相場雑感 令和元年8月25日 してはいけないトレードをしてしまった

  • 2019.08.25 Sunday
  • 12:40

JUGEMテーマ:日記・一般

<相場雑感 令和元年8月25日 してはいけないトレードをしてしまった>

 先回の相場雑感で、「日経平均CFDは、2万円〜2万800円で推移すると考えるので、2万円に近づいたら買い、2万8百円に近づいたら売るつもりだ。とりあえず、週初は落ちてくるのを待つことから始めるんだろうね。」と書いた。実は、前週末(金曜日)のNYダウは+306ドル高だったので、日経平均CFDが東京の現物市場の寄り付き(9:00)で大きく上昇すれば、売りから入ろうと思っていた。実際は、CFDの取引開始時間8:30がほぼ高値であり、現物市場の寄り付きでも上昇することなく、下落を続けた。なので、落っこちてくるのを待って11:12に20493円で買い、12:44に20535円で売った。

 次のトレードは木曜日だ。この日も前日のNYダウは+240ドル高だったので、月曜と同じ心構えで臨んだのだ。結果は、月曜と全く同じパターンでCFD取引開始直後がほぼ高値でその後、正午頃まで下落を続けた。小生は12:06に20593円で買い、15:00(現物市場の大引け)に20604円で売ってしまった。

 ここで止めてけばよかったのだが、金曜は夕食後しばらくして寝てしまい、23時台に目が覚めた。目が覚めてしまったら、パウエル・FRB議長のジャクソンホールでの会見が米国株にどう影響したか確認せずにいられないのです。NYダウは400ドル以上下げていた。もちろん、日経平均CFDも大きく下げていた。小生は朝まで起きているつもりもなかったので、20298円で買いの指値注文を出して再び寝た。

 翌朝起きて見たら、トランプ大統領が対中貿易に関しツイートし、ドル円も日米株価ともさらに下落していた。小生の指値注文も8/24の00:33に約定していた(泣)。NY市場は大きく動くから、終了間際しか売買しないほうがいいと思っているのだけれど、この日は魔が差してトレードしてしまった。朝起きてから買っていれば、20100円台で買えていたのに。

 さて、西原宏一さんは、8月15日の番組で、「NYダウはトップアウトした可能性が高く、ダイヤモンド・フォーメーション形成に向かっている。」と言っていたが、金曜日の結果はその通りになった。8月22日の番組では、「・・・なので、これから利下げしても、NYダウを上げる力にはならない。」と述べた。

 今週の日経平均CFDは、先週よりも上値が重くなり2万円〜2万700円で推移すると考えるので、2万円に近づいたら買い、2万7百円に近づいたら売るつもりだ。週初は、窓を開けて上昇する可能性もあると思う。そうなるといいなあ。いや、そうなって欲しい。

 

以上

スポンサーサイト

  • 2019.09.19 Thursday
  • 12:40
  • 0
    • -
    • -
    • -
    コメント
    コメントする








        
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    PR

    calendar

    S M T W T F S
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    2930     
    << September 2019 >>

    閲覧者

    累計お客様数

    さわかみのつぶやき

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    recent trackback

    recommend

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM