松屋フーズ(9887)の売買収支

  • 2015.11.29 Sunday
  • 07:16
JUGEMテーマ:日記・一般
<松屋フーズ(9887)の売買収支>
【買い】
 2000/08/18  1901円/株×1000株
       1000株の内、900株は2014/09/26に2136円で売却済。
 
【売り】
 2015/11/24  2750円/株× 100株=275000円

【収支】
 275000円-190100円=+84900円

 株主優待のために100株は売らずに残しておいたのですが、お食事券10枚、約6500円相当のために売らずにおく合理的な理由が見いだせなかったので売却しました。11/27の終値が2751円。会社予想の連結PERが65.59倍でなぜ、こんなに買われるの?だれか教えって!



以上

セブン&アイ・ホールディングス(3382)の売買収支

  • 2015.08.01 Saturday
  • 11:25
JUGEMテーマ:日記・一般
<セブン&アイ・ホールディングス(3382)の売買収支>
【買い】
 2004/07/13  3390円/株×1000株=3390000円
 
【売り】
 2015/07/29  5711円/株×1000株=5711000円

【収支】
 5711000円-3390000円=+2321000円

 小生は、セブン&アイ・ホールディングス株を買ったわけではない。セブン-イレブン・ジャパン株を買ったのだ。 セブン&アイ・ホールディングスは、セブン-イレブン・ジャパン、イトーヨーカ堂、デニーズジャパン3社の共同株式移転の方式により、2005年9月1日に設立された。 セブン-イレブン・ジャパンの将来性に賭けて株を買ったのに、イトーヨーカ堂とデニーズジャパンというお荷物を背負わされたって感じだ。
 当時はセブンが愛知県に出店し始めた頃?で、セブンの日販が他のコンビニのそれより10万円以上も多いってことは聞いて知っていた。セブンで一番驚いたことは、釣り銭の渡し方だ。手と手が接触し、確実に渡してくれる。どこかのコンビニのように、手と手が接触しないように釣り銭を手の上にパラパラと落とすようなところはしない。
 これが決め手になって、セブン-イレブン・ジャパン株を買った。2006年1月の5000円台で売っておかなかったばかりに、長期の低迷期を耐えることになってしまった。
 これからも、業績は伸びることが期待できるが、今後、保有銘柄をしっかり管理するため銘柄数を削減、売ることにしました。

以上

ADEKA(4401)の売買収支

  • 2015.04.25 Saturday
  • 11:56
JUGEMテーマ:日記・一般
<ADEKA(4401)の売買収支>
【買い】
 1990/07/30  1060円/株×1000株=1060000円
 
【売り】
 2015/04/24  1655円/株×1000株=1655000円

【収支】
 1655000円-1060000円=+595000円

 この株を買った事情はほとんど記憶がない。1990年2月に当時、上場来高値1460円をつけた。もうそろそろいいかなと思って買ったんだろうということは、容易に想像がつく。結果的に、落っこちてくるナイフを素手でつかんで大怪我だ。その一週間後に950円でナンピン買いするというおまけ付きだ。950円で買った方は翌年1100円で処分した。
 でもまだ、この株はいい方だ。2004年には買値を上回り、ライブドア・ショックの翌月、2006年2月に2230円をつけ、上場来高値を更新しているのだ。大して、配当利回りも特に高いわけでもないのに、何故、この辺で売らなかったんだろう。2008年のリーマン・ショック時には、再び、株価は買値の半値以下に叩き落とされるのに・・・・。
 そして、異次元緩和だ。もう黒田さんと安倍さんには足を向けて眠れないのだ。金曜の相場を振り返ると、まだ上昇余地はあるような気がするがどこまで行くのだろう。死んだ子の年を数えるような真似はしたくないが・・・・・。一旦下がって、年末にかけて年初来高値更新かな。


以上

松屋フーズ(9887)の売買収支

  • 2014.09.28 Sunday
  • 00:05
JUGEMテーマ:日記・一般
<松屋フーズ(9887)の売買収支>
【買い】
 2000/08/18  1901円/株×1000株=1901000円
       1000株の内、今回は900株(1710900円)を売却
 
【売り】
 2014/09/26  2136円/株× 900株=1922400円

【収支】
 1922400円-1710900円=+211500円

 2000年(恐らく)、出張で東京に行った際に新宿駅の近くで昼食を食べたのが松屋だったんです。当時、松屋はまだ全国展開していなくて、小生は松屋を知らなかった。だから、ファーストフード店で焼き肉定食が食べることができるのに驚いたし、定食についてきた山盛りの野菜サラダも新鮮だったのです。
 小生、帰宅して、早速、松屋フーズの株価研究をしました。株価は前年に6408円という最高値をつけた後、つるべ落とし中でした。ブログ紀元前のことで、鮮明な記憶はないのですが、底値で拾ってやろうと考えていたのだと思います。結局、落っこちてくるナイフを2000年の8月に1901円で掴んだのですが、底は3か月後の2000年11月の1351円でした。戻り高値は翌年2001年5月で2870円でした。ここら当たりで売っておけば良かったのですが、優待が惜しかったのと、まだ半値戻しも達成していない水準だったため、売れなかったのだと思います。ただ、全国展開していない当時、松屋の優待券をどう利用したのか全く記憶がありません。優待券10枚とお米4kgを交換することができたのですが、交換したという記憶もありません。
 結局、購入後の最安値はリーマンショック後2008年10月の974円です。その後、今年まで買値を上回ることはありませんでした。今年になって、買値を上回ったこと、株主優待の内容は100株でも1000株でも変わらないことから、100株を残して売却したのです。
 四季報による15年3月の予想EPSは48.3円。PER20倍まで買われたとしても966円なわけで、日経平均採用銘柄のPERが15、16倍の時に、成長株でもない松屋フーズ株がPER40倍を越えるのは全く理解できないのです。業績以外に、需給の面で何か正当化できる材料があるのかも知れませんが。
 配当は24円/株で買値1901円に対する利回りは1.26%であり、全く魅力的ではないです。ちなみに、株主優待のお食事券は6500円/100株ぐらいに相当します。購入した当時は半期で10枚の優待券がもらえたのが、いつからか年間10枚に変更されてしまいました。小生は手間を省くという観点からこの変更には賛成ですが。
 まあ、そんなこんなで、株価が買値を上回っているうちに、今度こそ売ることにしたわけです。外食産業は栄枯盛衰が激しいから、長く持ちすぎてはいけません。


以上

Simple-X NYダウ・ジョーンズ上場投信(1679)の売買収支2

  • 2014.09.09 Tuesday
  • 06:43
JUGEMテーマ:日記・一般
<Simple-X NYダウ・ジョーンズ上場投信(1679)の売買収支2>
【買い】
 2014/03/14  15200円/株×100株=1520000円
         ※40株分 608000円
                                   
【売り】
 2014/05/01  15550円/株× 40株=622000円
 2014/05/02  15660円/株× 20株=313200円
 2014/09/02  15390円/株× 40株=615600円
                             合計 1550800円

【収支】
 今回40株分 615600円-608000円=+7600円
 全体100株分 1550800円-1520000円=+30800円

以上

(NEXT FUNDS)ダウ・ジョーンズ工業株30種(1546)の売買収支

  • 2014.07.11 Friday
  • 21:07
JUGEMテーマ:日記・一般
<(NEXT FUNDS)ダウ・ジョーンズ工業株30種(1546)の売買収支>
【買い】
 2014/02/06  15320円/株×10株=153200円
 
【売り】
 2014/07/10  17170円/株×10株=171700円

【収支】
 171700円-153200円=+18500円

 この銘柄は、小生が初めて買った株価指数ETFです。中長期投資家としては、配当が欲しいので個別株ばかりに投資していたのですが、毎朝、モーサテでNY株のニュースをみていると、NYダウは絶対割安だよねと思えたので買いました。2月って、日本株は落っこちてくるナイフ状態で手を出す気になれなかったけど、NYダウはもうそろそろ調整終了って感じでした。しかし、2月6日時点では、2月第一週の週足が長い下ヒゲを付けるとは予測できないわけで、よくこのタイミングで買ったなあと感心するのであります。
 この銘柄の1日の出来高は、通常は5000株以下で、1000株を切ることも珍しくない。だから、株価に影響を与えずに数百株単位の売買をするのは無理なのです。だから、10株しか買わなかったんです。このような流動性がない銘柄は、たとえピークを予測できても、ピークでは売れないので、早めに利益を確定したのです。東証は、ひとつの株価指数に対し2つも3つもETFを扱ってはダメ。でないと、みんな株価指数CFDに移っちゃうぞ。

以上

Simple-X NYダウ・ジョーンズ上場投信(1679)の売買収支

  • 2014.05.04 Sunday
  • 11:59
JUGEMテーマ:日記・一般
<Simple-X NYダウ・ジョーンズ上場投信(1679)の売買収支>
【買い】
 2014/03/14  15200円/株×100株=1520000円
    100株の内、今回は60株(912000円)を売却  
                     
【売り】
 2014/05/01  15550円/株× 40株=622000円
 2014/05/02  15660円/株× 20株=313200円
                                    合計 935200円

【収支】
 935200円-912000円=+23200円

 米国株は最高値圏にあり一部の投資家は高所恐怖症気味でありますが、小生、今年は米国景気が良くなると考えており、米国株にも強気であります。まあ、堀古英司さんの影響でありますが。米国の個別株は全く研究していないので、株価指数ETFを買うことにしたわけです。NASDAQではなく、NYダウにしたのは、成長株よりもバリュー株が好きだという個人的な好みのためです。
 買いを入れた3月14日というのは総悲観状態だったと記憶しております。チャートでもなかなか良い所で買ったことが分かります。初夏で一旦売って、秋に買い直すというシナリオを考えて、今回の売却を実行しました。まだ、上値余地はあるとは思うのですが、出来高が恐ろしく少ないので、ほどほどのところで売却した次第です。残りも黄金週間明けに売却するつもりです。
 小生、株価指数ETFを取引したのは今年がはじめてで、慣らし運転のつもりでやっています。次にNYダウ指数を取引するときは、金額を1桁増やすので、取引量の少ないETFではなく、CFDにするつもりです。

以上

秀英予備校(4678)の売買収支

  • 2013.12.31 Tuesday
  • 17:37
JUGEMテーマ:日記・一般
<秀英予備校(4678)の売買収支>
【買い】
 2006/05/15  2500円/株×500株=1250000円
 2006/11/30  1594円/株×300株= 478200円
                                    合計 1728200円
 
【売り】
 2013/12/30  332円/株×800株= 265600円

【収支】
 1728200円-265600円=-1452600円

 この株は、今年と来年の税金対策のために処分しました。持ち株のなかから、配当利回りが低く、将来値上がりが期待できないという基準で選びました。
 この株を買ったことは完全な失敗でした。落ちてくるナイフを素手でつかむんだようなものです。しかも2回も。1回でやめておくべきで、やってはいけないナンピンの失敗例でもあります。
 少子化での状況では長期的には予備校株は期待できないと思っていたので、短期売買しようと思ったのですが、自分の投資スタイルと異なることをやってしまいました。バブル崩壊で地獄を見た小生は、配当利回り、PBRを重視しした中・長期投資を基本にしていたのですが、この株を買った時期はWS持ち株指数が1000を越えおり、浮かれて我慢できずに買ってしまいました。今は、FXをやっているので、株の時期でないと思えばFXをやればいいのですが、当時は株式投資しかやっていなかったのです。この経験は来年の株式投資の教訓としなければ。

                                                                                                            以上

古河スカイ(5741)の売買収支

  • 2013.05.04 Saturday
  • 10:42
JUGEMテーマ:日記・一般
<古河スカイ(5741)の売買収支>
【買い】
 2006/12/05  515円/株× 1000株=  515000円
 2007/09/29  370円/株× 3000株=1110000円
 2008/10/22  169円/株×10000株=1690000円
                                    合計   3315000円
 
【売り】
 2013/05/01  301円/株×14000株=4214000円

【収支】
 421400円-3315000円=899000円


 この株は、PBRが大きく1倍を割り込んだときに、2回目のナンピン買いをしたと記憶しています。今回、PBRが1倍前後に達したので、売ることにしました。住友軽金属の吸収合併の効果が出るまで待っていたら、この株ブームも終わってしまうかも分からないからね。
 購入後の高値は657円(07年05月)、安値は110円(09年03月)です。リーマン・ショック(08年09月15日)の半年後に最安値(上場来)を付けています。そこらあたりで、3回目のナンピンをする度胸はなく、長期で保有することになってしまいました。

                                                          以上

バンドー化学(5195)の売買収支

  • 2009.12.30 Wednesday
  • 10:07
JUGEMテーマ:日記・一般
<バンドー化学(5195)の売買収支>
【買い】
 1989/12/20  1160円/株×1000株=1160000円
 
【売り】
 2009/12/29   274円/株×1000株=274000円

【収支】
 274000円-1160000円=-886000円


 購入したその日が、高値1160円(89年12月20日)でして、それ以後、昨日まで現値が買値を上回ることはありませんでした。戻り高値は、2007年7月5日の835円で、購入後の最安値は193円(09年3月10日)です。
 今年は日産車体株で譲渡益が出たものですから、今後あまり上昇の期待できない株を損切りしようと思い、バブルの遺産のようなバンドー化学を売りました。でも、この株、PBR1倍割っているし、今売るのは少し惜しいと思います。
 昨夜、今年の譲渡損益を昨年度の損失の持ち越し分や売買手数料などを考慮して計算した結果、バンドー化学株を売る代わりに、松屋フーズ株を100株単位で損切りして丁度、譲渡益が出ないように売っといたら良かったなと少し後悔しています。松屋フーズは、100株でも1000株でも株主優待は同じやからね。1000株も持つインセンティブがないのです。



                                                          以上

PR

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>

閲覧者

累計お客様数

さわかみのつぶやき

selected entries

categories

archives

recent comment

  • 日本株の反発は近い??!
    Wさわかみ (07/06)
  • 相場雑感 平成30年6月16日 メジャーSQ翌週の日経平均は上昇したが・・・
    Wさわかみ (06/17)
  • 誤った歴史は修正されなければならない
    zzz (11/28)
  • 電通社員過労死 GHQが作った影の戦後史とは?
    zzz (07/14)
  • 次回、お勧めのウォーキングスポットは、極楽
    Wさわかみ (05/28)
  • 名鉄の電車沿線ハイキングで、”車の歴史を学ぶトヨタ会館からとよた産業フェスタ”に行って参りました。
    Wさわかみ (09/25)
  • 次回お勧めのウォーキングスポットは、籠守勝手神社
    Wさわかみ (09/16)
  • 日経平均を使って1日3分で副収入を稼ぐ為の株式投資克服セミナーに行ってきた その1
    Wさわかみ (08/01)
  • 名鉄の電車沿線ハイキングで、”未知の体験!!一宮競輪場でバンクウォーキング!!”に行って参りました。
    たなか (05/17)
  • 次回お勧めのウォーキングスポットは、御菓子処 みつ雀 & 尾張ういろ布袋店
    たなか (05/11)

recent trackback

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM