帝王教育は大事

  • 2019.06.15 Saturday
  • 13:51

JUGEMテーマ:日記・一般

<読書日記>

 令和元年20冊目、「ラストエンペラーの私生活」(加藤 康男著)を読了しました。この本は、無料メルマガ「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」平成31年(2019年)2月3日(日曜日)通巻第5978号で書評を読んで、天白図書館にリクエストカードを提出して借りました。

 小さい頃から女官と宦官に囲まれて過ごした溥儀がどのような生涯を送ったか描いた本だ。やはり、将来、君主になる方には帝王学を教育しておかないと、本人も国民も不幸になるね。

 日本皇帝は中華皇帝とは全く異なるので大丈夫とは思うけど、悠仁親王殿下の教育に一抹の不安がある。お茶の水女子大学附属中学にだけに任せてはだめでしょ。乃木大将のような教育係おらんかね?


目次

 

第1章 紫禁城の幼帝
第2章 宦官と女官
第3章 憂鬱なる結婚
第4章 流浪する廃帝と離婚劇
第5章 満洲国皇帝の光と影
第6章 后妃たちの終戦
第7章 それぞれの断崖
第8章 火龍の末期

 

以上

スポンサーサイト

  • 2019.10.23 Wednesday
  • 13:51
  • 0
    • -
    • -
    • -
    コメント
    コメントする








        
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    PR

    calendar

    S M T W T F S
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
    << October 2019 >>

    閲覧者

    累計お客様数

    さわかみのつぶやき

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    recent trackback

    recommend

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM