日テレ、大引けニュース遅すぎ

  • 2017.04.19 Wednesday
  • 19:09

JUGEMテーマ:日記・一般

<持ち株>
 本日、売買ありません。TOPIXは1471.42(-0.11)で3日ぶりの反落、WS持ち株指数は1898(+15)で3日続伸です。持ち株17銘柄中、値上がり11、値下がり4、変わらず2でした。1ドル108.82円、1ユーロ116.79円、1ユーロ1.0731ドル(東京終値)。

 

 日経平均はファンダメンタルズもテクニカルも安値圏というコモンズ投信の糸島孝俊さんの解説は、こちら

 リスクオフの円高クライマックスじゃねというM2Jアカデミア学長の吉田恒さんの解説は、こちら

日経平均大引け 3日続伸 割安銘柄に国内勢の買い 
< 2017/4/19 15:07 >日本経済新聞

 

 19日の東京株式市場で日経平均株価は3日続伸した。終値は前日比13円61銭(0.07%)高の1万8432円20銭だった。相場の過熱感を示す指標である騰落レシオ(東証1部、25日移動平均)は18日時点で約71%と「売られすぎ」の目安とされる80%を下回っていた。割安感に注目した国内機関投資家の買いが入った。

 英国のメイ首相が18日に6月に総選挙を実施することを明らかにした。フランスの大統領選も控え、欧州の政治リスクが改めて意識された。外国為替市場で円が強含んだことも影響し、朝方は売りが先行。下げ幅は一時90円程度まで広がった。
 東証1部の売買代金は概算で2兆3172億円(速報ベース)と3営業日ぶりに2兆円を上回った。

以上

米国株に弱気になってはダメ

  • 2017.04.18 Tuesday
  • 17:56

JUGEMテーマ:日記・一般

<持ち株>
 本日、売買ありません。TOPIXは1471.53(+5.84)、WS持ち株指数は1883(+44)でともに2日続伸です。持ち株17銘柄中、値上がり13、値下がり3、変わらず1でした。1ドル108.86円、1ユーロ115.96円、1ユーロ1.0650ドル(東京終値)。


 アメリカの景気先行指数を見ると、2月は2006年3月につけたピークを更新。過去において景気先行指数がピークを更新すると、その後しばらく景気拡大が続くという傾向がある。この過去の傾向に従えば、今後も景気拡大が続くという見方も。また長短金利スプレッドがマイナスに転じるのは19年の4-6月期と予想されることから、ここまでは景気拡大が続くと見られるという岡三証券の愛宕伸康さんの解説は、こちら。石原順さんは金利曲線がフラット化すると、株が暴落するといつも言ってるけど再来年までは大丈夫そうですね。

 日経平均がここから下がるとしたら朝鮮半島での軍事衝突しかないというマーケットアナリストの荒野浩さんの解説は、こちら

63円高 日米経済対話控え、様子見ムード
< 2017年4月18日 16:13 >日テレnews24

 

 18日の東京株式市場で日経平均株価は値を上げ、終値は前日比63円33銭高の1万8418円59銭だった。

 前の日のアメリカ株式市場で株価が上昇したことや円相場が円安方向に振れたことなどから買い注文が優勢となった。朝方には200円近く上昇する場面もあった。
 一方で、北朝鮮情勢への警戒感が続いている上、日米経済対話の行方を見極めたいという様子見ムードもあり、積極的な買いは続かず、その後は上げ幅を縮めた。
 東証1部の売買代金は概算で1兆7744億円、売買高は概算で15億7522万株と取引は低調だった。

以上

じっと我慢

  • 2017.04.17 Monday
  • 17:45

JUGEMテーマ:日記・一般

<持ち株>
 本日、売買ありません。TOPIXは1465.69(+6.62)、WS持ち株指数は1850(+11)でともに5日ぶりの反発です。持ち株17銘柄中、値上がり10、値下がり6、変わらず1でした。1ドル108.32円、1ユーロ115.24円、1ユーロ1.0637ドル(東京終値)。

 

 良好なファンダメンタルズにもう少し目を向ければ、反転の時期はそう遠くないという岩井コスモ証券の林卓郎さんの解説は、こちら。でも、コツンという音が聞こえるまでは出動できないね。

日経平均19円高 5営業日ぶりに値上がり
< 2017年4月17日 16:54 >日テレnews24

 

 17日の東京株式市場で日経平均株価は5営業日ぶりに値を上げた。終値は先週末比19円63銭高い1万8355円26銭。

 日経平均株価は4月に入ってから先週末までに650円ほど下落していたため、割安になった銘柄に買い注文が入った。ただ、北朝鮮をめぐる情勢が緊迫感を増していることを受けて、円高傾向となっているため、輸出関連株などは売られ、午前中には取引時間中の今年の最安値を下回る場面もあった。
 また、17日はイギリスや香港などの海外市場がイースターの祝日で休場となるため、海外の市場参加者が少なく、取引は低調だった。
 東証1部の売買代金は概算で1兆6337億円と今年に入って最低。売買高は概算で14億5429万株で今年2番目の低さだった。

以上

電通社員過労死 GHQが作った影の戦後史とは?

  • 2017.04.16 Sunday
  • 09:20

JUGEMテーマ:日記・一般

<読書日記>
 平成29年13冊目、「GHQが洗脳できなかった日本人の「心」 アメリカの占領政策と必ず乗り越えられる日本」(山村 明義著)を読了しました。この本は、無料メルマガ「宮崎正弘の国際ニュース・早読み 通算第4830号」で書評を読んで、天白図書館にリクエストカードを提出して借りました。

 著者は、チャンネルくららで毎週水曜日に「山村明義のウワサの深層」を担当するジャーナリストだ。小生は欠かさず聞いています。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
日本の文明は世界六大文明の一つ 
 だからこそGHQの占領政策は最終的に失敗するのだ

山村明義『GHQが洗脳できなかった日本人の心』(KKベストセラーズ)
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
 副題が「アメリカの占領政策と必ず乗り越えられる日本」とあって、このサブタイトルからも内容を推し量ることが出来る。
 GHQの占領政策の弊害は、日本をいまも蝕み、その元凶が占領憲法だが、いかに歴史教育で洗脳され、面妖な思想が流行しようとも、キリスト教布教は不発に終わり、理不尽なアメリカの要求はいつのまにか、日本人によって袖にされている。

 すでに多くの指摘があるようにGHQとは社会主義リベラルのイデオロギーに著しく汚染された人々が意思決定機構の幹部を寡占し、日本をかれらが夢想した社会主義国家に作り替えようとしたモデルケースへの実験でもあった。
 GHQの高層部はユダヤ人とプロテスタントと共産党の連合体だったことは、ノーマンの自殺や、内部の抗争が歴史的に証明されており、この方面に通暁する読者には、GHQ史を振り返る必要性を感じない。


 本書の特色は「神道」からみたGHQ政策の解析に重点が置かれていることだ。
 山村氏はこう言う。
 「日本の神道では歴史的に『信教の自由』が保障されており、仏教だろうとキリスト教だろうと、別に何を信じても良いのである。それが『八百万の神々』の精神性であり、GHQは大いなる誤解をしていた」(84p)
 つまり一神教の世界観で、日本を同一視し、「悪い神道」と「良い神道」に色分けするという初歩的ミスを犯した。それが憲法に盛り込まれ、国家と神道が引き離され、首唱の靖国神社参拝ができなくなったのである、とする。
 かれらの色分けでは「悪い神道(神社)=軍国主義的神社」、「良い神道(神社)=自然崇拝的神社」とレッテルを貼り付け、前者の代表格が靖国神社、そして乃木神社、東郷神社など、軍人の祀られた神社となった。
 「『良い神社』は、軍人が祀られていない一般の神社で、『その間を添え木された神社』が伊勢の神宮だと(GHQは)捉えた。さらに、GHQが事実上作り上げた日本国内の宗教法人令、その後の宗教法人法では、例えば伊勢の神宮、名古屋の熱田神宮、出雲の出雲大社、東京の明治神宮のような有名な神社が『一宗教法人』と変えられてしまった。わかりやすく言えば、日本の古代から、最も長く続き、日本人を支えてきた伝統的精神性をもつ『宗教』が、外国の占領軍の手によって、オウム真理教や日本人信者にレイプをするような新興宗教団体と『同格』、『同列』になった」
 (中略)「日本国内でテロリストの温床となる宗教を生んだのは、元を正せば、GHQの『宗教界改革』に原因があった」(86p)

目次

続きを読む >>

統計から読み解く第一人者 西村剛が語る「2017年の投資戦略と注目銘柄」というセミナーに行ってきた

  • 2017.04.15 Saturday
  • 17:31

JUGEMテーマ:日記・一般

<今週末(4/14)のWS持ち株指数>
 TOPIXは1459.07、先週比-30.70で5週続落、WS持ち株指数は+1839、先週比-44で4週続落です。持ち株17銘柄中、現値(4/14)が購入価格を下回っているのは1銘柄増えて9銘柄です。トーメンデバイスが沈みました。WS持ち株銘柄の週間値上がり率トップ3は、りそなHD(+0.84%)、古河電気工業(-0.24%)、トーメンデバイス(-0.47%)、ワースト3は、JXTGHD(-7.32%)、オーハシテクニカ(-4.01%)、ASTI(-3.67%)でした。1ドル108.652円、1ユーロ115.313円、1ユーロ1.06120ドル(NY終値)。

 

<統計から読み解く第一人者 西村剛が語る「2017年の投資戦略と注目銘柄」というセミナーに行ってきた>

 おまえ、「これからは、会場セミナーについては厳選して、ビビビッとくるもののみに参加するつもりだ。」って言ってなかったか?と突っこむ人がいるかもしれないが、実のところ、櫻井英明氏やM2Jの名古屋講演の参加を見送り、きょうのこのセミナーを選んだのです。

 小生は、有料メルマガの勧誘が目的のような講演や、無料講演会だから手を抜く連中の講演にはもううんざりなのだ。今回の講演は、日本フィナンシャルセキュリティーズ株式会社の主催で、講演者は一人なので手抜きはできないし、いまの時期にピッタリの演題だ。さらに、昨年10月30日に出席した日本フィナンシャルセキュリティーズ株式会社主催の講演が素晴らしかったのだ。こちら

 結論を先に言うと、西村氏の講演内容には賛成できないこともあるが、とても参考になった。

 西村氏が想定する日経平均株価は上図の通りだ。

(1)日経平均が大幅に下落するシナリオなのに、NYダウは引き続き上昇トレンドを継続する可能性が高いそうだ。日経平均が1万5千円割れてもNYダウが上昇トレンドを維持とは、日経平均はどんな理由で下落するんだろう?

(2)日経平均が大幅に下落するシナリオなのに、7、8月優待銘柄の先回り買い戦略(権利落ち日の2ヶ月前に買って、権利落ち日の前に売る)を勧めるってどうよ。

(3)具体的な銘柄としては、レンゴー(3941)、イデアインターナショナル(3140)、夢の街創造委員会(2484)の3銘柄を挙げていたが、日経平均が1万4500円まで暴落すれば、この3銘柄にこだわる必要なんか全くないと思うよ。

 このように後から考えると、ちぐはぐな講演内容なのだが、日経平均の暴落シナリオと別に聞けば、大変参考になるし、予想も明瞭なのがいい。外れても文句を言うつもりはない。だが、小生としては、4月末から黄金週間ぐらいに底を打って上昇し、7、8月に高値をつけるという石原順さんのシナリオに乗りたい。

 

以上

やるべき時にはやらないといけない

  • 2017.04.14 Friday
  • 17:46

JUGEMテーマ:日記・一般

<持ち株>
 本日、売買ありません。TOPIXは1459.07(-9.24)、WS持ち株指数は1839(-32)でともに4日続落です。持ち株17銘柄中、値上がり7、値下がり10、変わらず0でした。1ドル111.42円、1ユーロ118.86円、1ユーロ1.0666ドル(東京終値)。


 ドル円は200日移動平均線に支えられて、来週以降堅調に推移するという三菱UFJ信託銀行の酒井聡彦さんの解説は、こちら。まあ、今以上の半島情勢の悪化がなければという条件付きでだろうね。日経平均もテクニカル的には今日が底でも不思議はないしね。

 やる時はやっちゃた方が、戻りが早くていいんじゃねと言う大倉キャプテンは、こちら

 土曜日と日曜日に東海地方で開催される主なウォーキング大会は、こちら

日経平均 3日連続で今年の最安値を更新
< 2017年4月14日 16:38 >日テレnews24

 

 14日の東京株式市場で日経平均株価は値を下げ、3日連続で今年の最安値を更新した。終値は前日比91円21銭安の1万8335円63銭。

 アメリカが、アフガニスタンに爆弾を投下したことなどから海外情勢への懸念が一段と高まり、市場ではリスクを回避する動きが強まった。このため外国為替市場は引き続き円高傾向となり、株式市場でも幅広い銘柄に売り注文が出た。
 ただ、14日は、アメリカやイギリス、香港など主要な海外市場がイースターの祝日で休場となるため、海外の市場参加者が少なく、取引は低調だった。
 東証1部の売買代金は概算で2兆247億円、売買高は概算で18億3885万株。

以上

オプション市場からドル円の行方を考える

  • 2017.04.13 Thursday
  • 17:47

JUGEMテーマ:日記・一般

<持ち株>
 本日、売買ありません。TOPIXは1468.31(-11.23)、WS持ち株指数は1871(-51)でともに3日続落です。持ち株17銘柄中、値上がり5、値下がり13、変わらず1でした。1ドル109.02円、1ユーロ116.05円、1ユーロ1.0644ドル(東京終値)。


 オプション市場から考えて、ここ1ヶ月はドル円はまだ下落するんじゃねというIG証券の石川順一さんの解説は、こちら

 ドル円は、地政学的リスクだけでなく、仏大統領選のリスクをみているというソニーフィナンシャルホールディングスの尾河眞樹さんの解説は、こちら。オプション市場については尾河さんも興味深いこと言ってるよ。

日経平均125円安 連日の今年最安値更新
< 2017年4月13日 16:36 >日テレnews24

 

 13日の東京株式市場で日経平均株価は値を下げ、連日で今年の最安値を更新した。終値は12日の終値に比べて125円77銭安い1万8426円84銭。
 トランプ大統領がアメリカ経済紙のインタビューで「ドルは強くなりすぎている」と、ドル安を望んでいるような発言をしたことを受け、円相場は約5か月ぶりに1ドル=108円台まで円高が進んだ。円高により輸出企業の業績が悪化する懸念から日経平均株価は一時250円近く値を下げ、去年12月以来、約4か月ぶりの安値水準となった。午後に入ると円相場がやや円安方向に戻したことに合わせ、株価も徐々に下げ幅を縮めた。
 東証1部の売買代金は概算で2兆2590億円、売買高は概算で19億5868万株。

以上

 

PR

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>

閲覧者

累計お客様数

さわかみのつぶやき

selected entries

categories

archives

recent comment

  • 名鉄の電車沿線ハイキングで、”車の歴史を学ぶトヨタ会館からとよた産業フェスタ”に行って参りました。
    Wさわかみ (09/25)
  • 次回お勧めのウォーキングスポットは、籠守勝手神社
    Wさわかみ (09/16)
  • 日経平均を使って1日3分で副収入を稼ぐ為の株式投資克服セミナーに行ってきた その1
    Wさわかみ (08/01)
  • 名鉄の電車沿線ハイキングで、”未知の体験!!一宮競輪場でバンクウォーキング!!”に行って参りました。
    たなか (05/17)
  • 次回お勧めのウォーキングスポットは、御菓子処 みつ雀 & 尾張ういろ布袋店
    たなか (05/11)
  • 塩野七生さんの本は歴史の教訓がいっぱい
    たなか (05/09)
  • 次回お勧めのウォーキングスポットは、無量寿寺・八橋かきつばた園
    たなか (05/05)
  • さわやかウォーキングで、”藤棚の香りに包まれ、新緑の名古屋城を巡る”に行って参りました。
    たなか (05/01)
  • 冬のさわやかウォーキングで、南宮大社に参拝して参りました。
    たなか (04/24)
  • 次回お勧めのウォーキングスポットは、FXトレーダーの聖地・勝速日神社
    たなか (04/12)

recent trackback

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM