小生はもう十分に分かっているから読む必要がないパヨク必読の書

  • 2017.03.20 Monday
  • 10:46

JUGEMテーマ:日記・一般

<読書日記>
 平成29年10冊目、「日本共産党と中韓 左から右へ大転換してわかったこと」(筆坂 秀世著)を読了しました。この本も、無料メルマガ「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」で書評を読んで、天白図書館にリクエストカードを提出して借りたと記憶していたのですが、その書評を探したのですが見つけることが出来ませんでした。下の動画を見たのかな?忘れてしまいました。

 著者は、高学歴社会の日本共産党において、高卒でNo.4まで登り詰めた筆坂さんです。金持ちを全員殺して、その財産を共産党のものにしたんだけど、結局、人民が豊かになることはなかった。それが、ソ連が20世紀の多くの時間を使って行った社会実験の結果だった。

焦点 警察庁 第269号
第2章 警備情勢の推移
暴力革命の方針を堅持する日本共産党

5 日本共産党の現状
1 宮本議長の引退と「不破・志位体制」の確立

 平成9年9月の第21回党大会で、長期にわたって日本共産党のトップとしての地位に就いてきた宮本顕治議長が議長職から退き、以後、不破哲三委員長が党の最高指導者として、志位和夫書記局長とともに党運営に当たることとなりました(12年11月の第22回党大会で不破委員長が議長に、志位書記局長が委員長に就任)。
 その後、10年7月の参院選では、これまでの得票を大幅に上回る約820万票を得て15議席を獲得しました。そして、次の衆院選で自民党が過半数割れした際には野党暫定政権に参加する用意があることを強調し、同参院選後の首班指名選挙では、約38年振りに第1回投票から他党党首(菅民主党代表)に投票したり、不破委員長が「暫定政権としては、安保条約にかかわる問題は凍結する」などとする日米安保条約凍結発言を行ったりしました。しかし、他の野党は、日本共産党を含めた政権構想には否定的な態度に終始しました。


2 規約、綱領の改定
 その後、日本共産党は、平成12年6月の衆院選、13年7月の参院選で議席を減少させ、さらに、15年11月の衆院選では、改選前議席を半減させ、約36年振りに一けた台となる9議席にとどまりました。
 日本共産党は、12年11月の第22回党大会で、規約前文を全面削除する大幅な規約改定を行い、「労働者階級の前衛政党」、「人民の民主主義革命を遂行」、「社会主義革命をへて日本に社会主義社会を建設」等の革命を連想させるような表現を削除しました。しかし、「科学的社会主義を理論的な基礎とする」との党の性格や「民主集中制を組織の原則とする」との組織原則は、「党の基本にかんする、規約として欠くわけにはゆかない部分」として条文化しました。
 引き続き、16年1月の第23回党大会で、昭和36年7月の第8回党大会で採択して以来5回目となる綱領改定を行いました。
 改定の結果、マルクス・レーニン主義特有の用語や国民が警戒心を抱きそうな表現を削除、変更するなど、「革命」色を薄めソフトイメージを強調したものとなりました。しかし、二段階革命論、統一戦線戦術といった現綱領の基本路線に変更はなく、不破議長も、改定案提案時、「綱領の基本路線は、42年間の政治的実践によって試されずみ」として、路線の正しさを強調しました。
 このことは、現綱領が討議され採択された第7回党大会から第8回党大会までの間に、党中央を代表して報告された「敵の出方」論に立つ同党の革命方針に変更がないことを示すものであり、警察としては、引き続き日本共産党の動向に重大な関心を払っています。

目次

 

続きを読む >>

反日パヨクメディアを叩き潰せ!

  • 2017.03.18 Saturday
  • 07:00

JUGEMテーマ:日記・一般

<読書日記>
 平成29年9冊目、「第45代アメリカ大統領誕生 トランプ! 世界が変わる日本が動く」(渡邉 哲也著)を読了しました。この本は、無料メルマガ「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」平成28年(2016)12月9日(金曜日)通算第5126号で書評(続きを参照)を読んで、天白図書館にリクエストカードを提出して借りました。

 トランプ大統領によりCNN・New York Times・Wasington Postなどの親民主党パヨクメディアがたたかれておりますが、日本人は、反日親中親パヨクのNew York Times・朝日新聞・Japan Times悪の枢軸メディアの実態を知り弱体化を図らないといけません。

目次

 

続きを読む >>

悪の帝国が滅びて26年

  • 2017.03.12 Sunday
  • 07:27
評価:
宮崎 正弘
ビジネス社
¥ 1,728
(2016-12-07)
Amazonランキング: 187563位

JUGEMテーマ:日記・一般

<読書日記>
 平成29年8冊目、「日本が全体主義に陥る日 旧ソ連邦・衛星国30ヵ国の真実」(宮崎 正弘著)を読了しました。この本の著者は、無料メルマガ「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」の発行人だ。新刊が出ると知って、発売日以降に天白図書館にリクエストカードを提出して借りました。

 ソ連邦解体25周年の昨年出版されました。下の動画の31:23〜に、本書の解説をしています。

 小生の初めての海外旅行先がソ連でした。長く書く気力がないので感想だけ。大学生の時の2週間程度の短い観光旅行で、政治・経済・歴史もよく勉強していなかったんだけど、自由がないって感じ?息苦しそうな感じ?がしましたね。国がなくなってしまうとは思わなかったけど。

目次

 

続きを読む >>

ケント・ギルバート氏を覚醒させた朝日新聞

  • 2017.03.04 Saturday
  • 07:28
評価:
ケント・ギルバート
ベストセラーズ
¥ 1,512
(2016-12-16)
Amazonランキング: 3811位

JUGEMテーマ:日記・一般

<読書日記>
 平成29年7冊目、「米国人弁護士が「断罪」 東京裁判という茶番」(ケント・ギルバート著)を読了しました。この本も、無料メルマガ「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」で下に記した書評を読んで、天白図書館にリクエストカードを提出して借りました。

 40代以上の人なら著者のことは知っているんじゃないかな。帰化朝鮮人の巨泉さんがやっていたテレビのクイズ番組などに出演していたからね。あのころは、ケントにデリカットにチャックと急に日本語を話す外国人がテレビに出演しだしたね。

書評 しょひょう BOOKREVIEW 書評 しょひょう BOOKREVIEW
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

日本に四十年も住みながら数年前まで靖国神社へ入ったことはなかった
東京裁判がインチキと認識するに至った契機は朝日新聞の誤報事件だった


ケント・ギルバート『米国人弁護士が「断罪」、東京裁判という茶番』(KKベストセラーズ)
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

 おなじみケントさんの最新刊である。
 この本では巻末に加瀬英明氏原案の漫画が、本書を解説するように配されていて多角的である。そのうえ解説を評論家の植田剛彦氏が書いている。
 植田氏は朝鮮問題に詳しい評論家だが、ケント氏の親友でもあり、いつぞやはユタ州へ飛んで、北朝鮮に拉致されたアメリカ人青年の家族を訪問し、直撃インタビューをしたことがある。ユタ州はモルモン教徒の本場である。モルモン教徒のケントさんが助っ人をしてくれたという。
 さて、ケントさんの所論はA級戦犯などいないし、東京裁判などという事後法で日本人指導者を裁くこと自体が国際法に照らしてもあやしいと断定していることである。
 マッカーサー自身が、のちの米国議会証言で日本は自衛のために戦ったのだと総括している。
 題名からして中味の想像がつくだろうから、ここでは内容の話は割愛する。

 それよりケントさんの独白がじつに面白いのである。
 かれは四十年も日本にいながら、つい最近までA級戦犯は悪い奴、平和憲法は良い憲法であると信じて疑わなかったのだ。理由はまわりの日本人がだれも指摘しなかったから、これまで考える機会もなかったと率直に語っている。
 「ほんの数年前まで、「東京裁判」について詳しく調べたり、深く考えたことなど一度もなかった。『侵略戦争』という犯罪行為を行って日本の指導者を、連合国側が裁判にかけて、とくに罪が重い『A級戦犯』である七人が死刑になったという、『お仕着せの認識』しか持っていなかった」(中略)
 靖国通りはかぞえきれないほど通ったが、「靖国神社の境内に足を踏み入れたのは、2015年五月がはじめてだった」
「自分はなんと無知だったのかと恥ずかしくなる」と告白する。
 ケントさんが、歴史観を一変させた出来事は朝日新聞が過去の誤報を認めたことだった。
 「自分がこれまで常識と考えてきた情報を、すべて疑ってみて、謙虚な気持で一から調べ直してみる必要性を強く感じた」。それが本書の執筆動機となった。

 わたしたちはかけがえのないアメリカの友人を得た。

目次

 

続きを読む >>

世界史5000年の通史を読む

  • 2017.02.25 Saturday
  • 07:17

JUGEMテーマ:日記・一般

<読書日記>
 平成29年6冊目、「「全世界史」講義 II近世・近現代編:教養に効く! 人類5000年史」(出口 治明著)を読了しました。この本の前著「「全世界史」講義 I古代・中世編: 教養に効く!人類5000年史」は既に読んでおりまして、偶然、本著を天白図書館で見つけてた時は即借りたのでした。

 著者は年齢的に自虐史観、小生がいうところのGHQ史観の影響を強く受けた世代であり、その影響が見受けられる箇所があるのは残念ですが、時代的に致し方ないのでしょうか。

 世界史5000年の通史は、蛸壺歴史学者には絶対に書けない。歴史の専門家でない著者の挑戦には拍手を送りたい。

目次

 

続きを読む >>

アジビラ朝日新聞、死ね!!

  • 2017.02.18 Saturday
  • 09:14
評価:
長谷川熙・永栄潔
ワック
¥ 994
(2016-12-19)
Amazonランキング: 34162位

JUGEMテーマ:日記・一般

<読書日記>
 平成29年5冊目、「こんな朝日新聞に誰がした? 」(長谷川熙、永栄潔著)を読了しました。この本は、無料メルマガ「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」で下に記す書評を読んで、天白図書館にリクエストカードを提出して借りました。

日本の知性を台無しにしたアジビラ新聞(朝日)
なぜ、このようは偽善体質の紙面に継続しているのか?


長谷川煕 v 永栄潔『こんな朝日新聞に誰がした?』(ワック)
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

 先週も下関でビジネスホテルに泊まったが、フロントに積んである「無料」の新聞は『朝日新聞』だった。松山で、鹿児島で、熊本でもそうだった。

 国内線では新聞が配給されなくなったが、日経の国際線で乗客が要求するのは日経か、スポーツ新聞である。

 そうか、誰もが朝日を購読するのをやめたらしい。押紙(おしがみ)の結果、販売店が一部でも読者を増やそうと逞しい努力をして、ビジネスホテルに積み上げても、宿泊客がそれで朝日を読み始めるという効果には結びついておらず、実売部数は劇的に減り続けている。

 現場の悲鳴が本社のデスクには届かず、あいかわらず『平和ぼけ』「左翼リベラル」の呆け記事を書いている。頭と足の乖離!

もっとも評者(宮崎)とて、大学時代は三年間、朝日を配り奨学金を受けた口だが、朝日を読まなくなって半世紀近く、時折読むとかっとなることがある。

 この本の著者ふたりに関しては紹介の必要がなりだろう。ともに朝日の記者を経て朝日を弾劾するかのような鋭角的批判を展開され、朝日嫌いの読者ばかりか、ジャーナリズム全般に深甚な影響を与えた。

 朝日新聞の記者のみならず、おそらくは全メディアに、静かに浸透している。口には出さないが猛省が起きているようである。

にも関わらず吉田証言事件以後も、朝日は「アジビラ」なのである。この体質こそ、問題である。

 ふたりが哄笑する場面がある。朝日批判の著作をだした途端、年賀状がこなくなった社友、OB、元同僚がたくさんいるというのだ。

以下、本書の内容は見出しで一目瞭然である。

朝日は『マルクス主義結社だ』
朝日は『日本のプラウダ』だった
朝日に『左翼』でない記者はいるのか
朝日は『歴史に学ばない』
朝日は『虚報』『誤報』を繰り返す
朝日は『GHQチルドレンだ』
朝日は「戦後民主主義の優等生」か?

等々。たいへん愉快には読んだものの、読後感はなんだか虚しい。

 両名とも朝日の元記者で、内部告発でもしてるつもりなのだろうが、書いてあることは、小生のような反朝日の外部の人間ならみな知っていることばかりだ。ほとんどの朝日の記者はパヨクで、読者をだまし洗脳しようと思って記事を書いている工作員なのだ。社会主義諸国で起きた悲惨な現実を見てもパヨクがやめられず、若いころにオルグされた左翼思想から抜け出せないでいる連中だ。

目次

 

続きを読む >>

歴史を研究するって、ある意味大変

  • 2017.02.11 Saturday
  • 14:41
評価:
磯田 道史
文藝春秋
¥ 572
(2013-11-08)
Amazonランキング: 1350位

JUGEMテーマ:日記・一般

<読書日記>
 平成29年4冊目、「江戸の備忘録」(磯田 道史著)を読了しました。この本は、偶然、天白図書館の歴史の棚で見つけて借りた。小生が読んだのは文庫本ではなく、単行本だ。
 理科系の研究者は比較的、業績が客観的に評価されるけど、歴史学会では自分の親分の学会での地位と親分への忠誠心で自分の評価が決まる理不尽な世界だ。だから、理科系のように師匠を越える者を外部から招へいし後任にすることがなく、師匠の劣化コピーが代々後を継ぐことになる。そんな学会の状況を磯田さんにどう思っているのか聞いてみたい気がする。


目次

 

続きを読む >>

トランプ革命に日本はどう対応すべきか

  • 2017.02.04 Saturday
  • 08:33

JUGEMテーマ:日記・一般

<読書日記>
 平成29年3冊目、「トランプ革命で復活するアメリカ 日本はどう対応すべきか」(藤井 厳喜著)を読了しました。この本をどこで知ったかは忘れてしまったが、天白図書館にリクエストカードを提出して借りました。著者はトランプ氏の大統領当選を見事に当てた藤井さんです。

 それにしてもトランプって、事実をどこまで把握して発言しているのかよく分からないですね。政権内に元軍人を多く配置しているので、日米の同盟関係がおかしくなることはないと思うし、トランプの敵はパヨクの隠れ蓑になってるグローバリズムであることは間違いないだろう。

 それにしても、トランプのドル高牽制発言で、短期的なドル円や日経平均株価の行方が不透明なのは困ったものだね。

目次

 

続きを読む >>

消費増税よりもタックスヘイブン狩りが必要じゃね?

  • 2017.01.28 Saturday
  • 22:10

JUGEMテーマ:日記・一般

<読書日記>
 平成29年2冊目、「パナマ文書 :「タックスヘイブン狩り」の衝撃が世界と日本を襲う」(渡邉 哲也著)を読了しました。この本は、たまたま天白図書館で見つけて借りたと記憶しています。

 裏経済を表に出して、課税することが肝要だ。消費税数%の値上げ相当分が課税漏れしているのだ。金持ちは悪ではないが、脱税者は悪だ。日本は経済犯罪者に甘すぎる。もっと刑務所にぶち込んでほしいものだ。


目次

 

続きを読む >>

シナ(・チョウ)の民族性を知れ

  • 2017.01.22 Sunday
  • 08:57

JUGEMテーマ:日記・一般

<読書日記>
 平成29年1冊目、「大隈重信、中国人を大いに論ず 現代語訳『日支民族性論』」( 大隈重信著, 倉山 満監修)を読了しました。この本も、チャンネルくららで知って、天白図書館にリクエストカードを提出して借りました。

 世の中、福沢諭吉の本って結構読まれているのだが、大隈重信の本ってほとんど読まれていないのではないだろうか?そんなわけで小生も読んでみた。シナ人の特性を正確に見抜いている。シナ人の特性は100年ぐらいでは変わらないのだということがよく分る。いや、史記の時代から変わっていない。”友愛”なんて言っていたら、生き残れない過酷な世界をずっとシナ人は生きてきたのだからしょうがないのだ。

目次

 

続きを読む >>

PR

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>

閲覧者

累計お客様数

さわかみのつぶやき

selected entries

categories

archives

recent comment

  • 名鉄の電車沿線ハイキングで、”車の歴史を学ぶトヨタ会館からとよた産業フェスタ”に行って参りました。
    Wさわかみ (09/25)
  • 次回お勧めのウォーキングスポットは、籠守勝手神社
    Wさわかみ (09/16)
  • 日経平均を使って1日3分で副収入を稼ぐ為の株式投資克服セミナーに行ってきた その1
    Wさわかみ (08/01)
  • 名鉄の電車沿線ハイキングで、”未知の体験!!一宮競輪場でバンクウォーキング!!”に行って参りました。
    たなか (05/17)
  • 次回お勧めのウォーキングスポットは、御菓子処 みつ雀 & 尾張ういろ布袋店
    たなか (05/11)
  • 塩野七生さんの本は歴史の教訓がいっぱい
    たなか (05/09)
  • 次回お勧めのウォーキングスポットは、無量寿寺・八橋かきつばた園
    たなか (05/05)
  • さわやかウォーキングで、”藤棚の香りに包まれ、新緑の名古屋城を巡る”に行って参りました。
    たなか (05/01)
  • 冬のさわやかウォーキングで、南宮大社に参拝して参りました。
    たなか (04/24)
  • 次回お勧めのウォーキングスポットは、FXトレーダーの聖地・勝速日神社
    たなか (04/12)

recent trackback

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM