高山正之、宮崎正弘両氏の共著を読む

  • 2020.07.05 Sunday
  • 07:58

JUGEMテーマ:日記・一般

<読書日記>
 令和2年9冊目、「世界を震撼させた歴史の国日本」(高山正之著、宮崎正弘著)を読了しました。この本は、無料メルマガ「宮崎正弘の国際情勢解題」で発刊されることを知り、天白図書館にリクエストカードを提出して借りました。

 日教組のパヨク教師にデタラメな国史を教え込まれた生徒って意外と多いのかな?小生は、中学・高校とあからさまなパヨクの歴史教師には遭遇してないけど、興味を引く授業でもなかったね。今ならネットで予備校講師による講義動画が沢山あるからパヨク教師も大変だろうね。今から考えると高校の古文の教師はパヨクだったな。


目次

 

第1部 古代から明治維新まで
 本当はすごかった日本外交
 情報に裏打ちされた聖徳太子の外交
 日本文化を花開かせた菅原道真の「遣唐使」廃止 ほか

 

第2部 明治維新から大東亜戦争まで
 マリア・ルス号事件に国際法で戦った榎本武揚
 五箇条の御誓文が明治をつくった
 朝鮮半島の混乱に引きずり込まれた日清戦争 ほか

 

第3部 戦後政治と歴代首相
 アメリカの言いなりになった外務省
 国より閨閥が大切な外交官たち
 外務省の目にあまるノンキャリ虐め ほか

 

以上

スポンサーサイト

  • 2020.08.13 Thursday
  • 07:58
  • 0
    • -
    • -
    • -
    コメント
    コメントする








        

    PR

    calendar

    S M T W T F S
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031     
    << August 2020 >>

    さわかみのつぶやき

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    recommend

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM