自己複製するだけでは、生物とはいえないのだ。

  • 2008.12.02 Tuesday
  • 22:22
JUGEMテーマ:日記・一般
<読書日記> 
 今年70冊目、「生物と無生物のあいだ」(福岡 伸一著)を読了しました。
 TBSのストリームで、この著者の”できそこないの男たち”という新刊を紹介していたんで、天白図書館で生物関連の棚をのぞいてみた。新刊はまだ置いていないことは分かっていたんですが、同じ著者の”生物と無生物のあいだ”あったので読んでみた。
 理系の小生が読んでも面白かったです。是非、”できそこないの男たち”も読んでみたいです。

                                                       以上

スポンサーサイト

  • 2019.10.23 Wednesday
  • 22:22
  • 0
    • -
    • -
    • -
    コメント
    こんばんは
    昨夜あちこちで、生物と無生物のあいだの情報を読んでいました。興味をもち、県内検索をしても、貸出中ばかりでした。

    ジェンダーについては、広岡守穂さんの本で勉強しましたが、そのうち借りれるのを楽しみに待っています。

    そういえば、わたし家の近くの駅で、近鉄の新しいパンフが手に入りました。

    今日ですが、名古屋ど真ん中ウォークのキッズを歩こう、などと思いつつ寄り道や買い物の末、金山駅には行かず、鶴舞に戻ってしまい、名鉄ウインターについてはまだ手にいれてません。

    とにかく日光にあたって、運動する、この冬は近場で歩きます。また情報などいろいろありましたらご指導くださいませ。よろしくお願いします。

    • たなか
    • 2008/12/03 10:39 PM
    「生物と無生物のあいだ」については、アマゾンのカスタマーレビューが200件以上ありますので、そちらをご参照ください。YouTubeには、こんなのもありますが、自分で読んで損はないと思います。http://jp.youtube.com/watch?v=X6TCgm-0Jpo
    • ウォーレンさわかみ
    • 2008/12/03 8:25 PM
    こんばんは
    おもしろいというか、なんともいえない題名の本ですね、2冊ともですが。

    少し興味がなくはないですので、できればですが、読み終わったら内容や感想をお聞かせください。

    • たなか
    • 2008/12/02 11:16 PM
    コメントする








        
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    PR

    calendar

    S M T W T F S
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
    << October 2019 >>

    閲覧者

    累計お客様数

    さわかみのつぶやき

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    recent trackback

    recommend

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM