自宅でおとなしくしていろと言うのなら、本の貸し出しぐらいしろよ!

  • 2020.05.03 Sunday
  • 07:02

JUGEMテーマ:日記・一般

<読書日記>
 令和2年7冊目、「アメリカ民主党の崩壊2001-2020」(渡辺惣樹著)を読了しました。この本は、無料メルマガ「宮崎正弘の国際情勢解題」で書評を読み、天白図書館にリクエストカードを提出して、取り寄せてもらいました。

 予約、貸出の本の受け取りのみできていた名古屋市図書館ですが、緊急事態宣言と「特定警戒都道府県」への指定に伴い、予約も貸出の本の受け取りも出来なくなりました。スーパーでのレジと図書館での本の受け取りは大変似た行為なのだが、どうして本の受け渡しがダメなのか全く意味不明だ。リスクを抑えながらがんばる民間とリスクゼロにして責任回避する役人の違いだろうね。自宅でおとなしくしていろと言うのなら、本の貸し出しぐらいしろよ。リスクリワード(Risk reward)の考え方を勉強しろ。

 この本は、今年読んだ本の中では今のところ一番だ。


目次

 

第1章
民主党に支配された四半世紀
ネオコンを理解する

 

第2章
カダフィ排除から露呈した
ネオコンの悪行

 

第3章
ヒラリー・クリントン
機密漏洩問題の発覚
露呈した私的サーバー利用

 

第4章
二〇一六年大統領選挙
アウトサイダー、ドナルド・トランプの登場

 

第5章
ヒラリーを擁護する主要メディア・司法省・FBI

 

第6章
溶ける民主党

 

おわりに
アメリカ民主党は日本の民主党の道を歩むのか

 

以上

スポンサーサイト

  • 2020.08.13 Thursday
  • 07:02
  • 0
    • -
    • -
    • -
    コメント
    たなか様こんにちは。

    名古屋市図書館は、随分前から閲覧や玄関から先に入ることは禁止しています。これは当然の措置でしょう。

    が、玄関に机を置いて、予約の本の受け渡しと予約は出来ていたのです。

    追加で、アクリル板やシートで区切り、手袋をすれば完璧な予防ができると思いますよ。

                              以上
    • ウォーレンさわかみ
    • 2020/05/03 4:50 PM
    さわかみ先生こんにちは。

    図書館に長滞在する人がいますので。
    家で勉強せずに場所借りとか、図書館の雑誌のパズルをやっているとか、貸出し禁止の雑誌も多いので。

    イスを全部片付ければ、先生のような用事の人の割合が増えるのでは?滞在時間や入場人数を制限するとか、工夫が必要ですね。

    • たなか
    • 2020/05/03 12:37 PM
    コメントする








        

    PR

    calendar

    S M T W T F S
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031     
    << August 2020 >>

    さわかみのつぶやき

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    recommend

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM