エコカーって怪しいことだらけ

  • 2019.05.03 Friday
  • 12:22

JUGEMテーマ:日記・一般

<読書日記>
 平成31年14冊目、「VWの失敗とエコカー戦争 日本車は生き残れるか」(香住 駿著)を読了しました。この本は、天白図書館に行った時、今日帰った本が置いてある可動棚で「世界史で学べ!地政学」と一緒に見つけて借りました。

 日本って、ガソリン車やめなくちゃいけないほど、大気汚染ひどいかな?それとも、温暖化ガスである炭酸ガスの排出量を抑制するためなのか?であれば、EVは原子力発電と組み合わせてこそ意味がある。

 この本を読んでも解消されなかった疑問は以下のとおり。

・EVになると部品点数がガソリン車の3分の1になるのに、どうして価格下がらないんだよ。

・クーラーを使用するとEVの蓄電池量が急激に減ることは多くの人が知ってるけど、北欧のような寒冷地でEVを使うと、社内やイスを温めるのに、電熱器を使って温めるんだぜ。電費はどうなるんだろう?

・トヨタやホンダの燃料電池車って水素を使ってるけど、メタノールやエタノールではダメなの?バイオエタノールで走る燃料電池車はどうして消えたの?


目次

 

第一章 VWの落ちた陥穽
第二章 カリフォルニア発「エコカー戦争」
第三章 日本の自動車産業一極依存の現状
世界の自動車業界地図
第四章 自動車メーカーの分析と次世代エコカー戦略
第五章 未来の自動車産業地図


以上

スポンサーサイト

  • 2019.10.23 Wednesday
  • 12:22
  • 0
    • -
    • -
    • -
    コメント
    管理者の承認待ちコメントです。
    • -
    • 2019/05/04 12:13 AM
    コメントする








        
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    PR

    calendar

    S M T W T F S
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
    << October 2019 >>

    閲覧者

    累計お客様数

    さわかみのつぶやき

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    recent trackback

    recommend

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM