日経平均の季節性

  • 2019.09.02 Monday
  • 17:50

JUGEMテーマ:日記・一般

<持ち株>
 本日、売買ありません。TOPIXは1505.21(-6.65)で2日ぶりの反落、WS持ち株指数は1190(-40)で3日ぶりの反落です。持ち株20銘柄中、値上がり6、値下がり14、変わらず0でした。1ドル106.26円、1ユーロ116.69円、1ユーロ1.0982ドル(東京終値)。


 1週間の日経平均の予想レンジは2万350円〜2万850円。今週も米中貿易問題の進展をにらみ一喜一憂する展開が予想される。両国は1日に追加関税を発動したが市場は織り込み済みとみられる。目先は9月上旬に予定されている閣僚級の米中貿易協議が実際に開催されるかが注目材料。注目ポイントは「日経平均の季節性」と言う三井住友DSアセットマネジメント・市川雅浩さんの解説は、こちら

 AI予想はなし。今日の実際の日経平均のレンジは2万0614円〜2万0660円でした。

 現物のレンジ幅が50円未満だからトレード機会はなし。ただ、現物の寄り付き前、CFDが安かったので、ここで買っていれば儲けることができたね。

 王座戦番勝負第一局は千日手指し直し。今日は、ウオダイ・プラスに買い出しに行ったりして、集中して見ていなかったけど指し直し局は集中するか。ウオダイで山形のだし発見!!今までもあったけど小生が気付かなかっただけなのか、最近入荷したのかは不明。

日が経平均大引け 84円安 米中対立に警戒 
2019/9/2 15:07日本経済新聞 電子版

 

 2日の東京株式市場で日経平均株価は小幅に反落し、前週末比84円18銭(0.41%)安の2万0620円19銭で終えた。米国が1日、対中制裁関税「第4弾」を発動し、中国も即座に制裁関税を実施。米中対立が激化するとの警戒感から、株価指数先物への売りが優勢となった。追加の景気刺激策への期待で海運など景気敏感株の一部への買いが相場の下値を支えた。2日の米市場が休場で様子見姿勢も強く、売買代金は低調だった。〔日経QUICKニュース(NQN)〕

以上

スポンサーサイト

  • 2019.10.23 Wednesday
  • 17:50
  • 0
    • -
    • -
    • -
    コメント
    さわかみ先生こんばんは。
    いつもお世話になります。

    意外な場所に意外な商品があったりするものですね。
    平和堂さんは関西の商品が安くて品ぞろえが良い。滋賀県が本社ですからわかりますが。

    本社からも遠いのに、客のリクエストやバイヤーの意向があるのでしょうか?それとも、メーカーさんからの売り込みか?

    もしかして、スーツさん効果か?
    毎日楽しみに視聴しています。
    さわかみ先生もまた情報など、よろしくお願いします。
    • たなか
    • 2019/09/02 8:03 PM
    コメントする








        
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    PR

    calendar

    S M T W T F S
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
    << October 2019 >>

    閲覧者

    累計お客様数

    さわかみのつぶやき

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    recent trackback

    recommend

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM