インターネットがあればテレビはいらない

  • 2019.05.11 Saturday
  • 12:51

JUGEMテーマ:日記・一般

<読書日記>
 平成31年16冊目、「財務省人事が日本を決める」(山村 明義著)を読了しました。この本を知ったきっかけは、「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」平成31年(2019年)3月12日(火曜日)通巻第6014号で書評を読んだか、チャンネルくららの著者出演動画を見て知ったかのどちらかだと思うが忘れてしまった。どちらにしても、天白図書館にリクエストカードを提出して借りた。

 チャンネルくららの財務省ダービーって本当に面白いね。こういう動画見たら、テレビの情報番組なんて阿保らして見てられないね。小生、もう10年以上テレビ持っていないけど、インターネットがあればじぇんじぇん困らないのだ。


目次

 

第1章 財務省とは日本にとってどういう存在か
第2章 国民が知らない消費増税の歴史
第3章 民主党政権と財務省の「天国と地獄」―勝栄二郎(2010年7月30日~2012年8月17日)、真砂靖(2012年8月17日~2013年6月28日)とその時代
第4章 「経済成長」と「財政再建」はどちらが大事なのか―木下康司(2013年6月28日~2014年7月4日)とその時代
第5章 消費税増税のための政治調整力―香川俊介(2014年7月4日~2015年7月7日)とその時代
第6章 安倍官邸への財務省接近作戦―田中一穂(2015年7月7日~2016年6月17日)、佐藤慎一(2016年6月17日~2017年7月5日)とその時代
第7章 財務省の最終兵器とその自爆―福田淳一(2017年7月5日~2018年4月24日)、岡本薫明(2018年7月27日~現職)とその時代


以上

スポンサーサイト

  • 2019.10.23 Wednesday
  • 12:51
  • 0
    • -
    • -
    • -
    コメント
    管理者の承認待ちコメントです。
    • -
    • 2019/05/11 2:56 PM
    コメントする








        
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    PR

    calendar

    S M T W T F S
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
    << October 2019 >>

    閲覧者

    累計お客様数

    さわかみのつぶやき

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    recent trackback

    recommend

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM