鳥羽のおいしいハイキングで、文化財の宝庫 紅葉の庫蔵寺を探訪して参りました。

  • 2008.12.14 Sunday
  • 19:11
JUGEMテーマ:日記・一般
<旅日記>
 先週で名古屋地区主催のJR東海のさわやかウォーキングも、名鉄の電車沿線ハイキングも終わってしまったので、今日は、鳥羽のおいしいハイキング”文化財の宝庫 紅葉の庫蔵寺探訪”に参加しました。
 家の近くのショップ99で朝食のパンと昼食のおかずとしてメンチカツなどを買い、鶴舞駅に向いました。駅で青空フリーパス おとな2500円を買い、名古屋駅に向かいました。
 2両編成の快速みえ51号は、7:50定刻どおり鳥羽駅に向けて名古屋駅を発車しました。前2回のおいしいハイキングと同様、列車は、関西本線の桑名、四日市と停まり、亀山には行かず途中の河原田駅から伊勢鉄道線に入り鈴鹿、津と停車しました。津からは紀勢本線を松坂、多気と南下し、多気からは全線単線非電化の参宮線にはいり、伊勢市、二見浦で停車した後、9:38に終点鳥羽駅に到着しました。
 改札で青空フリーパスをチラッと駅員に見せた後、駅ビルの2階に上がり、近鉄鳥羽駅で220円の乗車券を買い、10:02発の賢島行普通列車で船津駅に向かい、10:10に着きました。
 船津駅は、三重県鳥羽市船津町浜にある近畿日本鉄道志摩線の相対式2面2線のホームを持つ無人駅です。乗車券は列車の回収箱に入れホームに降ります。船津駅は、鳥羽方単線、賢島方複線の行違可能駅で、駅舎はありません。ホームからスロープを降りると、駅横に空き地があり、すでに大勢のウォーカーが集まっていました。
<船津駅です>
 パンフレットに判子を押してもらい、ウォーキングマップを受け取ります。今日は、ストレッチをするほどの広さもないので、簡単なオリエンテーションの後、9:20に出発しました。
 今日は、本多弥麗プロの運気上昇と株価上昇を祈念して、この曲を聴きながらウォーキングしましょ。
 国道167号線を加茂川沿いに、志摩方向に歩きます。天気は良くないですが、曇りのち晴れというのが今日の予報です。
<加茂川です>
 途中、岩倉公園でトイレ休憩の後、九鬼岩倉神社に向かいます。
 九鬼岩倉神社は、かつての九鬼家の城「田城」があった場所にあり、九鬼の本家にあたる澄隆がその叔父・嘉隆に暗殺されたという伝説が残っています。
<九鬼岩倉神社です>
 次は、隠田岡墓地に向かいます。
 毎年8月15日深夜、河内の隠田岡墓地と松尾の地蔵山墓地では、火柱祭りが行われるそうです。
<これが、火柱祭りだよ>
 でも、若者の減少により、今年から隠田岡での火柱祭りはなくなってしまったとの説明がボランティアの方からありました。
 河内山道を抜け、河内川をまたぐ橋まできました。
 途中、彦滝大明神に寄った後、いよいよ庫蔵寺に向かいます。
<彦滝大明神です>
 この明神は女神で、鳥羽三女神のひとつです。御神体は白蛇で、地元の婦人に信仰されており、女性特有の病、安産の神として知られています。河原越しに大きな注連縄が張られており、下を流れる清流で身を清めてから参拝します。
<こんな山道です>
 彦滝大明神を過ぎたあたりから、山道になり、上りが続きます。
 やっと、山門まで、最後のひと登りのところまで来ました。
 庫蔵寺には、12時すぎに到着しました。庫蔵寺の山門をくぐると、正面に本堂があるんですが、参拝の前に昼ごはんです。お餅とあおさ汁?のふるまいがありました。小生、マイ箸は持ってきたんですが、マイカップを持ってきている人もいますううう。
 あおさ汁を注いでいるボランティアのおじさん、昔、吉本新喜劇で見たことがあるような気がするんだよなああ。
<毎回、ありがとうございます>
 あおさ汁のお代わりまでいただきました。さらに、参加回数に応じた景品までいただきました。
<庫蔵寺本堂です>
 庫蔵寺は、弘法大師ゆかりの寺として、地元の人々から厚い信仰を集めています。庫蔵寺本堂は、永禄4(1561)年建立と伝えられています。
<コツブガヤの木です>
 境内には、コツブガヤがあります。この木は、全国的にめずらしい木で、ここと宮城県その他に数本しか確認されていません。樹高は、25mとも、18mとも言われています。推定樹齢は、400年です。
 境内からは、志摩の海?が見えました。

<晴れてきました>
 菅島にも来ていた”お父さん”がいたああああ!!
<俺にも喰わせろよ>
 昼食休憩を終えて、13時に出発しました。鳥羽レストパークを経て、船津駅近くまで下りて行きます。
<鳥羽レストパーク内の道です>
 レストパークって、墓地だったんですね?しゃれたレストランでもあるのかと思ったんですが
 船津駅近くの白言寺の境内で、”駅に行き隊”と”白滝さんに行き隊”とに分かれます。小生は、折角、鳥羽まで来たので、白滝さんこと、白滝大明神に向かいました。
 白滝大明神は、お山全体が神様であるため、神殿も拝殿もありませんでした。
<白滝大明神前にて>
 白滝大明神の由来を宮司からお聞きした後、今、来た道を戻り、船津駅に向かいます。
 船津駅では、ぎりぎり14:40発の鳥羽行に間に合いました。鳥羽駅では、改札を出ることなく、近鉄からJR東海のホームに向かい、すでに停車中の快速みえ16号に乗車し、定刻どおり14:52に名古屋に向けて発車しました。
 小生、鳥羽のおいしいハイキングには、今回を含めて3回参加させていただいたんですが、いつも同じメンバーのボランティアの方々にお世話いただきました。改めて、御礼申し上げます。ありがとうございました。

大きな地図で見る
                                                               以上

スポンサーサイト

  • 2020.01.20 Monday
  • 19:11
  • 0
    • -
    • -
    • -
    コメント
    管理者の承認待ちコメントです。
    • -
    • 2008/12/16 4:27 PM
    コメントする








        
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    PR

    calendar

    S M T W T F S
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031 
    << January 2020 >>

    閲覧者

    累計お客様数

    さわかみのつぶやき

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    recommend

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM