相場雑感 令和2年2月22日 邪悪な習近平とシナ共産党を倒すのは誰か?

  • 2020.02.22 Saturday
  • 12:38

JUGEMテーマ:日記・一般

<相場雑感 令和2年2月22日 邪悪な習近平とシナ共産党を倒すのは誰か?>

 今週は武漢肺炎が企業業績に及ぼす悪影響を織り込み、一時、日経平均CFDは23100円前後まで下落した。とうとう、米国のCDCがインフルエンザ感染者の中に新型コロナウイルス感染者が相当数いるみたいと発表した。国内の死亡者は重症化した高齢者に限られている。

 新型コロナウイルスもインフルエンザウイルスみたいなもんじゃね?既存の抗インフルエンザウイルス剤が効きそうだし。ならば、過度に恐れる必要はないんじゃないかな。来週以降、そんな認識が広がるのではなかろうか?

 小生の日経平均CFDトレードは次の通りだ。2/17(月)8:57に23498円で買い、11:59に23512円で売った。続いて、12:16に23489円で買い、14:21に23504円で売った。翌2/18(火)9:04に23374円と高値で買ってしまい、売ったのは2/19(水)13:07、23411円でだった。同日14:00に23386円で買い、16:36に23412円で売った。

 翌日1/20(木)は高いところで買わず、12:31に23472円で買い、15:48に23522円で売った。1/21(金) 1:27に23473円で買い、モーサテが始まる直前5:44に23500円で売った。続けて8:33に23456円で買い、9:21に23505円で売った。さらに続けて、14:34に23398円で買った。最後にやっちまった。これは今も保有したままだ(泣)。

 「引き続き、下がったら買うという逆張り戦術でいいだろう。」と先週、書いたのだが、週の前半に23200円を割ったところで、買わなかった小生は本当にチキンだね。来週の始めには買えるだろうか?

 過度に新型コロナウイルスを恐れる必要がないとの認識が広がってくれば、一時的に23000円を割ることがあっても、大きく下落することはないんじゃね。これが、今冬、A型インフルエンザに感染し回復した小生の見立てだ。

 外国にいては、その国の実際の雰囲気は分からないものだ。上海総合指数がしっかりしてるのも、多くの中国人が新型コロナウイルスはSARSウイルスじゃない、インフルエンザウイルスのようなものだと理解しているからかも。騒ぎが収まれば、経済が急速に回復すると見込んでいるに違いない。

 だが、そうは問屋が卸さないぞ。邪悪な習近平とシナ共産党を倒すため、数千億匹のバッタ様がシナ国境を目指して進撃中なのだ。

 

以上

 

 

スポンサーサイト

  • 2020.04.03 Friday
  • 12:38
  • 0
    • -
    • -
    • -
    コメント
    さわかみ先生、こんにちは。

    昨日近場のア、、スーパーでは、アルコールが置いてあるのが確認できました。
    心配し過ぎだったかも知れませんね。はっきりいえませんが。

    買い物ですと、同じ人とべったり長時間活動ということもないですし、共有の何かを触れて作業ということも少ないですので。
    とはいえども、家族に数年前にインフルB型?を移されたので、その対策と同じように対応します。ただ家の中なので至難の業ですが。
    今回心配なのは品薄に関して、輸入の関係でごみ袋が品薄、関市の方は困っているらしいです。

    今後もご指導や情報など、よろしくお願いいたします。
    • たなか
    • 2020/02/22 3:18 PM
    コメントする








        

    PR

    calendar

    S M T W T F S
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    2627282930  
    << April 2020 >>

    閲覧者

    累計お客様数

    さわかみのつぶやき

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    recommend

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM