相場雑感 平成29年6月25日

  • 2017.06.25 Sunday
  • 16:02

JUGEMテーマ:日記・一般

<今週末(6/23)のWS持ち株指数>
 TOPIXは1611.34、先週比+15.30、WS持ち株指数は+2585、先週比+77でともに2週続伸です。持ち株17銘柄中、現値(6/23)が購入価格を下回っているのは9銘柄です。WS持ち株銘柄の週間値上がり率トップ3は、デクセリアルズ(+10.26%)、東亞合成(+7.56%)、丸文(+3.67%)、ワースト3は、JXTGHD(-2.54%)、オーハシテクニカ(-1.20%)、曙ブレーキ工業(-1.16%)でした。1ドル111.292円、1ユーロ124.591円、1ユーロ1.11944ドル(NY終値)。

 

<相場雑感 平成29年6月25日>
 昨日は、サンワード貿易(株)主催、荒野浩氏講演の「株式市場に眠る「宝の山」を語る」というセミナーに行ってきました。その後、荒野さんと藤戸さんの見解を再検討したところ、お二人は反対のことを言っているわけではないということが判明しました。

 まずは、荒野氏の見解から。

_甬遑看間、3週間以上連続して20日移動平均線を越えられなかった調整局面は1年に2回しかない。今年は3/22〜4/21が1回目の調整局面だ。

■僑案移動平均線が上向いている間は、大きな下げにはならない。

9眞佑12月に付ける。根拠はメモし忘れたが、株価が企業業績に1四半期遅行する性質と関係していたと思う。

 次に、藤戸氏の見解から。

.螢好イベントの反騰相場は約2ヵ月続く。だから、仏大統領選第一回投票(4/23)を起点とする反騰相場はもうそろそろ終了する。

■況遑噂機■化気罰姐饋佑売り越しており、これから夏に向けて調整がくる。

 どうですかね。お二人の見解は対立しているわけではないでしょ。

 小生の結論、

。僑案移動平均線は上向いており、

⇒莉気惑枦金の再投資があるし、月初はファンドのニューマネーの流入が期待できる。

 ということで、7月1週までは今の投資戦術を継続するつもり。楽しみ。

以上

スポンサーサイト

  • 2019.12.14 Saturday
  • 16:02
  • 0
    • -
    • -
    • -
    コメント
    コメントする








        
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    PR

    calendar

    S M T W T F S
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031    
    << December 2019 >>

    閲覧者

    累計お客様数

    さわかみのつぶやき

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    recent trackback

    recommend

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM