相場雑感 平成29年5月7日 Stocks climb a wall of worry.

  • 2017.05.07 Sunday
  • 11:28

JUGEMテーマ:日記・一般

<今週末(5/2)のWS持ち株指数>
 TOPIXは1550.30、先週比+18.50、WS持ち株指数は+2236、先週比+25でともに3週続伸です。持ち株18銘柄中、現値(5/2)が購入価格を下回っているのは、1銘柄増えて7銘柄です。りそなHDが沈みました。WS持ち株銘柄の週間値上がり率トップ3は、曙ブレーキ工業(+2.81%)、トヨタ自動車(+1.79%)、古河電気工業(+1.79%)、ワースト3は、りそなHD(-3.50%)、東亞合成(-1.53%)、ASTI(-1.29%)でした。1ドル112.784円、1ユーロ123.984円、1ユーロ1.09931ドル(5/5NY終値)。

 

<相場雑感 平成29年5月7日 Stocks climb a wall of worry.>
 5月2日の日記に「(日経平均は)月曜はギャップアップして始まりそうな予感がする。」と書いたが、本当にそんな展開になってきた。最後の仕上げに、仏大統領選でマクロン氏に勝ってもらわなければいけないが。
 5月2日の日経平均現物の終値が1万9455円70銭、CME日経平均先物の5月5日終値が1万9720円だから265円程度ギャップアップして始まりそうだ。マクロン氏の勝利でさらに窓を広げるだろう。
 前にも書いたが、小生は日経平均CFDを8時半(取引開始)から現物市場が始まる9時の間の安いところで買って、10時頃までに売り抜けるトレードが好きなのだ。もちろん、買値よりも下がってしまうこともあったが、良い決算発表が多そうなので短・中期的には上昇するというシナリオに乗って、損切りしないで、新しい建玉を増やしていた。


 転機は、4月24日早朝(日本時間)に判明した仏大統領選の第一回投票結果だ。まだ、第二回投票も残っているし、地政学的リスクもあり、不安がすべて解消したわけではないが、リスクは小さいと市場は判断した。ここから、株価は不安の壁を駆け上がって行ったのだ。
 連休中の上昇で、全部の建玉が含み益に転換したので、ここからは、やれやれ売りを禁止して、利を伸ばす時だ。月曜の寄りにも買い増しもしたい。5月中に日経平均は2万円を軽く越えていくだろう。

 小生の今の一番の心配事は金氏朝鮮の暴発ではなく、5月10日に発表されるトヨタ自動車の決算だ。安全策で行くなら事前に売却してしまうのがいいんだが、多少悪い決算だったらすでに折り込んでいるような気もするし迷っている。株は買い時よりも売り時が難しいのだ。

 まあ兎に角、早く月曜日来い。こんなに長い休みは、お盆と正月だけで十分だ。日本人に必要なのは長い連休ではなく、効率よく仕事して定時で帰ることだ。

 

以上

スポンサーサイト

  • 2019.10.23 Wednesday
  • 11:28
  • 0
    • -
    • -
    • -
    コメント
    管理者の承認待ちコメントです。
    • -
    • 2017/05/07 1:46 PM
    コメントする








        
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    PR

    calendar

    S M T W T F S
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
    << October 2019 >>

    閲覧者

    累計お客様数

    さわかみのつぶやき

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    recent trackback

    recommend

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM