みなさん、原田武夫ってご存知?講演を聴いてきました。

  • 2007.07.22 Sunday
  • 21:26
<海外相場>
 今週の東証の寄り付きは大きく下げてはじまるんでしょうけど、これも米系ファンドが日本株を安く仕入れるための仕掛けなんだろうか?原田武夫氏の講演会(セミナー)を聴いた直後なので、すべて米国の「奥の院」(建国以来続く少数のパワーエリート達)の陰謀に思えてきます。
07月21日05時37分日経先物、大証終値から下落=20日シカゴCME市場市況速報通貨全般
シカゴ日経平均先物(9月限)は、17950円(前日比-245円)で本日の取引を終了。20日の米国株が大幅下落となったこと等を受けて投機筋の売りが強まり、大証終値18180円から値を下げる展開となった。

07月21日05時19分NYダウ、大幅反落=20日米国株式市場市況速報通貨全般
NYダウ終値13,851.08(前日比-149.33)、NASDAQ終値2,687.60(前日比-32.44)
20日の米国株は、サブプライムローン問題などが懸念される中、ポジション調整売りが活発化し、NYダウ/NASDAQともに反落する展開となった。

07月21日01時18分米債券利回り、低下=20日米国債券市場市況速報通貨全般
米国10年債は、サブプライム住宅ローン問題が懸念されていることや、20日の米国株が大幅反落していること等を背景に、投資家の買い(金利は低下)が活発化している。
日本時間1:14現在、4.937%(前日比-0.079%)で推移。

原田武夫国際戦略情報研究所
 小生がこの研究所のブログを知ったのは、自宅でインターネットを始めてからなのでここ6ヶ月のことです。テレビや新聞では聴かない内容なので、時々、読んでいたんですが、名古屋で無料講演会があるというので、今日、行ってきました。
 7/16に申し込みをしたら、7/17には、こんなメールが返信されてきました。
この度は7月22日(日)開催「原田武夫無料学習セミナー(名古屋)」に御申込みいただき、誠にありがとうございます。
第一次応募は締め切らせて頂いておりましたが、キャンセルが弱冠ございましたので、「原田武夫無料学習セミナー(名古屋)」の入場券を下記のとおりお送り致しました。ご確認ください。(別添にても同入場券をお送りしております。)
また、この度は定員を大幅に超えるお申込みを頂いたため、急遽、二部制をとらさせて頂くことと致しました。
本入場券は、「名古屋セミナー【第一部】」御出席の皆様方にお送り致しております。

 無料のセミナーでわざわざキャンセルを伝える人がいるんだろうか?何か、売りつけられるんではないだろうか?などなど疑問・不安がいっぱいだったんですが、とりあえず参加してきました。今でも、あの後、本当に第二部が開催されたのか疑いを持っていますが。
 本(下に示します。小生は未読。購入もしていません。)とかメールマガジンなどの宣伝は多少あったんですが、セミナー自体は非常に熱の入ったものでした。場所代も人件費もかかるわけだから、あの程度の宣伝はしょうがないでしょう。その場の本の売り上げだけでは元はとれないですよ。メールマガジンの会員になってもらわないと。
 アマゾンの書評を読むと、本の内容と講演内容は重なるところがあるようなので、書評も参照してみてください。講演は、北朝鮮問題やイラン問題から始まり、金融資本主義化した世界における米系ファンド(米国政府と一体)の戦略、米国に騙されないために日本の個人投資家が成すべきこと(俺の有料のメールマガジンを買えってことでしょうが)についてでした。こんな情報には個人はお金を払わないわけで、三角合併解禁後の具体的な戦略について米系ファンド(越境する投資主体)の視点から、その手口を解説しておりました。しかし、この手口を無料で全部しゃべっちゃったら、有料で買っている人は今後買わなくなってしまうので、具体的にどの株をいつ買えとはおしゃらなかったですよ。当然。
 米国は終戦後(1947年:冷戦開始の年)に日本において蒔いた種を、60年後の今、刈り取りにはいるために郵政民営化など環境を整えてきたんだそうです。
(1)米系ファンドは、今年の秋から日本株を買ってきて、3〜4年で高くして、その後、売り抜けるんだそうです。三角合併解禁で技術力のある日本企業が買われてしまうとはよく言われていたんですが、買われる株は、内需株の小売、銀行、建設、不動産などで、輸出産業ではないとも。
(2)9月なかばには為替の潮目も変わる。FXなんかやっている場合ではないとも。FXは円安・円高どちらに動いても儲けられるんだから、何故、やってはいけないのか小生には理解できませんでした。
(3)2011〜13年には上海バブルも崩壊するそうです。この意見は、巷間言われている2010年の上海万博までは中国経済は大丈夫だとの見方と一致するんでしょうね。
(4)あと、米国大統領にはヒラリー・クリントンがなるだとか。参議院は与野党逆転。安倍さんはやめない。年末に衆議院解散・総選挙。小泉さんが加藤紘一と組んで自民党から経世会を追い出して政界再編だとかもう言いたい放題でした。
 この日記で今回聴いた予想がどこまで当たるかしっかり検証していいきます。原田武夫とは、個人投資家に情報を売りつける単なる商売人なのか?情報リテラシーを備えた個人投資家を育てたいと考える愛国者なのか?今は小生にも分かりません。だから、有料のメールマガジンは買わないし、有料のセミナーにも参加しません。本ぐらいは、ブックオフでなら買ってもいいかな。
 なんだか、広瀬隆の本に出てきそうな話でもあり、ユダヤによる世界征服の陰謀話にも似ているし。どこまで信じていいのやら小生には分かりましぇん。ただ、本当に、外務省には変人が多いね。これだけは自信を持っていえます。
仕掛け、壊し、奪い去るアメリカの論理 ~マネーの時代を生きる君たちへ~  -原田武夫の東大講義録-
仕掛け、壊し、奪い去るアメリカの論理 ~マネーの時代を生きる君たちへ~ -原田武夫の東大講義録-
原田 武夫
                            以上

スポンサーサイト

  • 2019.09.19 Thursday
  • 21:26
  • 0
    • -
    • -
    • -
    コメント
    原田武夫氏は怪しい人材ですね。
    彼は国の天下り組織の人間ではないでしょうか。
    ホームページの作り方がいかにも怪しい。
    みなさん騙されないように気をつけましょう。
    あくまでま私の人を見抜く主観ですが、コメントできないのも腑に落ちないです。おそらく政府の引退した人とつるんで儲けているのでしょう。
    • 立花舞
    • 2019/07/24 7:05 AM
    買わない方がいいですよ。彼の分析はめちゃめちゃだから。
    • IISIA元社員より
    • 2010/03/17 1:09 AM
    コメントする








        
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    PR

    calendar

    S M T W T F S
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    2930     
    << September 2019 >>

    閲覧者

    累計お客様数

    さわかみのつぶやき

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    recent trackback

    recommend

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM