朝田寺で弘法大師が彫った地蔵菩薩を鑑賞して参りました。さわやかウォーキング

  • 2007.12.02 Sunday
  • 21:06
JUGEMテーマ:日記・一般

<旅日記>
 今日のJR東海のさわやかウォーキングは、「ミステリーウォーキング Part-」でありまして、出発駅が紀勢本線徳和駅としか分かりません。
 名古屋駅7:50発の4両編成の快速みえ51号で、桑名、四日市、津、松阪の順に三重県を南下し、次の徳和駅に9:05に臨時停車しました。改札口まで行くのにひと苦労するほどの混雑です。ここでもらったコース図には、朝田(ちょうでん)寺までのルートしか書いてなくて、続きのコース図は朝田寺で受け取ります。そこまで凝る必要があるんですかね?手間暇もかかるし。
<普段は無人駅?>
 駅の近くの道では、こんなに行列が続いていました。徳和駅から約3kmのところにある朝田寺を目指します。
<ゲルマン民族の大移動>
 奈良時代の神護景雲4年(770)7月24日の暁、この地の豪族”練公長者(ねりぎみのちょうじゃ)”が、川に浮かんでいた大木を地蔵菩薩が授けた霊木と感得し、家に持ち運んだそうな。37年後の大同2年(807)に、伊勢参りの途中の弘法大師・空海が、豪族宅を訪れ、この霊木で地蔵菩薩像を彫ったと伝えられておるんじゃ。この地蔵菩薩立像が朝田寺の本尊で国の重要文化財に指定されておる。当寺では、練公長者を開基、弘法大師を開祖としておるのじゃ。朝田寺には平安時代作の仏像15体があり、歴史の古さを物語っておる。
<参道からみた朝田寺山門です>
 今日は、地蔵菩薩や曽我蕭白の唐獅子図などが特別公開されていました。小生、有料施設はパスすることも多いのですが、拝観料が200円(通常は300円)とお手頃だったのと、今日のメインは朝田寺のような気がしたので、拝観することにしました。
 やはり、拝観して正解でしたよ。撮影禁止だったので画像はありませんが、リンクでその一部をご覧ください。
<朝田寺本堂です> 
 次は、朝田寺から4.6kmの安楽寺(安楽天神)に向かいます。
 寺の参道には、守屋武昌の拘置所暮らしを予言していたかのようなありがたいお言葉が掲げてありました。
<わしが映っている>
 天神様なので、狛犬のかわりに牛なんだとか
 次は、ゴールに近い神山一乗寺に向かいます。
<安楽天神です>
 途中、飯野高宮 神山神社がありましたが、”この神社はコースではありません”とのJR東海による表示があります。ご祭神は、猿田彦命と天鈿女命(アマノ ウズメ ノ ミコト)」だそうです。小生は、学校教育で日本神話を教えてもらえなかった世代ですが、猿田彦命が日本書紀にでてくる超有名な神さまであることぐらい知っています。
 何故、JR東海は、この神社をコースからはずしたのか?謎です。JR東海のなかの極左勢力の陰謀か? 小生、なんとしてもこの謎を解明するために、本来のコースをはずれ参道をとおり拝殿に向かいました。
<神山神社です。参拝しちゃいかんのか?>
 ”ははーん。分かりましたよ。JR東海は、さわやかウォーカーのことを考えて、断腸の思いで、由緒正しい神山神社をコースから外したんですよ。JR東海さん、ありがとう。君たちの意図は理解したよ。”
では、今度こそ、神山一乗寺に向かいます。

<神山一乗寺の山道、きついっす>              <一乗寺本堂です>
 南北朝時代に、北畠氏の要地としてこの地に神山城がおかれ、そのすぐ東側に一乗寺が建立されたんだそうです。
<今、登った神山と櫛田川です>
 櫛田川可動堰を渡ると、多気駅はもうすぐそこです。
<可動堰の上を歩きます>
 多気駅には、11:47にゴールしました。快速が停まる駅にしては、淋しいです。まあ、単線ですからね。ゴールの受付では、15個目のはんこを押してもらい、踏破賞バッジをいただきました。ときどき、リュックサックにバッジをたくさんつけた誇らしげなウォーカーを見かけるのですが、小生もやっとひとつ手に入れることができました。

            <ゴールの多気駅です>              <金日成バッジより欲しかったんだ>
 30分ぐらい待って、多気駅12:19発の快速みえ10号に乗り、定刻どおり13:39に名古屋駅12番線に到着しました。
 今年のさわやかウォーキングも残り少なくなってきました。残り少ない機会を大切にしましょう。では、みなさん、ごきげんよう。

 ”ええ、JR東海が神山神社をコースから外した理由を教えろ”って。明日にでも、自分の目で確かめに行ってください。でも、もしリクエストが多数あれば、次の旅日記で教えてあげてもいいよ。         以上

スポンサーサイト

  • 2020.04.03 Friday
  • 21:06
  • 0
    • -
    • -
    • -
    コメント
    コメントする








        
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    PR

    calendar

    S M T W T F S
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    2627282930  
    << April 2020 >>

    閲覧者

    累計お客様数

    さわかみのつぶやき

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    recommend

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM