「補償政策」では株価上昇見込めず

  • 2020.03.12 Thursday
  • 17:47

JUGEMテーマ:日記・一般

<持ち株>
 本日、売買ありません。TOPIXは1327.88(-57.24)、WS持ち株指数は599(-34)でともに2日続落です。持ち株19銘柄中、値上がり0、値下がり19、変わらず0でした。1ドル103.67円、1ユーロ117.27円、1ユーロ1.1312ドル(東京終値)。


 日経平均の予想レンジは1万8700円〜1万9200円。WHOのパンデミック宣言などを材料に米国の主要株価指数は揃って大きく反落した。この流れを受けて12日の日経平均も売り優勢の展開が予想される。注目ポイントは「「補償政策」では株価上昇見込めず」と言う三井住友アセットマネジメント・市川雅浩さんの解説は、こちら

 AI予想は1万9083円〜1万9251円で、今日の日経平均のレンジは1万8339円〜1万9142円でした。

 NY時間までやることがないと思い、午前中はウオダイに買い物へ、午後は聡太先生の対局と昼寝。相場は見ない方がいい。ダウ先が現物より1000ドル下げているから、NY時間の午前も寝てていい。

日経平均大引け 急落、2年11カ月ぶり安値 トランプ氏演説に失望売り
2020/3/12 15:13日本経済新聞 電子版

 

 12日の東京株式市場で日経平均株価は急落し、前日比856円43銭(4.41%)安の1万8559円63銭で終えた。下げ幅は今年2番目の大きさ。2017年4月24日以来およそ2年11カ月ぶりに1万9000円を割り込み、同4月20日以来の安値を付けた。新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、世界保健機関(WHO)が11日に「パンデミック(世界的な大流行)とみなせる」と表明。トランプ米大統領が日本時間12日午前、「欧州からの渡航者を30日間制限する」と演説し、世界景気が一段と悪化するとの見方から全面安の展開となった。〔日経QUICKニュース(NQN)〕

以上

スポンサーサイト

  • 2020.05.26 Tuesday
  • 17:47
  • 0
    • -
    • -
    • -
    コメント
    さわかみ先生こんばんは。わたしは本日買い物に行きました
    マスクはしていますが、少し気になることが有りました。

    文具や玩具、本や下着の合同レジの店員さん、マスク着ですが咳がひどくて、隣にいた後輩らしき店員さんも困った様子でした。
    反対にドラッグストアの店員さんは咳はしてはいないのですが、マスク無しでした。あなたはマスクをしているのに、売ってはいないの?
    そういったことをいう客がいたとしたとしたならば、病気で薬を購入する場所の店員さんがハイリスクであることを理解してはいないかも知れません。

    とにもかくにも、外出はなるべく控えます。
    またいろいろ教えてください。

    • たなか
    • 2020/03/13 10:21 PM
    コメントする








        

    PR

    calendar

    S M T W T F S
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31      
    << May 2020 >>

    閲覧者

    累計お客様数

    さわかみのつぶやき

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    recommend

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM