長期金利上昇が波乱要因に?

  • 2019.11.19 Tuesday
  • 17:54

JUGEMテーマ:日記・一般

<持ち株>
 本日、売買ありません。TOPIXは1696.73(-3.99)は3日ぶりの反落、WS持ち株指数は1906(-67)で2日続落です。持ち株19銘柄中、値上がり6、値下がり13、変わらず0でした。1ドル108.66円、1ユーロ120.29円、1ユーロ1.1068ドル(東京終値)。


 日経平均の予想レンジは2万3,300円〜2万3,500円。海外市場は米中協議の行方を見極めたいとの見方から概ね小動きとなっている。今週は週末に香港で区議会選挙を控えていて、香港情勢への懸念も根強いという状況。18日の東証1部の売買代金は約3週間ぶりに2兆円台割れということで、19日についても売買が盛り上がりづらい中で一進一退の動きになるとみられる。注目ポイントは「長期金利上昇が波乱要因に?」と言う岡三証券・小川佳紀さんの解説は、こちら

 AI予想は2万3248円〜2万3451円で、今日の日経平均のレンジは2万3244円〜2万3389円でした。

 藤井七段、苦しいな。

日経平均大引け 3日ぶり反落 輸出関連に利益確定売り
2019/11/19 15:07日本経済新聞 電子版

 

 19日の東京株式市場で日経平均株価は3営業日ぶりに反落し、前日比124円11銭(0.53%)安の2万3292円65銭で終えた。米中貿易協議の不透明感を背景に円が対ドルで上昇し、機械や自動車など輸出株関連株への利益確定売りを促した。国内の政治リスクも投資家心理の重荷となった。海外の短期筋が株価指数先物にまとまった売りを出し、下げ幅を広げる場面があった。一方、香港ハンセン指数などアジア株の上昇は日本株を下支えした。
 東証1部の売買代金は概算で1兆9674億円(速報ベース)だった。〔日経QUICKニュース(NQN)〕

以上

スポンサーサイト

  • 2019.12.14 Saturday
  • 17:54
  • 0
    • -
    • -
    • -
    コメント
    さわかみ先生こんばんは。
    藤井さんは餃子を食べたそうです。
    勝負飯です。
    • たなか
    • 2019/11/19 6:36 PM
    コメントする








        
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    PR

    calendar

    S M T W T F S
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031    
    << December 2019 >>

    閲覧者

    累計お客様数

    さわかみのつぶやき

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    recent trackback

    recommend

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM