さわやかウォーキングで、”織部の里公園と歴史の高山城跡の散策”に行って参りました。

  • 2011.11.23 Wednesday
  • 20:44
JUGEMテーマ:日記・一般
<旅日記>
 きょうは、新嘗祭で会社が休みなのですが、明日は休みではないので、比較的近場のさわやかウォーキングに出かけることにしました。
 鶴舞駅から7:54発の中津川行き快速に乗りました。快速電車は、千種、大曽根、勝川、春日井、高蔵寺、多治見の順に停車し、土岐市駅には8:32に到着しました。
 土岐市駅(ときしえき)は、岐阜県土岐市泉町久尻にある、東海旅客鉄道(JR東海)中央本線の単式ホーム1面1線と島式ホーム1面2線、計2面3線のホームを持つ地上駅です。
 3番ホームに降り、跨線橋を渡って、改札を通って、駅舎を出たところで、いつものウォーキングマップ土岐商業高校生が作成したマップを受け取りました。さらに地下道の前でコメダ珈琲店のティッシューも受け取りました。
 それでは、この方の曲を聞きながら、田中邦衛さんの出身地土岐市をウォーキングしましょ。

<セラトピア土岐・美濃焼直営店”陶土う庵”にて>

 ウォーキングに出かけるときは、電車の中で読むための本をいつも持っていきます。きょうは、松岡正剛さんの世界と日本をめぐる人間文化に関する本でした。行きの電車で読み終えることができず、織部焼の産地を訪れた帰りの電車で、続きを読んでいたら、P332に”バロックの織部”という項があって、びっくりしたのでした。
 古田織部は二十代で信長に仕えた武将で、その後、秀吉の家臣となります。四十歳前後で利休に出会い、じきじきに茶の湯の道を伝授されます。利休が死に、秀吉も亡くなり、徳川の世になって将軍家の茶の湯の指南係として登用されます。織部はそれまでの価値観でいえば、「壊れもの」とか「損ないもの」とよばれるようなダメ茶碗を、わざわざ作らせて茶会で披露したんです。そしたらこのゆがみ茶碗が、たちまち茶人たちのあいだで噂になって、賞賛を受けたのです。
 織部はさらに、美濃の陶工たちを指導して、茶碗の表面に大胆な絵柄をつけた茶碗を発表していきます。そのデザインの斬新さ、大胆さは驚くべきもので、ピカソやミロに匹敵するとまで正剛さんは書いています。
 今日のコースは以下のとおりです。
 
土岐市駅(スタート08:30)・・・・・・織部の里公園(久尻元屋敷窯跡)・清安寺・美濃陶磁歴史館・段尻巻古墳・乙塚古墳・・・・・白山神社・・・・・・・・・南宮神社・穴弘法・・・高山城跡・・・・慈徳院・高山公園・・土岐商ショップ・・セラトピア土岐・・・土岐市駅(ゴール11:05)    距離約9.2km

◇ポイント
 土岐商業高校生が作成したコースマップを当日配布します。
  穴弘法は高山城跡の崖に掘られた穴と石仏群で、地元では紅葉のスポットとして知られています。


より大きな地図で 可児・瑞浪・土岐 を表示


                                                           以上

スポンサーサイト

  • 2020.07.14 Tuesday
  • 20:44
  • 0
    • -
    • -
    • -
    コメント
    管理者の承認待ちコメントです。
    • -
    • 2014/10/28 5:10 PM
    コメントする








        
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    PR

    calendar

    S M T W T F S
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031 
    << July 2020 >>

    閲覧者

    累計お客様数

    さわかみのつぶやき

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    recommend

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM