円、1ユーロ167.10円(20:49)。
07月11日 21時24分 米長期金利の動向に一喜一憂の展開続く=11日欧米外為 市況速報 通貨全般
11日欧米外為はレンジ内で膠着。
米国のサブプライム住宅ローン問題に不安感が残る中で、米国の債券先物や株式先物市場の動向に一喜一憂する展開が続いている。
21:20時点で米債先物での米長期金利は低下が一服。5.017%と再び5%台を回復してきた。それが対欧州通貨や対円でのドル安一服と、ドル/円、クロス円での円高一服の一因となっている。
21:20時点、ドル/円は121.60-65円、ユーロ/円は167.35-40円、ユーロ/ドルは1.3755-60ドル。

<持ち株ニュース>
あすなろ学院運営の東北ベストスタディ 早進ゼミを買収 河北新報
東北ベストスタディは学習研究社(東京)の子会社で、仙台、名取、岩沼、富谷の3市1町であすなろ学院計30教室を運営する。生徒数は約3500人。仙台圏では、今月下旬に大手学習塾の秀英予備校 (静岡市)が進出するなど、学習塾の競争が激しさを増している。

<今日のNMS>
 今日のゲストは、今の円安を見事に予測した藤巻さんじゃな。今日は株の予想じゃ。
フジマキ・ジャパン 藤巻 健史氏
Q.日米ともに今後も株高は続くと見ていらっしゃるようですが、アメリカ株については懸念材料も多いと言われていますが
A.この数年間を見ましても雇用、利上げ、不動産バブル、最近ではサブプライムローンがあります。しかしその一方でアメリカ株は市場最高値をどんどん更新していました。これだけ史上最高値を更新してきたことは、アメリカ人が様々なリスクを勘案しながらも、やはりアメリカ経済は全体的に強いと買ってきたのです。リスクシナリオというのは起こる可能性が低いからリスクシナリオなので、やはり投資を考える上ではメインシナリオで考えなければいけないのです。  そのとおりじゃ。
今後のアメリカ経済は軟着陸すると思います。軟着陸というのは日本人のイメージだと失速しなくて良かった程度のイメージしかないのです。しかし軟着陸というのはゴールデンシナリオなのです。株や経済の持続性が増すということなのです。  もと適切な言葉を作らんといかんな。95年以降の株価急上昇の再現じゃな。

Q.日本のマーケットも引っ張り上げてもらえる可能性が高いと
A.私はそう思います。アメリカ経済にくっついていくと思います。また世界経済は強いです。日本人はあまり印象がないかもしれませんが、30年ぶりの高成長です。そう考えれば日本株も上がらざるを得ないと思います。そうするとアメリカの経済が失速するとか、中国の経済が失速すると話す人もでてきますが、それはリスクシナリオなのです。 そうかそうか。今日の下げは絶好の買場じゃな。
    以上

スポンサーサイト

  • 2019.10.23 Wednesday
  • 21:47
  • 0
    • -
    • -
    • -
    コメント
    コメントする








        
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    PR

    calendar

    S M T W T F S
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
    << October 2019 >>

    閲覧者

    累計お客様数

    さわかみのつぶやき

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    recent trackback

    recommend

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM