必要のない残業をして残業代を稼ぐ人もいれば、残業しても残業代を支払ってもらえない人もいる

  • 2011.03.21 Monday
  • 11:23
JUGEMテーマ:日記・一般
<読書日記>
 今年21冊目、「使い捨て店長」(佐藤 治彦著)を読了しました。
 この本も予約した本の順番がまだ回ってこないものですから、天白図書館の今日返った本コーナーで見つけて借りました。
 月80時間、100時間サービス残業してもらえるのなら、どんな無能な経営者でも儲けを出すことはできるだろう。こんなやりたい放題の企業と競争させられては、法令を遵守しているまともな企業が潰れてしまう。
 大庄は時間外労働を強いたわけではないと言っているが、残業というのは上司の命令があってやるべきもので、自主的にやるものではないのだ。そんな幼稚な言い訳を言うような経営者は首にすべきだろう。
 ヤフー・ファイナンスによると大庄の平均年収は3980千円(40.0歳)。同じ居酒屋チャーンのコロワイドは3530千円(36.0歳)なので、そんなに大差があるわけではない。ちなみに、牛めしの松屋フーズは5040千円(32.7歳)で100万円以上も高い。


目次
第1章 激安労働力の餌食となるチェーン店の店長
第2章 チェーン店の店長になるには?―フランチャイズに流通する“カネの正体”
第3章 フランチャイズ店長の過酷な実態
第4章 現代の奴隷制度=「雇われ店長」
第5章 モラルハザード化する労働現場の実態
終章 激白!現役マクドナルド店長・高野廣志氏

                                      以上

スポンサーサイト

  • 2019.12.14 Saturday
  • 11:23
  • 0
    • -
    • -
    • -
    コメント
    コメントする








        
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    PR

    calendar

    S M T W T F S
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031    
    << December 2019 >>

    閲覧者

    累計お客様数

    さわかみのつぶやき

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    recent trackback

    recommend

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM